Z

IBM Zの投資を最大限に活用するための新しいコンテンツ

記事をシェアする:

リスクはあらゆるIT環境に固有のものとして存在します。そのリスクを最小限に抑え、回復力、信頼性、そしてセキュリティーを確保して、ビジネスと顧客を保護するクラウド戦略を構築することが求められています。そのようなクラウド戦略において、IBM Zというセキュアなインフラストラクチャーを使用することで、競争に勝ち、ビジネス目標を達成するために必要な変革を加速することができます。

みなさまに活用していただけるよう、このたび最新の事例とともに、数種類の情報アセットを作成しました。これらのツールは、ビジネスと顧客を保護するために、IBM Zプラットフォームを基盤としたクラウド戦略の立案にお役立ていただけるはずです。

「従来の部分的な暗号化のやり方では、今日の急速に変化する複雑な規制や脅威には対応できません。」- Solitaire Interglobal Ltd、Pervasive Encryption:保護のための新しいパラダイム(IBM提供のレポート)

この記事では、IBM Zを使って今日の課題を解決し前進させるために効果的ないくつかの重要なトピックスについて説明しています。

  • 完全なクラウド戦略の一環としてのZプラットフォーム
  • 複雑さ、リスク、そしてビジネスのスピードが従来のセキュリティー手法を上回っているため、暗号化手法は、デジタル変革における重要な要素となるはずです。
  • DevSecOpsは、開発チームと顧客に利点と効率化を提供します。

これらは以下の内容で扱われているトピックのいくつかです。

情報収集のために次のものを準備しています

<クラウドに関するコンテンツ>

ハイブリッドクラウド・プラットフォームとしてIBM Zを最適化する方法を知ってください。Judith Hurwitz氏とDaniel Kirsch氏による、IBMスポンサードの電子書籍「Secure Hybrid Cloud for Dummies (英語, 要登録)」をご確認いただき、ハイブリッドクラウドを活用しデジタル変革を推進しましょう。

<広範囲にわたる暗号化コンテンツ>
パーベイシブ暗号化の重要性と、もしそれがなければビジネスが危険にさらされる理由については、「パーベイシブ暗号化:保護のための新しいパラダイム (英語)」を参照してください。
Solitaire Interglobal, Ltd., 2017年

<DevSecOpsコンテンツ>
DevSecOpsは市場で競争上の優位性を提供します。 Systems Magazineの記事 (英語)で、DevSecOpsがメインフレームにどのように重要であるかをご確認ください。
Systems Magazine、Inc.、2019年1月、Kristin Lewotsky

IBM Zの機能と利点、そしてセキュリティー、ハイブリッド・クラウド、DevOps、ICP、およびアナリティクスといった各テーマに関する情報は、こちらのオンデマンド・ビデオをご覧ください。
IBM Z 最新情報セミナー (要登録)

<ユースケース>
今日、どのような場面でIBM Zが利用され、効果を出しているのかについて、ご確認ください。

  • 税務コンサルタント、監査法人、弁護士のための共同ITサービス・プロバイダーであるDatev (英語)は、IBM Zを使用してソフトウェアをより迅速かつ安全に顧客に提供し、パフォーマンスを向上させ、より柔軟なシナリオに対処しています。
  • オーストリアの大手金融サービス・プロバイダーであるWustenrot (英語)は、開発コストを削減し、開発者がIBM Zを使用して滑らかでユーザー・フレンドリーなWebおよびモバイル・アプリケーションを構築できるようにしました。

「IBM Zは、長年にわたり基幹業務とそのプロセスのための当社の戦略的プラットフォームでした。プラットフォームが絶えず進化しているのを見るのは素晴らしいことです。 IBM z / OS ConnectやContainer Pricingなどの新しいテクノロジーと製品によって、最先端のWebエクスペリエンスを実現するための強力なJavaScriptフレームワークであるAngularなどの最新ツールが使用できるようになり、先進的なWebやモバイル・アプリケーションを構築できるようになりました。IBM Zは、今後も長年にわたってITの中心的存在であり続けると確信しています。」Wustenrot 社談


*本記事は、New content to maximize your IBM Z investment, May 2019の抄訳です。


More Z stories

IBM ZおよびLinuxONEでRed Hat OpenShiftをサポートする計画を発表

IBMとRed Hatは2019年で最も重要な買収手続きを正式に完了しました。これは、Red Hatが持つオー […]

さらに読む

APIで基幹業務をデジタルサービス化する

IBMグローバル経営層スタディによると、企業のITは顧客接点と基幹業務の異なる2つの観点の強化が必要となってい […]

さらに読む