IBMストレージ米国開発拠点ツアー・レポート

2019年11月、米国ニューヨークとアリゾナを訪問した、開発拠点ツアー。IBM経営戦略から、IBM Z、Power Systems、ストレージ最新動向に加えて量子コンピューターの話まで、多岐に渡るセッションを現地の様子とともにレポートします。

フラッシュ・ストレージと物理磁気テープの最新技術動向

ストレージ米国開発拠点ツアー・レポート第3弾は、3日目にツーソンで行われたストレージ関連のセッションから「FlashSystemとStorwizeの最新技術動向」と「物理磁気テープ・ストレージの最新技術動向」の2つのセッ […]

さらに読む

エンタープライズ・ストレージの開発戦略

ストレージ米国開発拠点ツアー・レポートの最終回となる第4弾は、3日目にツーソンで行われたストレージ関連のセッションから「エンタープライズ・ストレージの開発戦略」、「DS8000最新動向」、「仮想テープ・ソリューション最新 […]

さらに読む

IBMストレージ戦略とソリューション

ストレージ米国開発拠点ツアー・レポート第2弾は、3日目にツーソンで行われたストレージ関連のセッションから「データドリブンなマルチクラウド・ストレージ戦略」と「IBMストレージ・ソリューション」の2つのセッションのサマリー […]

さらに読む

ハイブリッド・マルチクラウド時代の IBMストレージ戦略と最新技術を実感

2019年11月17日から23日にかけて「ストレージ米国開発拠点ツアー」が開催されました。初日はニューヨークのIBM本社でIBMの企業戦略やIBM Systems、ストレージ戦略、研究開発ビジョン、2日目は“メインフレー […]

さらに読む