IBM Power Systems

イノベーションを加速するPOWER9プロセッサー搭載スケールアップ・サーバー

記事をシェアする:

本日、IBM Power SystemsのラインナップにPOWER9プロセッサーを搭載するスケールアップ・サーバーが加わりました。新製品は、簡素化されたクラウド管理機能、優れたパフォーマンス、スケール、可用性、セキュリティーを提供します。

IBM Power Systemsは、最も信頼できるサーバーとしての地位を長年にわたり維持するとともに、お客様のインフラストラクチャーの進化と投資の保護を両立させています。そして、サーバー市場における競争優位性を維持すべく、製品開発部門はIBM Power Systemsのイノベーションを促進し続けています。

フォーチュン100企業の80%がIBM Power Systemsを採用していることをご存じでしょうか。銀行、小売、保険、医療といった業界における世界中の一流企業が、顧客のニーズに対応するためにIBM Power Systemsを日常的に利用しているのです。パフォーマンス、スケール、セキュリティーにおけるIBM Power Systemsのイノベーションの促進は、多くの企業がミッションクリティカルなワークロードのためにIBM Power Systemsを採用くださっている理由の一つです。

 

IBM Power System E980とIBM Power System E950

本日発表されたPOWER9プロセッサー搭載サーバーは、2種類のエンタープライズ・クラスのスケールアップ・サーバーです。

IBM Power System E980は、最も優れた拡張性を提供するPOWER9プロセッサー搭載サーバーであり、データ集約型のアプリケーションに対応する一方で、Power Enterprise PoolsとCapacity on Demandによってプロセッサー・リソースとメモリー・リソースの拡張における経済的な柔軟性を提供する設計です。IBM Power System E950は、2ソケット(最小構成)から4ソケットへとCPUのスケーリングが可能であり、最大48個のコア(4ソケット構成時)と最大16 TBのメモリーが搭載できます。

最先端のクラウド・テクノロジー、新規に設計されたセキュリティー、システム・イノベーションを結合して提供するIBM Power System E980とIBM Power System E950は、大規模でミッションクリティカルなアプリケーションの実行と、ITインフラストラクチャーのプライベート・クラウドやハイブリッド・クラウドへの移行のための理想的な基盤となります。

簡素化されたエンタープライズ・クラウド

IBM Power System E980とIBM Power System E950は、データ集約型のミッション・クリティカルなワークロードをクラウド環境で実行できる設計です。IBM Power System E980とIBM Power System E950には、ミッション・クリティカルなアプリケーションと重要なデータに不可欠な堅牢性を提供するハイパーバイザーであるIBM PowerVMが組み込まれています。IBM PowerVMは、ビジネス・ニーズに応じてオンデマンドでコンピューティング能力やメモリーを動的にスケーリングできるほか、POWER9プロセッサーによって加速され暗号化された稼動中の仮想マシンの移動を実現します。

OpenStackベースのクラウド管理ソリューションであるIBM PowerVCは、クラウドの導入と管理を簡素化し、VMwareやIBM Cloud Privateといった異なるクラウド管理ソリューションに上位統合できます。また、使用量に応じた料金体系で提供されるCapacity on Demand機能を利用して、あらかじめサーバーに搭載されている未使用のプロセッサー・リソースとメモリー・リソースを、システムを停止させることなく活動化することで、新たなワークロードの需要にほぼ瞬時に対応できます。お客様は、IBM Power Systemsによって、システムのパフォーマンスと柔軟性を損なうことなく、柔軟にクラウドを展開していただけます。

セキュリティー機能

IBM Power Systemsでは、チップ・レベルでセキュリティーが組み込まれていて、スタック全体を保護します。プロセッサーからオペレーティング・システム(OS)、そしてその間のあらゆる要素まで、IBM Power Systemsはプロセッサーの起動時からエンド・ツー・エンドのセキュリティーを提供する設計です。

投資対効果に優れたパフォーマンスをスケーリング

IBM POWER9プロセッサーには、x86プロセッサーの4倍のスレッドを処理できるパフォーマンス上の優位性があります。インメモリー・データベースの性能の最大化を実現する最大16TB(E950)または最大64TB(E980)のメモリーによって、データから洞察を獲得するために必要となる時間を大幅に短縮できます。また、IBM POWER9プロセッサーはx86プロセッサーの1.8倍のメモリー帯域幅によって、アプリケーションを高速化できます[1]。さらに、前述したCapacity on Demand機能を使用して、プロセッサー・リソースとメモリー・リソースを必要に応じて増強することで、ビジネス要件やビジネス成長の変化に、迅速かつシームレスに対応できます。

実証された信頼性

99.999%の稼動率を誇るIBM Power Systemsは、ITICによって10年連続で最も信頼できるサーバーとして評価されたエンタープライズ・サーバー(英語)です。IBM iとAIXの両方のオペレーティング・システムで10年以上にわたるロードマップに取り組んできたIBMは、リリース間の移行を簡素化するバイナリ―互換性を提供しています。

IBMは、お客様のビジネスの管理と成長をお手伝いできる優れたエンタープライズ・ソリューションを提供すべく、今後もイノベーションの限界領域を広げ続ける取り組みを進めてまいります。IBM Power Systemsは、お客様のミッション・クリティカルなデータ集約型のワークロードのクラウド環境への移行に貢献する、優れた ITインフラストラクチャー基盤を提供します。


製品発表レター 

関連記事

製品画像

[1] 1.8X bandwidth is based on 230 GB/sec per socket for POWER9 and 128GB/sec per socket for x86 Scalable Platform Intel product brief

*本記事は、Announcing POWER9 Scale-Up servers designed to fuel innovationの抄訳です。


More IBM Power Systems stories

Red Hat OpenShift Container PlatformがIBM Power Systems Virtual Serverに対応

OpenShiftのエクスペリエンスをIBM Power Systems Virtual Serverに拡大 IBMは、Red Hat OpenShift 4.6 がx86と共にIBM Power Systems、IBM […]

さらに読む

IBM Bayesian Optimization Accelerator:より優れた製品をより迅速に開発するための設計方法

時は巡り、IBM は、実証済みの最適化の方式を今の時代に活用することをリードしています。1763 年に最初に発表されたベイズの定理に基づくベイズ最適化方式は、IBM Research と IBM Power System […]

さらに読む

IBM Power Systemsで実現する、堅牢さと可用性を兼ね備えたコスト効率のよいコンテナ基盤

アプリケーションをコンテナ化することで機能要件と非機能要件を分離することができますが、そうした中で重要度を増すのがインフラです。多様なタイプのアプリケーションに対して安定した性能と拡張性、可用性、堅牢性などを提供するイン […]

さらに読む