IBM Storage

中堅企業向け市場におけるIBMのオールフラッシュ・ストレージの優位性

記事をシェアする:

IBMがForrester Consultingに委託した最近の市場調査結果によると、フラッシュ・ストレージは中堅企業における需要が拡大しています。

調査の回答者である、中堅企業のITの意思決定者の82%が、フラッシュ・ベースのデータ・ストレージを導入する予定であるか、既に、ハードディスクからフラッシュ・ストレージへのアップグレードを実施しています。[1]

そして、現在、中堅企業で起きている以下のような状況が読み取れます。

  • 中堅企業は、ストレージ戦略の一環として、積極的にフラッシュ・ストレージを採用しています。
  • 回答者の大半は、ストレージ環境のほぼ半分がオールフラッシュ・ストレージとなることを目標に、投資継続が許されることを期待しています。

フラッシュ・ストレージが中堅企業にもたらすメリットについて、Forresterは次のように解説しています。

「このアンケートに回答したITプロフェッショナルの皆様は、フラッシュ・ストレージへの取り組みによって、テクノロジー的なパフォーマンスとビジネス効率をバランス良く調整しています。」

「そして、クラウド、複雑なアプリケーション、急増するデータとともに、複雑化する市場環境に対応するために、スピード、柔軟性、効率性の促進に活用できるフラッシュの採用を視野に入れています。」


フラッシュ・ストレージのパフォーマンスは、主要な運用目標やビジネス目標の向上、重要なアプリケーションなど、応答速度が重視される局面で優れた性能を発揮します。したがって、調査の回答者の大半は、仮想化、セキュリティー、クラウド、ITの柔軟性といった主要なテクノロジーとビジネス上の重点分野において、フラッシュ・ストレージが良好に機能していると評価しています。

さらに、フラッシュのパフォーマンスは、重要な運用目標やビジネス目標の達成、主要なアプリケーションにおける応答速度の改善などにおいて優れた結果を導きます。したがって、ほとんどの回答者が、仮想化、セキュリティ、クラウド、柔軟性などの主要なテクノロジーとビジネスの重点分野でフラッシュが良好に機能していると評価しました。

Forresterの調査対象となった従業員数500〜999人の中堅企業は、予算やリスクの制約に対して敏感であると見なされます。中堅企業のIT予算は企業規模と同様に少額であり、万が一、投資が成功しなかった場合は、その失敗を吸収する体力がありません。このことは、中堅企業が特に費用対効果において高い実績のあるテクノロジーとソリューションの採用に重点を置いていることを意味します。

IBMのオールフラッシュ・ストレージは、中堅企業における予算上の制約とコスト効率の目標に適合する幅広い選択肢を用意しており、優れたパフォーマンスと大半のストレージ要件を充足する柔軟性を提供します。

IBMが提供するオールフラッシュ・ストレージの1つであるIBM Storwize ファミリーは、中堅企業におけるストレージのニーズを満たす設計の製品群です。ディスク・ストレージ搭載モデルの時代から高い評価を獲得しているIBM Storwize は、オールフラッシュ・モデルにおいてもIBM Spectrum Virtualizeが利用可能であり、ストレージ仮想化機能を用いて既存のストレージ資産の活用が実現できます。

IBM Storwize ファミリーは柔軟性が高く、中規模のアプリケーション・ワークロードの展開における、急速なデータ増加とIT予算の課題に、業界と規模を問わず効率的に対応できます。IBM Storwize V5030Fは、エントリーレベルのオール・フラッシュ・ストレージながら、フラッシュ・ドライブのコスト優位性を活用して、直感的なユーザーインターフェイス、同期/非同期レプリケーション、600以上のStorwize API、シンプロビジョニングとスナップショット、フラッシュに最適化されたデータ圧縮機能を提供します。さらに、IBM Storwize V5030Fは、IBM HyperSwapテクノロジーを使用した無停止データ移行やリモート・ミラーリングなど、エンタープライズ・グレードのシステム可用性とデータ・セキュリティを提供します。

また、IBM Storwize V5030Fは、99.999%の可用性、フラッシュ・ドライブの暗号化、ドライブ再構築時間を最大10倍短縮できる分散型RAID技術を提供します。

現在、中堅企業はフラッシュ・ストレージによって進化するストレージ環境を活用して、スピード、柔軟性、効率性のメリットを享受しています。そして、IBM Storwize V5030FをはじめとするIBM Storwize ファミリーは、エントリー・モデルからエンタープライズ・グレードの機能を提供します。まさに、中堅企業にとって、優れた選択肢なのです。

[1] Forrester Opportunity Snapshot: Agility, Efficiency, Flexibility: Mid-Market Businesses Take Advantage of Flash Storage; Custom study commissioned by IBM, November 2017 


*本記事は、IBM Flash: The mid-market advantageの抄訳です。


More IBM Storage stories

先進的かつ包括的なデータとストレージの管理

ストレージ基盤の運用管理コストは、ストレージのライフタイム全体のトータル・コストの大半を占めることがあります[ […]

さらに読む

急速に進むフラッシュ・ストレージの進化

数カ月前、NVMe 対応の IBM フラッシュ・ストレージは市場で最も革新的な製品として認められました[1]。 […]

さらに読む

データのライフサイクル全体にわたる IBMストレージのイノベーション

米国時間 10月23日、IBMはストレージ市場で最も注目される分野における新しいソリューションと、業界でも高く […]

さらに読む