Takumi Kurosawa

株式会社ニイタカがIBM iで「2025年の崖」を問題解決しながら「DX推進」

「2025年の崖」の典型的な壁に直面しながら、DX推進を一歩一歩と確実に歩む株式会社ニイタカ。基幹業務の中核となるIBM i とともに課題に立ち向かい、変革を推進してきた熱き情報システム部長 川端氏に、IBM Syste […]

さらに読む

iF DESIGN AWARD 2021をIBM z15が受賞

「デザイン界におけるオスカー賞」とも称されている国際的なデザイン賞「iF DESIGN AWARD」。 このたび、進化を続けるメインフレームであるIBM Zの最新製品「IBM z15」が、プロダクト部門で「iF DESI […]

さらに読む

4月なのでIBM Power Systemsの発表当時を振り返る

POWER10プロセッサー搭載サーバーの年内発表を控えているIBM Power Systems。改めて、IBM Power Systemsを紹介するにあたり、初めて発表された当時の状況をIBM Power Systems […]

さらに読む

2021年 IBM ITインフラ 特製カレンダー壁紙

日本IBMは、PCの壁紙としてご利用いただける「2021年 IBM ITインフラ 特製カレンダー」を制作しました。 当カレンダーには「ジュリアン・デート」が併記されています。ジュリアン・デートは、1月1日から数えて何日目 […]

さらに読む

コンテナおよびハイブリッドクラウド向けのシンプルなストレージ

本日、IBM は弊社ストレージ製品およびデータ保護ソリューションの新機能と機能拡張を発表しました。これらの機能拡張は、急速に普及するRedHat OpenShift をはじめとするコンテナおよび Kubernetes の […]

さらに読む

Linux on ZとLinuxONEがクラウド上のデータを常時保護

次世代IBM Zの開発初期だった2017年に得た多くのお客様からのフィードバックから、極めて重要なワークロードの大半がパブリッククラウドに移行されていないことがわかりました。お客様は、パブリッククラウドのセキュリティー、 […]

さらに読む

AI活用から遠そうで近いもの

経済産業省がDX推進ガイドライン(*)を公表するなど、デジタル技術活用の機運が高まっている。多くの企業が取り組もうとしているデジタル技術の1つはAIだが、「何が必要なのか」「何から着手するべきか」など分からないことが多い […]

さらに読む

スケールアップ・サーバーが加わったPOWER9プロセッサー搭載サーバーのラインナップ

2018年8月、IBM POWER9プロセッサーを搭載するスケールアップ・サーバー IBM Power System E980とIBM Power System E950が、IBM Power Systemsのラインナッ […]

さらに読む

NVMe対応オールフラッシュストレージがもたらす価値

2018年7月10日、IBMは、NVMe対応のオールフラッシュ ストレージ製品「IBM FlashSystem 9100」を発表しました。 これまでのIBM FlashSystemとの大きな違いは、フラッシュストレージの […]

さらに読む