Power Systems

人々の生活、そして、地球を守るサーバー

記事をシェアする:

“異常気象パターンを識別するためのニューラルネットワークのトレーニング”、”遺伝的構造を理解して疾病の治療法を特定するためのアルゴリズムの開発”、”地震災害の緩和と対応のための地震シミュレーション”。

人命を救い、人々の生活を守るための研究には、大規模な計算能力が必要であり、その役割は、スーパーコンピューターが担っています。

米国オークリッジ国立研究所に設置されている『Summit』

オークリッジ国立研究所の『Summit』

実は、冒頭に列挙した3つの研究は、いずれも、2018年6月および11月のTOP500で首位となったスーパーコンピューター 『Summit』で実行されています。

スーパーコンピューターというと、専用の特別なシステムで構築されていると思われるかもしれませんが、『Summit』は一般商用サーバーであるIBM Power Systemsで構築されています。

このIBM Power Systemsが搭載しているのは、IBM POWERアーキテクチャーに基づくIBM POWER9と呼ばれる最新のプロセッサーであり、大量のデータを用いた高速な計算に最適です。リチウム空気電池の研究開発といった最先端シミュレーションなどでIBM Power Systemsが活用されているのは、ちゃんと理由があるのです。

もちろん、IBM Power Systemsは科学技術計算のためだけのサーバーではありません。SAP社に認定されたシステムは、SAP HANAに最適なハードウェア基盤ですし、プライベート・クラウド環境の構築やハイブリッド・クラウドとマルチ・クラウドに対応したスケールアウト・サーバーやスケールアップ・サーバーが提供されています。


IBM POWERアーキテクチャーに基づくプロセッサーの活躍の舞台は、地上にとどまりません。

2018年11月27日に火星への着陸に成功したNASAの火星探査機『InSight』と、同じく2018年11月15日に運用を終了した『ケプラー宇宙望遠鏡』。どちらもRAD750という名称のプロセッサーを搭載しています。

このRAD750は、実は、IBM POWERアーキテクチャーに基づくIBM PowerPC 750をベースにしたプロセッサーです。

RAD750は、長く活躍を続けている火星探査機の『キュリオシティ』、太陽観測衛星の『ソーラーダイナミクス天文台』、ガンマ線観測用の天文衛星『フェルミガンマ線宇宙望遠鏡』など、多くの宇宙船や探査機、人工衛星に搭載されています。

IBM POWERアーキテクチャーの系譜に連なるプロセッサーを搭載するシステムは、限られた電力量で最大限のコンピューティング能力の発揮が求められる宇宙で活躍しており、「最後のフロンティア」として語られる宇宙探査、宇宙開発に貢献しているのです。


このように、宇宙の話を書き連ねておいて、次のように述べるのは如何なものかとは思うのですが…

このIBM POWERアーキテクチャーに基づくIBM POWER9プロセッサーを搭載するシステムが、エイリアンによる侵略から地球を守っただなんて、思ってもみませんでした!

実はエイリアンによる侵略の危機に瀕していた地球

実はエイリアンによる侵略の危機に瀕していた地球

この事実は、2018年10月某日の某所にて、限られた人々にしか知らされていなかったのだそうです。僕はその場にいませんでしたので、IBM Power SystemsのTwitterアカウントからのこの投稿を見るまで知りませんでした。そして、一連の投稿が実施されたことで、2018年の年末になって、ようやく、この事実が広く周知されることになりました。

IBM Power Systemsが、どのようにして世界を救ったのか、を以下の特別映像にてご確認ください。(14分34秒の映像ですので、まとまったお時間が取れる時にご覧ください)

映像内のトーマス、チャールズ、アレクサンドラの会話に登場したキーワードの関連情報

*映像中のIBM Power Systemsに関する評価はノンフィクションですが、エイリアンによる地球侵略は、当然、フィクションです。
*本記事は、Mediumに投稿された 人々の生活、そして、地球を守るサーバー の転載です。


More Power Systems stories

世界中に高解像度な気象予報を迅速に提供する新たなIBM気象システム

リアルタイムで正確な気象予報へのアクセスは、熱帯低気圧のような深刻な気象状況に地域社会がどのように備えて対応す […]

さらに読む

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャーによるITの適材適所化

日本市場でもハイパーコンバージド・インフラストラクチャー(HCI)の利用が拡大していますが、「HCIって結局何 […]

さらに読む

クラウド化による次世代システム基盤への変革

企業におけるパブリック・クラウドの利用が拡大するにつれ、アプリケーションの作りも変わってきています。従来は、業 […]

さらに読む