IBM Z

柔軟性、アジャイル開発、そして安全性を実現する、IBM Zでのアプリケーション・モダナイゼーション

記事をシェアする:

この2年間で、IT企業の経営者にとっての優先事項は変わりました。従来からのビジネス・スタイルから、デジタル・トランスフォーメーションへの急速なシフトへと、パンデミックの影響は計り知れないものがあります。このようなデジタルへの移行を念頭に、IBM Institute for Business Value(IBV)は200名のITエグゼクティブを対象に調査を行い、変化する市場と変革していくITの役割について考察しました(*1)。

この変化の多くは、クラウドベースのアプリケーションの台頭に起因しています。しかし、ミッションクリティカルなメインフレーム・アプリケーションはどうなるのでしょうか。単純な回答は、「今後唯一の方法は、クラウド上だけでIT環境を再構築することだと言うことでしょう」と答えることでしょう。しかし、今回の調査では、IT部門のエグゼクティブの71%が、メインフレームベースのアプリケーションがビジネス戦略の中心を担っていると回答しています。これらのワークロードは、必要不可欠なビジネスプロセスを支えており、93%の企業が財務管理に、73%の企業が顧客トランザクションシステムにメインフレームを使用しています。

デジタル・トランスフォーメーションでは、ワークロードを最も適した場所で実行する必要があり、そのためにはハイブリッドクラウドのアプローチが必要となります。3年後には、大手企業の70パーセント近くが、オンプレミスのデータセンター、メインフレーム、プライベートクラウド、パブリッククラウド、エッジコンピューティングなど、独自の構成のデータおよびコンピューティング環境を運用していると予想しています。

ハイブリッドクラウドのアプローチを採用することで、ITリーダーはメインフレームの安定性とセキュリティの恩恵を受け、クラウドへの投資から最大限の価値を引き出すことができます。アプリケーションがプラットフォーム間で接続されるようにするためには、メインフレーム・アプリケーションをモダナイズすることが重要です。ミッション・クリティカルなメインフレーム・アプリケーションをモダナイズすることは、アプリ開発手法の変革につながり、柔軟性とイノベーションを促進するDevOpsやその他のアジャイルな手法の採用を可能にします。

BNP Paribasのような金融サービス業界の企業は、メインフレームの開発環境をモダナイズすることで、製品開発へのアプローチ方法を発展しています。BNP Paribasは、オープンソース・ツールに支えられた統合開発環境を導入しました。コスト削減と高品質な開発を両立させるために、最新の環境を導入することで、より効率的な開発とテストが可能になり、新しい開発者の獲得にもつながります。また、開発者の自主性を高め、ツールの標準化を図ることで、開発者にとっての魅力とコードの品質を向上させています。

BNP Paribasは、TCOの削減と俊敏性の向上を実現する最新のメインフレーム・ツールとテクノロジーを活用している数多くの企業の1つです。IBM Zのエコシステムは、世界中の企業の変革を後押しする革新的なソリューションを提供しています。IBM Zの次世代OSであるIBM z/OS V2.5のリリースでは、高性能なAI機能や、プラットフォーム上での迅速な製品開発をサポートする新機能が導入されています。

継続的イノベーションの必要性を認識しているITエグゼクティブの86%は、変化する顧客の期待値より先行するために、組織がデジタル・トランスフォーメーションを加速する必要があると述べています。メインフレーム・アプリケーションをモダナイズし、ハイブリッドクラウド環境で新しいアプリケーションと統合することで、企業は競争上の優位性を作るか、または維持し、非常にコストのかかる基盤アーキテクチャーの変更を回避することができます。

モダナイゼーションの旅の最初のステップは、段階的な計画を構築することです。IBM Zでのアプリケーション・モダナイゼーションの詳細については、こちらのサイトをご覧ください

(*1)IBM Institute for Business Value (IBV)は、IBMのビジネス・シンクタンクであり、重要な業界固有の問題や全業界に共通する企業経営の課題に関して、事実に基づく戦略的見識を経営者の方々に提供しています。IBM Zでのアプリケーション・モダナイゼーションに関するITエグゼクティブ対象の調査とレポートの詳細は、IBV 提供のPDFレポート“Application Modernization on the Mainframe “ (英語版) をご覧ください。


本記事は「 Flexible, agile, and secure: modernizing applications with IBM Z」を抄訳したものです。


More IBM Z stories

IBM Z のAI革新とOpen Neural Network Exchange (ONNX)の活用

AIとアナリティクスを使用することにより、ビジネス・ワークロードに新しい洞察とより良い意思決定をもたらし、進化して行くという事を多くの方々が認識しています。IBM ZおよびLinuxONE上におけるAIの実現は、IBMに […]

さらに読む

IBM Z 移行の勘所 – お役立ちブログ情報編

IBM Z をご愛顧いただいているお客様、また IBM Z の導入、展開、移行に際しお世話になっておりますビジネスパートナー向けに、このたび、IBM Systems Japan Blog に IBM Z 移行に関するお役 […]

さらに読む

Red HatとIBM Zでさらに加速するアプリケーション開発

アプリケーションの開発・展開を加速させ、さらに大規模なシステムを管理するにはどうすればよいのか。 これは、ハイブリッドクラウド時代に世界中の企業が直面している課題であり、ITインフラをIBM ZやLinuxONEを活用し […]

さらに読む