テープ

サイバー攻撃から大切なデータを守るストレージ製品とは

近年、サイバーセキュリティーへの対応が急務であるとして対策の策定や検討をしている企業が多くなっています。特に、ランサムウェアによる脅威は無視できないものになっており、2020年度版のIBM X-Force脅威インテリジェ […]

さらに読む

テープ・ストレージの技術革新における第9の波

「ストレージに要する費用」と「データの保護」は、ストレージにおける2つの重要課題です(*1)。そして、テープを用いるストレージ・ソリューションとテクノロジーは、これらの重要課題への対応をサポートします。つまり、テープ・ス […]

さらに読む

IBM Z および LinuxONE 向けの IBM Storage によるイノベーションとシナジー

2019年9月にIBMが発表した IBM z15 は、ハイブリッド・マルチクラウド環境全体にわたって顧客データのプライバシーを管理し、1フレームから4フレームまで拡大できる強力なエンタープライズ機能を提供するように設計さ […]

さらに読む

グローバル・リーダーが採用するAI基盤(Think 2019 より)

(2019年4月2日更新) IBM最大で唯一のグローバル・イベントThink 2019が、会場をラスベガスからサンフランシスコへと移し、2月11日から2月15日にかけて開催されました。冬のサンフランシスコは雨が多く、市内 […]

さらに読む

ハードディスクが正解か? データ保管コストの削減の技

この画像に写っているカートリッジの寸法は、幅と高さが10cm程度、厚さが2cm程度です。そして、このカートリッジ1つで、12TBのデータが保管できます。データを圧縮して保管する場合には、30TBのデータが保管できます。皆 […]

さらに読む

次世代テープ標準規格に準拠した新しいIBM LTO-8 テープ・ドライブ

企業リーダーが自らの管理範囲にあるデータの扱い方は、その企業の指針と同義になりつつあります。重要なビジネスデータには、通常、顧客やパートナーに関する情報、従業員に関する個人情報などが含まれます。今では、情報の処理/分析/ […]

さらに読む

100倍のデータ量に対応するための新たな視点

アーカイブ・ファーストの考え方 階層ストレージ管理は従来のストレージ管理の基本的な構成アプローチです。階層ストレージ管理では最上階層がデータの唯一の出入り口で、予め設定されたポリシーに従ってデータを下層へ移動させていきま […]

さらに読む

これからの映像データは100倍に増加する?!

データは増加し続ける? 改めて、家の中のストレージを探してみると、意外に沢山あることに気が付きます。PCのハードディスクやSSDを筆頭に、テレビに接続されるUSB HDD、その横のDVDレコーダー(HDD内蔵)、タブレッ […]

さらに読む