IBM Storage

次世代映像制作を適材適所で支えるIBMストレージ

記事をシェアする:

テクノロジーの進化とともに、映像制作の現場が変化し始めています。そして、クラウドとAIを使えば、収録した映像素材の到着を待たずに制作を始められるのです。しかも、一部の作業を自動化しながら。

まずは、このビデオで、IBMのクラウドとAIによって、どのように映像制作現場が変わるのかをご覧ください。

このビデオは、2017年11月に開催されたInterBEE 2017(国際放送機器展)の、IBMブースで実施していたデモをベースに制作されたものです。

InterBEE 2017の特筆するべき点の1つは、映像制作/編集へのAIの活用が紹介されたことだったと言えます。例えば、マイクロソフト・ブースではAzureのAI技術の1つであるSpeech to Text機能による音声からの文字起こしのデモが紹介されていましたし、アマゾン ウェブサービスジャパン・ブースではAmazon Rekognitionを活用した画像認識、画像分析とタグ付けのデモが紹介されていました。

もちろん、IBMは、IBM Cloudで利用できるAI - IBM Watsonの活用をInterBEE 2017で訴求したわけですが、映像の制作や編集を効率的に行う際に役立つストレージ・ソリューションとの連携が、展示とデモの特長でもありました。

恒常的に、より良いコンテンツをより早く制作するには、プランナーやディレクターがいち早く映像を確認できると共に、作業そのものを支援する仕組みが必要です。ただ、4K、8Kといった高解像度の撮影データは大容量となるため、インターネットを経由してプランナーやディレクターに送ることは困難です。時間をかけてクラウド・ストレージに高解像度の撮影データのアップロードを行えたとしても、インターネットを経由したスムーズな再生は困難でしょうし、ダウンロードをする場合も多くの時間が必要となります。

ただ、低解像度のストリーミングデータであれば、クラウド・ストレージへのアップロードは負荷がかからずに行えますし、どこからでもアクセスが可能です。つまり、プランナーやディレクターは、ロケ現場から高解像度の撮影データが届けられるのを待つことなく、クラウド・ストレージの映像を用いて制作が開始できるのです。ここで役立つのがIBMのクラウド・ストレージであるIBM Cloud Object Storageです。

クラウド・ストレージ

IBM Cloud Objct Storageは、非構造化データを、セキュアにコスト効率良く管理する際に役立つクラウド・ストレージです。

IBM Cloud Object Storageの操作は直感的であり、単一画面によるストレージ管理を実現しているため、効率性を向上できます。

そして、IBM Cloudが提供するAIサービスであるIBM WatsonのAPIを活用することで、アップロードした映像に対する画像分析や音声分析が行えます。

その結果、一つ一つの映像クリップのタグ情報(オリジナルの4K、8K動画のタイムコードも記録されている)が拡充されるため、必要な映像シーンを効率的に探し出す事が可能となり、クラウド上での編集作業結果としてのEDL(Edit Decision List: 編集用データ・リスト)を短時間で作成する事が可能となります。

そして、高解像度の撮影データを用いた編集作業の際には、このEDLに基づいて「必要な箇所の映像データだけ」をオンプレミスのストレージから編集環境にインポートできるため、ポスト・プロダクション作業の効率化と、作業時間の短縮が可能となります。

まさに、IBM Cloudが提供するクラウド・ストレージ(IBM Cloud Object Storage)は、AI(IBM Watson)の活用とともに映像の制作の局面に寄与できるのです。

フラッシュ・ストレージとテープ・ストレージ

もちろん、4K、8Kといった高解像度の撮影データを用いた編集作業には、高速なストレージが不可欠です。ここで役立つのがフラッシュ・ストレージです。

IBMは、FlashCoreテクノロジーを採用して、最大実効容量 220TB、最大処理性能 110万IOPS、レイテンシー 95マイクロ秒を実現するIBM FlashSystem 900を筆頭に、用途ごとに選択が可能な複数のフラッシュ・ストレージを提供しています。

そして、高解像度であるがゆえに、ファイルサイズが大きい映像データの保管には、大容量のテープ・ストーレジが貢献します。例えば、IBM TS4500というテープ・ライブラリーは、単一フレーム・ライブラリーで最大8.25ペタバイトの非圧縮データを保管できます。

映像コンテンツ制作に携わる皆様へ

4K、8Kといった高解像度映像を用いた映像コンテンツにおいて、効率的なコンテンツ制作はIBM Cloudが提供するIBM Cloud Object StorageがIBM Watsonとともに支えます。

そして、映像編集は高速フラッシュ・ストレージ、再利用を見据えた撮影データや映像コンテンツの長期保管(アーカイブ)は大容量テープ・ストレージが支えます。お客様導入事例が紹介されているページも、ぜひ、ご覧ください。


More IBM Storage stories

ミッション・クリティカルなハイブリッド・クラウド向けIBM最強ストレージ

クラウド・コンピューティングとメインフレームは情報システムに最も大きな影響を及ぼした2つのテクノロジーであり、 […]

さらに読む

AI とビッグデータ、データ保護を加速するIBMストレージのイノベーションを発表

2019年7月10日、 IBM はAI とビッグデータ活用、データ保護の強化、ハイブリッド/マルチ・クラウド環 […]

さらに読む

フラッシュとソフトウェアの広範囲にわたる革新

IBMは大きな影響力と研究開発力を持つ企業の1つであり、IBMのストレージ製品とストレージ・ソフトウェア製品は […]

さらに読む