Power Systems

IBM ハイパーコンバージド・システム powered by Nutanix

記事をシェアする:

本日、IBMは、IBM CS821とIBM CS822という名称の新しい2つのサーバーを発表しました。
CS821とCS822は、Nutanixのシンプルなワンクリック・ソフトウェアとスケーラビリティを、データ集約型ワークロード向けに最適化されたIBM POWERアーキテクチャーと結びつけたハイパーコンバージド・ソリューションです。

CS821とCS822は、オンプレミスのインフラストラクチャーでありながら、高い評価を得ている仮想化機能と自動化機能によって、パブリック・クラウドのような利用環境を実現します。

CS821とCS822は、信頼性の高いフラッシュ・ストレージ、高速ネットワーク、スケーラビリティ、および非常に強力なコンピューティングの組み合わせを、モジュール式のスケーラブルなビルディングブロックで提供します。 また、必要に応じてノードを追加することで、クラスタを簡単に拡張できます。

IBMのハイパーコンバージド・システムは、EDB Postgres、MongoDB、WebSphereのようなデータ集約型のワークロードを、管理が容易な社内のプライベート・クラウド環境への移行する際の選択肢として適しています。IBMのハイパーコンバージド・システムでデータ集約型のような複雑なワークロードを実行することで、インフラストラクチャー基盤が複雑化することを避けるとともに、オープンソースのデータベースやWebアプリケーションの迅速かつ容易なデータセンターへの導入を実現します。

さらに、これらの運用データストアは、コグニティブ・ワークロードの実行環境を、企業のデータセンター内に構築する際の基本的なビルディングブロックとなります。何故ならば、アナリティクス、機械学習、AIといった先進的で進化が続くワークロードでは、オープンデータではなく企業内のデータを利用する必要があるからです。

IBM CS822は、22個のPOWER8プロセッサー・コア、176のスレッド数、最大512GBのメモリー、15.36TBのフラッシュ・ストレージ を搭載しており、Nutanix Prismの管理環境下にシームレスに配備されます。CS822は、Acropolis HypervisorとリトルエンディアンのLinuxで、Nutanix Acropolisを実行します。

発表レターも参照ください。JG17-0076JP17-0316


IBM CS821 (1N1U Platform)

Workloads : High density virtualization/middleware applications : WebSphere Liberty Application Server, test and development, private cloud
Base Platform : IBM Power System S821LC
Server Compute : Two 10- core 2.09 GHz POWER8® processors with 8 hardware threads per core
Memory : 128 GB or 256 GB per system using 16 x DDR4 DIMMs with total of 64MB L4 cache
Network connection : 4 port 10 G BaseT Ethernet Add on: PCIe3 2-port 10GbE SFP+ Adapter, based on Intel X710 Chipset / Driver
Min total Ethernet ports : 8
SAS Controller : PCIe Gen3 SAS Controller, based on LSI 3008L
Storage : Samsung SM863a [480 GB, 960 GB or 1.92TB]— all flash configuration
Drive Type : 4 x 2.5″ SSD
Hypervisor : Nutanix AHV
Software License Options : Acropolis Pro or Ultimate License, Prism Starter (includes Prism Central)


IBM CS822 (1N2U Platform)

Workloads : High performance workloads: Enterprise DB, MongoDB, WebSphere Application Server, Business Applications, DBaaS
Base Platform : IBM Power System S822LC for Big Data
Server Compute : Two 11- core 2.89 GHz POWER8 processors with 8 hardware threads per core
Memory : 256 GB or 512 GB per system using 16 x DDR4 DIMMs with total of 64MB L4 cache
Network connection : 4 port 10 G BaseT Ethernet Add on: PCIe3 2-port 10GbE SFP+ Adapter, based on Intel X710 Chipset / Driver
Min total Ethernet ports : 8
SAS Controller : PCIe Gen3 SAS Controller, based on LSI 3008L
Storage : Samsung SM863a [480 GB, 960 GB or 1.92TB]— all flash configuration
Drive Type : 8 x 2.5″ SSD
Hypervisor : Nutanix AHV
Software License Options : Acropolis Pro or Ultimate License, Prism Starter (includes Prism Central)


More Power Systems stories

STOP!とりあえず大容量ストレージ

ストレージのパフォーマンス低下により白骨化する情シス部 「…仕事、辞めたい…」 情シス部のストレージあるある悩 […]

さらに読む

週末の会社着信…障害発生だ!!

休日に呼び出されてトラブル対応した情シス部 「次の障害まで、つかの間の休みね……」 情シス部のストレージあるあ […]

さらに読む

IBM Zの投資を最大限に活用するための新しいコンテンツ

リスクはあらゆるIT環境に固有のものとして存在します。そのリスクを最小限に抑え、回復力、信頼性、そしてセキュリ […]

さらに読む