Flash storage

フラッシュとソフトウェアの広範囲にわたる革新

記事をシェアする:

IBMは大きな影響力と研究開発力を持つ企業の1つであり、IBMのストレージ製品とストレージ・ソフトウェア製品は、研究開発とイノベーションに対する卓越したコミットメントの恩恵を受けています。

今週、IBMは、テクノロジーの広範な進化、新しいストレージ・システム、ソフトウェア・ソリューションの強化を発表しました。

新たなIBMのストレージ・ソリューションは、お客様に強力な価値を提供するとともに、製品ポートフォリオの継続的な強化によって、業界をリードする変革者としてのIBMの地位を強固にします。[1]

「”性能”、”シンプルさ”、そして”俊敏性”は、今日のエンタープライズ・ストレージ市場全体で流行している言葉です。」と、Tanejaのシニア・アナリスト Jeff Katoは語っています。「しかし、エンタープライズ・ストレージのリーダーであるIBMが最近発表した画期的な技術革新の数々は、これらの言葉通りのメリットを顧客にもたらすように、具体的な開発目標に変換している証しです」。

今回、新たに以下の機能が、受賞歴のあるIBMオール・フラッシュ・ストレージやコンバージド・インフラストラクチャーのVersaStack、IBM Spectrum Storageソフトウェアに追加されました。

  • IBM FlashCoreテクノロジーは、エンハンスド3D TLCへの移行を行いました。ワークロードに対して一貫したデータ削減効果を提供するインライン・ハードウェア・データ圧縮機能の提供によって、CAPEXおよびOPEXの削減、システムやデータセンターの投資対効果(ROI : Return on Investment)の向上、ストレージ密度の向上を実現します。
  • IBM FlashSystem A9000とFlashSystem A9000Rは、可用性や信頼性を高める機能であるIBM HyperScaleを拡張し、既存のIBM XIV Storage Systemの活用・統合を容易にします。
  • IBM FlashSystem V9000は、仮想化によって複数ストレージ・ベンダーの400を超えるストレージ・システムにデータサービスを提供しながら、効率と柔軟性を向上させるためにスケールアップとスケールアウトに関する新しいオプションを提供しています。
  • 新たなソフトウェア製品であるIBM Spectrum Virtualize for Public Cloudは、オンプレミスのストレージとIBM Cloudとの間で、ほぼリアルタイムの災害対策、データの複製や自動移行を可能にします。
  • DockerおよびKubernetesコンテナの永続的なストレージ・サポート、拡張されたSKLMサポート、拡張されたGUIを提供します。
  • IBMとシスコが提供するVersaStackは、IBMのオールフラッシュにおける機能強化のすべてを享受します。
  • IBMは、迅速な課題解決、顧客体験の向上、システム可用性の向上、IBMストレージ・ソリューションに対する信頼を提供するために、コグニティブやAIに対応した製品や顧客サポート・サービスを、今後も追加する予定です。

これらの発表で最も印象的な点は、IBMが提供する製品ポートフォリオ全体にわたる継続的な革新の幅広さと深さです。 オールフラッシュ・アレイは、アプリケーションとワークロードのコスト・メリット、可用性と信頼性の向上、NVMeへの対応、マイクロ秒の応答性能を提供します。そして、多くのサービスがクラウドから利用可能となりました。 また、AI機能は、現在の運用データを通じた対策を見つけ出せるため、迅速で、信頼性高く、管理しやすく、コストを削減する方向へと今後のソリューションは変わり続けます。

これは、IBMのようなテクノロジー企業だけが提供できるものであり、お客様および弊社ビジネス・パートナーにとってのメリットです。

「フラッシュ、Software Defined Storage、コンバージド・インフラストラクチャーは、今日のエンタープライズ・ストレージ市場で最も注目されているテクノロジー動向です」と、長年にわたりIBMビジネス・パートナーであるノルディスク・システムズのセールス担当バイスプレジデントであるアンドリュー・エドガー氏が語ります。「IBMは、業界をリードし、素晴らしいビジネス成果をもたらすソリューションを提供しています。先ほど述べた3つのテクノロジーは、VersaStackに統合されています。 IBMは、コグニティブに関する革新を、製品ポートフォリオ全体にもたらしています。 信じられないほどの革新とコミットメントに基づく、膨大なソリューションを提供してくれています」。

IBMのオールフラッシュ ストレージの詳細はこちらをご覧ください 。

[1]IBM プレスリリース:IBM、ソフトウェア・デファインド・ストレージ・ソフトウェアの世界市場において第1位に

More Flash storage stories

ひとりぼっちになった運用チーム

軽く見られがちなシステム運用業務 「運用なんて、ひとりでできるよね?」「え…」 出典:ジャン=レオン・ジェロー […]

さらに読む

IBM Zがクラウドへの旅を加速する

めまぐるしく変化する世界では、将来をしっかり見据えている企業は、常にお客様に満足いただきながら革新することを目 […]

さらに読む

災害対策は万全にね。でも予算カットね。

情シス部のストレージあるある悩みを、名画に絡めで解説する【IBM 名画ギャラリー】。ギャラリーオーナー、猫、美 […]

さらに読む