Power Systems

JORI:Webベースの3DコンフィギュレーターをIBM iで

記事をシェアする:

以下の動画は、ベルギーを拠点とする家具メーカーであるJORIが公式YouTubeチャンネルにアップロードしている動画です。

ご覧いただいた通り、ショールームに行かなくても、様々なアングルから商品を確認したり、仕上げオプションを試せるコンフィギュレーターの紹介動画であり、このJORI furniture configuratorは、Webベースで利用いただけます。

JORI furniture configuratorは、ヨーロッパの230以上の家具販売店のWebサイトに組み込まれているそうですし、タブレット端末からJORI furniture configuratorにアクセスすることで、家具販売店の販売員にモバイル・アプリケーションとして利用されているそうです。

実は、このコンフィギュレーターのベースは、IBM Power System S814IBM i 環境上で実行されるIBM Db2 for i に構築された3Dオブジェクト・データベースです。そして、ILE RPG Webサービスを使用してJSON経由でフロントエンドのコンフィギュレーター・プログラムと通信しています。フロントエンド側は、3DゲームのプラットフォームであるUnity(Chrootを使用してIBM i 用にコンパイル)を使用して開発されています。

また、JORI furniture configuratorは、WebのCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)としてDrupalを使用している他、コンフィギュレーターでカスタマイズを終えた家具の構成のPDF出力にGhostscriptImageMagik、リアルな外観の3Dモデルの生地の作成にSubstance、といったオープンソースを活用しており、これらのオープンソース・ソフトウェアも、IBM Power System S814のIBM i 環境上で実行されています。

そして、JORI furniture configuratorでは、カスタマイズを終えた構成の価格を表示するとともに、PDFで家具の構成をダウンロードできますし、業務プロセスと統合されていることから、カスタマイズされた家具の製造工程のスピードアップが図れます。

JORIのExecutive Commercial Managerである Wim Vantomme 氏のコメント

(Client Success Story : JORIおよびGaining time-to-market edge with new 3D design technologyの内容から構成)

「現在、JORIの家具は102のベース・モデルを持っており、151種類のレザーと160種類の生地、そして、足と肘掛けに様々な仕掛けの仕上げオプションがあります」

「カスタマイズ・オプションの種類が膨大であることから、組み合わせ可能の可否を把握して、最終的なデザインがどのようになるかを理解することは、お客様だけでなく店舗内の販売員にとっても困難でした」

「お客様と販売員が、3Dモデルによって家具を視覚化およびカスタマイズできるように、オンラインの3Dコンフィギュレーターの作成を決めました」

「誤ったオプションの組み合わせを排除して技術的に製造可能な構成とするために、3Dオブジェクト・データベースはIBM Power System S814のIBM i上に構築しました。」

「既存のビジネス・ルールとの緊密な統合、プラットフォームの安定性とセキュリティー機能を活用するために、コアのビジネス・システムであるIBM iと一緒にコンフィギュレーターを実行したかったのです」

「コンフィギュレーターには、設計システムと製造システムのビジネス・ルールが使用されているため、選択されたオプションが複雑であっても正確な価格設定が行えます」

「販売パートナーの約95%がコンフィギュレーターを使用しています。コンフィギュレーターを使用することで、販売員へのトレーニングは最小限で済み、速やかな顧客対応が可能になります」

「コンフィギュレーターによって構成された家具は、人手を介する必要なしに、製造工程に移せます。その結果、これまで生産に8週間を要していたアイテムのうちのいくつかは、わずか5日間で生産できます」

「コンフィギュレーターの副次的なメリットはビジネス・プロセスの仮想化であり、コストをかけて物理的なプロトタイプ(商品サンプル)を作らなくても、設計した新商品をコンフィギュレーターに登録することで、市場における魅力度を測れることです」

「従来、新商品の投入に6ヶ月を要していましたが、ビジネス・プロセスの仮想化によって、現在は数週間で対応できます。これは、80%の期間短縮となります」

IBM Watsonとの水平統合構想

JORI は、今後、IBM Watsonを活用して、家具のさらなるパーソナライズを支援する予定です。

現在、JORIが作成中のソリューションは、顧客の好みに似た生地を探すサポートを行うものです。顧客が好みの生地の写真を送信すると、IBM Watsonがバックエンドの製品在庫データベースと照合して、顧客の好みに似た生地を探して提案することを目指しています。

Wim Vantomme 氏は次のように述べています。

「常に市場は変化しているため、コンフィギュレーターは機能強化を続ける必要があります。類似ソリューションの提供を開始した競合他社もあります。IBM i とIBM Power Systemsは、市場における競争上の優位の維持に不可欠なコアのビジネス・システムとコンフィギュレーターに対して、堅牢で安全なプラットフォームを提供します」

お客様のビジネス成長や、革新的なサービス提供の要として貢献してきたIBM i は、今年、IBM AS/400発表から30周年を迎えました。JORIがIBM Watsonとの水平統合を予定しているように、新時代アプリケーションが実現する新たなテクノロジーと連携することで、IBM i は、これからも多くのお客様のビジネスを支える基盤として進化を継続します。


More Power Systems stories

世界最強の商用スパコン

世界130カ国以上で事業を展開するフランスのグローバル・エネルギー企業である「トタル」。日本との関わりも深く、 […]

さらに読む

AIがバスケットボールのハイライト動画を20秒で制作 – 中国テンセント社事例

今年も、世界中のバスケットボールファンが注目の、北米プロバスケリーグの最終決戦「NBAファイナル2019」が5 […]

さらに読む

IBM i 7.4およびDb2 Mirror for iを発表

2019年4月23日は、IBM iや関連ソフトウェアの開発に取り組んでいる私たちにとって刺激的な日です。今日は […]

さらに読む