Power Systems

【終了】AI向けサーバー 年度末 特別キャンペーン

記事をシェアする:

AI向けサーバー キャンペーン(2020年3月31発注分まで)

AI向けサーバー 2019年度末 特別キャンペーンは2020年3月31日発注分をもって終了いたしました。

最先端のAIワークロードで活用されている、IBM Power Systems

昨年11月の「AIがナスカの地上絵を発見した」として話題となったニュースを、覚えておられる方も多いのではないでしょうか。

山形大学と日本IBMは、共同での実証実験において、高解像度な空撮写真等の大容量のデータを高速に処理できるAIサーバーIBM Power System AC922上に構築された、ディープ・ラーニング・プラットフォームIBM Watson Machine Learning Community Edition(旧名:IBM PowerAI)でAIモデルを開発し、新たな地上絵1点を発見しました。

世界最速スパコンランキング「TOP500」を4連覇中のスーパーコンピューター「Summit」にも使われている、Power System AC922は、このナスカの地上絵発見のような教育・研究用途に限らず、商用分野においても、さまざまなAI、ディープ・ラーニングのワークロードに活用されています(グローバル・リーダーが採用するAI基盤)。それは次のようなおすすめポイントを持つからです。

  • 高速性/拡張性/エネルギー効率を高い次元で実現
  • AI/ディープ・ラーニング環境を簡単に構築
  • オープンなエコシステムが生み出した先進技術の利用

なぜ、このような利点を持つことができるのでしょうか。その理由のひとつとして、POWER9プロセッサーを搭載するPower System AC922は、NVIDIA GPUとの間をNVLink2で密結合することで、従来にない速度をCPU-GPU間で出せることが挙げられます。それにより、AIワークロードに求められる大量の非構造化データの処理においても、これまでよりも何倍ものスピードで、計算結果を出すことができるのです。

IBM Power System AC922 技術の違いと価値 イメージ

さらに詳しくは、ぜひ下のボタンからお問い合わせください。

IBM Power Systemsで、AI/ディープ・ラーニング環境を簡単に構築

IBM Power System AC922を導入すれば、AI/ディープ・ラーニング環境を簡単かつ安価に構築でき、すぐにAI活用に取り組めます。IBM Power System AC922は、次のソリューションに最適化されており、AIワークロードをスピーディーに処理することができます。

  • IBM Watson Machine Learning Community Edition(英語)(無償で利用できるディープラーニング・プラットフォーム)オープンなフレームワークを同梱、コンテナ提供で簡単導入、AIライフサイクル全体を統合管理
  • IBM Watson Machine Learning Accelerator(包括的なAIプラットフォーム)
  • IBM PowerAI Vision(画像・動画向けAIモデル開発ツール)分類、物体検出、セグメンテーション、動作検出に対応し、自動ラベル付け、データ拡張機能などを実装
  • H2O Driverless AI(機械学習自動化プラットフォーム)Kaggleマスターの知見を活用、プログラミング不要、データサイエンスのスキル不問

それぞれのソリューションについて無償でご利用出来るトライアルをご用意しています。ご利用条件がありますので、ぜひお問い合わせください。

Power Systems 年度末キャンペーンについて

日本IBMでは、現在、Power Systems年度末キャンペーンとして、2020年3月31日発注分までの限定で、特別な条件をご用意して、お客様からの問い合わせをお待ちしております。下の画像はサンプル構成ですが、他にもお客様の環境に合わせたさまざまなオファリングをご用意しています。

1月29日には、新たにお客様のAIモデルを稼働させてビジネス上の洞察を引き出すための推論サーバー「IBM Power System IC922」が新登場!(Power System IC922発表記事製品ページ)この新製品 Power System IC922も、当キャンペーンの対象です。

今回のキャンペーンでは、大容量データの処理に最適なサーバーを紹介していますが、大容量データの保管にはテープ・ストレージが最適です。詳しくは、ぜひIBMのテープ製品ページからご覧ください。

IBM Power System AC922 サンプル構成イメージ

【キャンペーンについてのお問い合わせ】

当キャンペーンに関するお問い合わせは、下のリンク先のお問い合わせフォームにてお願いいたします。

ご連絡の際は「Power Systems 年度末キャンペーンの件」とお伝えください。

 

More Power Systems stories

Red Hat OpenShiftがPower Systemsをご利用中のお客様に提供する4つのメリット

IBM Power Systems対応のRed Hat OpenShiftは、ハイブリッドクラウドの柔軟性、エンタープライズAI、プライベートクラウドおよびパブリッククラウド向けプラットフォームとしてのセキュリティーと堅 […]

さらに読む

LinuxサーバーとしてのPower Systemsの利点

「POWER向けのLinuxは、x86向けのLinuxとは違う」と主張する人がいます。彼らは、お客様に「LinuxサーバーとしてIBM Power Systemsに投資することは、本当のLinuxではない劣った製品を入手 […]

さらに読む

Power Systems Virtual Serverの始め方

IBM AIXやIBM iのワークロードをクラウド環境で実行する方法を調べようとして、どこから始めればよいかとお悩みではありませんか? パブリッククラウド環境でIBM Power Systemsを利用することは、オンプレ […]

さらに読む