Power Systems

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャーでAIX環境を簡素化

記事をシェアする:

パブリック・クラウドの活用が急速に進む状況下、オペレーティング・システム(OS)としてのIBM AIXは、関連性が低下しているとお考えではありませんか?もし、そうであれば、その視点は改めるべきかもしれません。確かに、コスト効率の高いパブリック・クラウドは、企業のIT環境を大きく変化させています。そして、オンプレミスにおける伝統的な構成のITインフラは、クラウドへの変更の余地を確保する必要があります。一方で、IBM AIXは、クラウドとハイパーコンバージドのエコシステムで進化を続けています。

ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャー(HCI)は、企業や組織のデータセンターにパブリック・クラウドのような体験をもたらします。そして、HCI ソリューションは、リソース展開の促進、敏捷性の向上、コストやリスクと複雑さの軽減に役立ちます。企業や組織は、幅広いエンタープライズ・アプリケーション(NoSQLデータベース、アナリティクス・アプリケーション、生産性向上ソリューション、ユニファイド・コミュニケーションやその他のアプリケーションなど)を単一の環境内で実行するために、HCI ソリューションを採用しています。

最近まで、HCI ソリューションは、LinuxとWindows環境の統合に重点を置く傾向がありました。しかし、IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanixの最新のアップデートでは、これまでと視点を変えて、新たにIBM AIX環境をサポートしました。つまり、HCIのメリットをAIX環境で利用できるようになったのです。逆の言い方をすれば、 Nutanixのエンタープライズ・クラウド・ソフトウェアによって構築されるプライベート・クラウド上で、IBM AIX 7.2の仮想マシンとAIX対応アプリケーションが実行できます。そう、IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanixは、HCI環境でAIXアプリケーションをサポートする初めてのソリューションなのです。

HCIへ移行するAIXワークロードの最良の選択

多くの企業や組織はインフラストラクチャーを簡素化することを熱望しており、AIXのワークロードをHCI システムに統合することは最適な解決策と言えます。IBM WebSphere Application Serverやその他のカスタム・アプリケーションのためのアプリケーション・サーバー環境は、HCI システムへの統合の主要な候補です。AIX、Linux、Windowsといった異なるOS上のワークロードを使用する分散コンピューティング環境を持つ企業や組織において、深い造詣とスキルが必須ではなくなる可能性を持つHCIのシンプルな統合環境の導入が検討されています。前述したようなアプリケーションを、従来型のインフラストラクチャーからHCIに移行することで、ITの複雑さに起因するコストを5年間で60%削減して、重要な機会を活かせるようになります。

DevOps環境の場合は、HCI上のAIX環境について、別の重要な使用例があります。HCI ソリューションを使用すると、AIXの仮想マシンを迅速に立ち上げてプロビジョニングできます。WebSphere Application Serverだけでなく、IBM Db2のようなデータベースもHCIの候補となり、異なるインフラストラクチャーの必要性を減らすことが可能になります。

どちらのユースケースを選択する場合でも、AIXのワークロードをHCIに移行することで、ITの管理を簡素化し、インフラストラクチャーとリソースの提供をモダナイズできるようになります。

管理の簡素化とコスト削減

IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanixは、IT管理の合理化を実現する設計です。Nutanixのエンタープライズ・クラウド・プラットフォームは、仮想化されたスケールアウト環境であり、管理しやすい単一のプライベート・クラウドを作成する抽象化レイヤーとして機能します。アプリケーションやワークロードがLinuxとAIXのどちらの仮想マシンで実行されているかどうかに関わらず、IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanixは数百のアプリケーションを単一の管理画面から管理できます。AIX環境は、他の仮想マシン・ゲストと同様にNutanix Prismによって管理されます。

ワークロードの統合によって、企業や組織はコストを削減できます。単一のIBM Power Systems上でLinuxとAIXのワークロードを実行するとともに、単一のNutanix PrismからPOWERアーキテクチャーとx86アーキテクチャーの両方のHCI システムを効率的に管理できます。その結果、ヘテロジニアスなIT環境の運用や管理に要していた運用コストを大幅に削減することが可能となります。

インフラストラクチャーとデリバリーのモダナイズ

AIXとLinuxのワークロードをIBM Hyperconverged Systems powered by Nutanixに移行することで、インフラストラクチャーをモダナイズできます。
最新のIBM Power Systemsのサーバー・ハードウェアが提供するパフォーマンス、信頼性、柔軟性、セキュリティー機能を活用して、スケールアウトしたデータ集約型データベースやアナリティクス・ワークロードの活用を最大化してください。
そして、インフラストラクチャーだけではなく、ITのデリバリーのモダナイズも実現できます。パブリック・クラウドのような環境を構築することで、従来のインフラストラクチャーと比較すると、計算リソースとストレージ・リソースを50%[1]高速に、容易かつ効率的に提供できます。

IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanixが、皆様の企業や組織のために何を実現できるのかを、ぜひ、ご確認ください。

[1] IDC White Paper, sponsored by Nutanix, “Nutanix Delivering Strong Value as a Cost-Effective, Efficient, Scalable Platform for Enterprise Applications”, August 2017

*本記事は、Simplify your AIX environment with hyperconverged infrastructureの抄訳です。


More Power Systems stories

世界最強の商用スパコン

世界130カ国以上で事業を展開するフランスのグローバル・エネルギー企業である「トタル」。日本との関わりも深く、 […]

さらに読む

AIがバスケットボールのハイライト動画を20秒で制作 – 中国テンセント社事例

今年も、世界中のバスケットボールファンが注目の、北米プロバスケリーグの最終決戦「NBAファイナル2019」が5 […]

さらに読む