Z

メインフレーム55年 そして未来へ – 第4回 IBM Zのこれから

記事をシェアする:

IBM Z の起源であるシステム/360(= IBM System/360、以下、S/360)が発表された1964年4月7日から、今年で55周年を迎えました。変化の激しいIT業界において、時代に適応しながら、絶え間なく進化し続けています。

IBM Z の歴史から学ぶ教訓と今後を語るシリーズも、これが最終回。IBM Z はこれから、どのように進化をしていくのか。IBM Z の最前線のエンジニアとして現在も活躍する、IBMの技術理事(Distinguished Engineer)川口一政が、IBM Z が今後どのような分野に使われていくのか、そして未来への期待を語ります。

 

今後も利用が期待される適用分野

今後もIBM Zの利用が期待される適用分野を、z/OSとzLinuxに分けて考えます。

55年の歴史があるz/OS系では、基幹系に代表されるデータを集中処理する分野に、利用されると考えられます。具体的には次のような3つの分野です。

 

a.大量トランザクション処理が可能な無停止サーバーシステムズ

厳しいパフォーマンス要件のトランザクションを大量に処理する、しかも無停止で運用する、これらは基幹系システムに求めらる重要な非機能要件です。これらは正にIBM Zが最も得意とする分野です。単にトランザクションを受け付けるだけでなく、トランザクション間で共用データ更新する場合は、IBM Zでないと安定した高パフォーマンスを維持するのは難しいです。大量トランザクションの高速並列処理と、高度非機能要件の実装レベルは、他のサーバーシステムズとは大きな差があります。

 

 b.大量データのバッチ処理サーバーシステムズ

昨今はバッチレスのシステム設計が行われていますが、特定時間にまとまったデータ処理をする、バッチ要件は業務的に残ります。IBM Zは前述の通り、大量・大規模なI/O要求に対応可能な仕組みを搭載しています。またシステム資源を優先度を用いて配分する、優れたワークロード管理機能があり、オンラインとバッチの共存が可能です。言語の観点でもJavaやCよりCobolやPL/Iの方が、データを効率良く処理できます。さらに優れたジョブ管理機能が、z/OS標準として組み込まれています。よってバッチ処理に関しては、IBM Zに大きな優位性があります。

図7 : IBM Z によるデータの集中処理・管理・運用・分析

c.データを集中管理・運用・分析するサーバーシステムズ

トランザクションやバッチを、IBM Zで集中処理することで、基幹データはIBM Zに集まります。データは集めた方が整合性維持、運用、保守、セキュリティ保護などは容易になります。さらに集めた基幹データを使用したAnalyticsなどの分析処理は、集めたデータを持つIBM Zで行うのが最も効率的です。IBM Zでは専用の分析機能であるIDAA(IBM Db2 Analytics Accelerator for z/OS)、機械学習やSparkなどを利用できる環境が整っています。分析にデータ鮮度が重要な場合は、よりIBM ZでAnalytics処理を行う意義が大きいです。

一方、zLinuxはオープンテクノロジーのプライベート・クラウドで基幹系を構築する場合や、その集約統合サーバーとしての利用が進むと考えられます。

図8 : zLinuxによる高品質基幹系サーバー

 d.オープンテクノロジーによる高品質基幹系サーバー統合

オープンテクノロジーを使い、プライベートクラウドで基幹系を構築する場合は、IBM ZのLinuxも重要な選択肢です。特にIBM ZのHWメリットを必要とする大量I/O要件があったり、厳しい非機能要件がある場合は、IBM Zが最適です。zLinuxはIBM Cloud Privateのオープンソースを利用して、プライベートクラウド環境を構築できます。また、Secure Service Containerで容易にアプリケーション・データを暗号化できます。

 

IBM Zへのこれからの期待

最後に私がIBM Zに今後期待することを述べます。

IBM Zは今後の開発方針として、セキュリティの強化、Analyticsの強化、クラウドへの対応を表明しています。この方向性は業界動向ともマッチしています。サーバーシステムズでは、ムーアの法則の終焉が言われていて、今後CPUスピードの大幅な改善は難しいと考えられています。しかしIBM Zでは、今後もCPUスピードの改善を続けます。既に2015年7月に、現在の半分となる超微細7nm線幅の半導体試作成功を発表し、2018年12月にサムソンと、7nmチップの製造パートナーシップの契約を発表しました。将来は7nmチップを搭載したIBM Zが登場するでしょう。

次にサーバーシステムズで、今後注目される新技術を見てみましょう。まず量子コンピューターは、今後大きなイノベーションを起こす可能性のあるテクノロジーです。しかし、量子コンピューターが期待されている分野は、ビッグデータの解析など、IBM Zが対象とする分野とは異なります。量子コンピューターの動向が、直接IBM Zに影響することは無いと思われます。一方、AIプロセッサーはそのブームと共に、さらに利用範囲が広がっていくと思われます。現時点で開発意向表明はありませんが、近い将来にはIBM ZもAIプロセッサーを取り込み、IBM ZのワークロードでもAI技術の利用が可能になると、個人的には期待しています。

図9 : IBM Z におけるAIやAnalytics技術の利用分野案
IBM Zは55年の歴史があり、今も他のサーバーシステムと比較した優位性があり、多くのミッションクリティカルな業務に利用されています。今後はその特性を生かした特化分野で利用され続け、10年後もIBM Zは生き続けるでしょう。IBM Zがさらに発展して利用が進むには、Analytics技術やAI技術の取り込みと利用が鍵であると、私は考えています。既存の技術による現業務の利用に満足するだけでなく、新しい技術の積極的な利用を試みることが重要です。皆様の基幹系システムのデジタルトランスフォーメーション化に向けて、IBM Zの利活用をお願いします。


関連リンク

ビデオ “Bistro Z”


こちらのビデオでは、最新機能を駆使して IBM Z 内に蓄積された重要データを外に出すリスクをおかさずに、高度な分析ができる、つまり、「ビストロの厨房となる IBM Z 筐体内にあらゆる機能を持ち、お客様のご要望にあわせたソリューションをその場でご提供する」という IBM Z の姿をイメージしています。


More Z stories

APIで基幹業務をデジタルサービス化する

IBMグローバル経営層スタディによると、企業のITは顧客接点と基幹業務の異なる2つの観点の強化が必要となってい […]

さらに読む

IBM Zがクラウドへの旅を加速する

めまぐるしく変化する世界では、将来をしっかり見据えている企業は、常にお客様に満足いただきながら革新することを目 […]

さらに読む

IBM Zがハイブリッド・クラウドの未来を決める

ITリーダーにとっての難しい挑戦は続きます。ダイナミックに変化するビジネスの要求にリアルタイムで対応する必要が […]

さらに読む