IBM Power

2022年10月〜12月分 IBM ITインフラ 特製カレンダー壁紙

記事をシェアする:

*現時点では、2023年のカレンダー壁紙の制作は予定しておりません。

PCの壁紙としてご利用いただける、2022年10月〜12月のIBM ITインフラ 特製カレンダー(IBM Design Language準拠)を公開します。

10月から12月のカレンダーでは、本年7月に発表されたIBM Power新製品(IBM Power S1014IBM Power S1022IBM Power S1024IBM Power E1050)の画像を用いています。

そして、当記事の公開日が7月中旬であることから、IBM Powerの新製品画像を用いた7月から9月のカレンダー壁紙も用意しました。また、当カレンダーには、「ジュリアン・デート」が併記されております。

*画像は「.JPG」形式で、サイズは、1920ピクセル ☓ 1080ピクセルです。

7月からIBM Powerのカレンダー壁紙をご利用になりたい方は、以下をご利用ください。

*IBM z16を用いた2022年7月〜9月のカレンダー壁紙は、こちらの記事で公開しています。

2022年10月のカレンダー壁紙画像

2022年10月。IBM Power S1022(上)とIBM Power S1024(下)。


2022年11月のカレンダー壁紙画像

2022年11月。タワー型筐体のIBM Power S1014。*ラック型筐体もあります。


2022年12月のカレンダー壁紙画像

2022年12月。IBM Power E1050。


2022年7月のカレンダー壁紙画像

2022年7月。IBM Power S1022。


2022年8月のカレンダー壁紙画像

2022年8月。ラック型筐体のIBM Power S1014。*タワー型筐体もあります。


2022年9月のカレンダー壁紙画像

2022年9月。IBM Power S1024。


当カレンダーに併記されている「ジュリアン・デート」は、1月1日から数えて何日目という経過日数と、12月31日までの残り日数が記されます。たとえば、2022年1月10日は、1月1日から数えて10日目なので「10/355」のように記され、1月10日以後の年内の残り日数が355日であることがわかります。

12月31日は年の最後の日なので「365/0」のように記されます。特に、IBMのメインフレームを運用されているお客様は、ジュリアンデートを、日付の管理や計算をする際の参考にしていただけます。

関連情報


More IBM Power stories

IBM Power Salonのご案内〜毎月第2水曜日9時開催〜

「IBM Power Salon」それは、IBM Powerユーザーのための自由な語り場 日本IBMは、「IBM Power Salon」を2021年11月に開設いたしました。これは、IBM Power事業部が主催し、I […]

さらに読む

IBM Power10 Advantageのご案内

常に変化し持続可能性が求められる時代において、デジタル変革を加速し、新たなビジネス価値を生み出す取り組みはもはや必要不可欠です。そうした中、その実現を支えるIT基盤が果たす役割も再定義され、可能性も広がり、選択肢も急速に […]

さらに読む

IBM Power プロセッサー搭載サーバーの、省エネ法に基づく、エネルギー消費効率

当記事では、IBM Power プロセッサーを搭載するサーバー製品の、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」(以下省エネ法)に基づく、エネルギー消費効率を明示します。 エネルギー消費効率とは、中央演算処理装置、補助記 […]

さらに読む