名画で学ぶストレージ

週末の会社着信…障害発生だ!!

記事をシェアする:

休日に呼び出されてトラブル対応した情シス部
「次の障害まで、つかの間の休みね……」
情シス部のストレージあるある悩みを、名画に絡めて解説する【名画で学ぶストレージ】。ギャラリーオーナー、猫、美術品コレクターに扮するIBMのストレージ担当者が、情シス部の悩みを解決に導きます。
twitter#名画で学ぶストレージ でも配信中

休日に呼び出されてトラブル対応した情シス部
「次の障害まで、つかの間の休みね……」

出典:ポール・ゴーギャン「アルルの夜のカフェにて」

#名画で学ぶストレージ

今回解説するのは私、「たけだ」です。

料理とロボットガジェットが大好きなストレージ名画ギャラリーのオーナー。Myダッチオーブンで作った本格料理の味は芸術の域。

一言:「芸術を理解するAIロボットを創りたいわ」

一番怖いのは、いつ起こるかわからないストレージ障害


ビジネスの根幹を支える情シス部のみなさんが最も恐れているもの、それがストレージ障害です。「データ障害はビジネスの危機だよ!」「対策ができていたら障害は起こらないでしょ」なんて声は耳タコですが、正直「とはいっても、障害が起こるときは起こるから仕方ない」と思ってはいませんか?
「対策は万全なはず」で、「もう何もやることがない」と諦めの境地に達した情シス部のみなさんに、突然降りかかってきたストレージ障害。誠実なみなさんは休日もきちんと会社のスマホを携帯し、楽しい予定をキャンセルして現場に駆けつけ手を尽くし、ようやく復旧できたときの疲れ果てた様子を描いたのが、このゴーギャン「アルルの夜のカフェにて」です。さあ、束の間の休みを終えたら、朝からストレージ障害の原因と対策を上司に報告して…長い夜になりそうですね

障害が突然起こるのは本当…?

「データ障害に万全の備えをして、あとは監視するしかない」という運用は、本当に正しいのでしょうか。障害が起きるたびにドキドキハラハラ緊急対応をして、原因を厳しく追及される。そして恒久対策を施しても、やっぱりまた起きる障害。うんざりしますよね……。
でも “火のない所に煙は立たず”。何か原因があるから障害が起こる、そしてその原因は突然発生するというよりも、事前に火がくすぶっていたことがほとんど。原因が判明するのが「障害のあと」だと、突然起こった障害のように思えますが、実は以前から障害は起こりつつあるのです。とはいえ、複数のストレージの管理画面を常に完璧に監視し続け、細かい障害の芽に気づくのは無理難題です。だって、人間ですもの。

AIと統一されたストレージモニタリングで障害とオサラバ

IBMの「IBM Storage Insights」は、SaaSで提供されるオンプレミス・ストレージ管理サービス。IBMクラウドに置かれたサービスには、ブラウザでアクセス。異なるベンダーのストレージを統一ダッシュボードで管理できるため、容量も性能も、そしてシステム稼働状況もひと目で分かる優れものです。監視のたびに管理画面を切り替える必要はなく、さらに世界中のストレージログから収集したログをAIが分析して、障害を予知することができます。負荷が集中しているストレージやピーク時間もひと目で把握でき、ストレージ容量の利用傾向から容量増加量をある程度予測することも可能です。

事前にストレージ障害に対応すれば、上司のおとがめもなし!むしろ褒められちゃいそうですよね♪ もう管理画面をひとつひとつ監視する業務とはサヨナラ。AIに障害を予知させて、休日くらい会社スマホなんて投げ捨てて、ゆっくり過ごしましょ♪

More 名画で学ぶストレージ stories

DX時代のデータ活用を支えるAIデータパイプラインを実現

DX時代の競争を勝ち抜くためにはデータ活用が不可欠ですが、やみくもにデータを集めても自社の優位につながるビジネス価値を生み出すことはできません。データを「貯める」「整える」「AIが学習する」「業務への適用」をトータルにサ […]

さらに読む

基幹システムのデータを論理破壊から守る

金融機関の勘定系システムや製造業の生産管理システムなど、業務停止が許されないミッションクリティカルなシステムでは、業務継続性を維持するため、データの物理破壊に備えた厳重な対策がとられています。しかし、それだけでは不十分で […]

さらに読む

先進的なデータ保護ソリューション

サイバー犯罪行為とサイバー侵入の試みが増大する中[1]、効果的で先進的なデータ保護とサイバー・レジリエンスへのニーズがかつてないほど高まっています。サイバーセキュリティーの優先度が一晩で変わるため、従来型のデータ・フロー […]

さらに読む