IBM LinuxONE

IBM LinuxONE III ExpressとクラウドのようなTailored Fit Pricingの発表

記事をシェアする:

IBM Z®は好調です。ここ一年、IBM Confidential Computing(コンフィデンシャルコンピューティング)機能への新たな関心とデジタル資産の保管などの新しいワークロードによって、IBM Zプラットフォームに関する成長と期待が高まっています。85 件のお客様が、 Red Hat OpenShift on IBM Z and  LinuxONEの機能評価(POC)を積極的に実施、あるいは計画しています。実際、Forrester Consultingがデロイトに代わって行った最近のレポート[1]によると、回答者の74%は、メインフレームが組織の戦略的プラットフォームとして長期的な成長能力を持っていると考えています。

多くのお客様にとって、COVID-19パンデミックは、当社のプラットフォーム上でワークロードの増加を加速させることになりました。お客様は、金融取引の複雑さの増加やオンライン小売取引の増加など、消費者行動の変化に伴う新たなビジネス上の課題に直面しており、予測可能で回復力があり、安全な方法でビジネスの急増を管理するためにIBM Zに関心を寄せています。実際、IBM Zのお客様は、2019年第1四半期と比較して、On/Off Capacity on Demand機能により、合計4倍以上の汎用プロセッサ処理能力を一時的にアクティブ化し、最大9.9兆件以上のトランザクションを処理するのに十分な処理能力を追加しました[2]。

しかし、それはIBM Zファミリーが現在の大企業だけのためにあることを意味するものではありません。これまで何度も紹介したように、KodyPayやIlara Healthのようなスタートアップ企業や、LinuxONEにセキュリティの能力を期待し、ハイブリッドクラウドの市場で競争力のある差別化製品として使用しているCognition Foundryのようなビジネスパートナーと話すことに多くの時間を費やしてきました。

このことを念頭に置いて、本日は新しいエントリーレベルのLinuxONEハードウェア製品、IBM LinuxONE III Express、およびIBM Zハードウェアの新しい柔軟な価格モデル、Tailored Fit Pricing for IBM Z-ハードウェア使用量ソリューションを発表しました。これは、IBM DS8910FストレージとIBM Z15モデルT02フレームの緊密な統合という先週の発表に続くものです。

 

IBM LinuxONE III Expressの発表

IBM LinuxONE III Expressは、スタートアップ企業、ビジネスパートナー、ISV向けの既製の構成で提供され、加速的に迅速に稼働を開始できるように設計されています。

135,000 米ドル[3]の価格から始まる LinuxONE III Express は、データ・サービスや Red Hat OpenShift® を含む、最も一般的なワークロードに対する新しいコスト効率®の高い製品として提供されます。IBM の内部テストによると、WebSphere および Db2 ワークロードを実行する 12 コアの IBM LinuxONE III Express サーバーは、x86 サーバーと比較して 18.7 倍少ないコアを必要とし、3 年間で 57% 低い TCO を提供します[4]。

5月25日に出荷開始されるLinuxONE III Expressには以下の特徴があります。

  • パブリック クラウドの代わりとして、ほとんどのワークロードに適合する3 つのサイズの構成
  • 価値の向上:分かりやすい価格の単一の構成により、サーバーの迅速な提供と導入が可能になります。
  • Confidential Computing機能:お客様が最高のプライバシーの商用レベルでIBM Cloud Hyper Protect Servicesを活用することができます。

この発表により、LinuxONEがスタートアップ企業やISVへの導入を拡大する機会が得られますが、IBM Zのお客様がプラットフォーム上でコストと生産性を最大限に高めるため、新しい価格モデルも発表しています。

 

ハードウェアの価格設定に関する柔軟性の拡大

2019年5月にTailored Fit Pricing for IBM Zを発表して以来、Dillard’sなどの100以上のお客様[5]が、IBM z/OSワークロードに対して、この柔軟でと透過的な消費量ベースの価格設定を提供するIBM Zソフトウェアのクラウドのような方法による価格設定モデルを利用してきました。

本日は、ハードウェアの新しい補完的なクラウド的価格モデル、Tailored Fit Pricing for IBM Z – Hardware Consumption Solutionを発表することで、この一歩を踏み出します。 IBM Z ソフトウェアのTailored Fit Pricingと組み合わせることで、お客様がビジネスの動的なワークロードやニーズの変化に迅速に対応できるように、ソフトウェアからハードウェアに至る統合的なアプローチを提供しています。

最近のParkMyCloudの調査[6]によると、無駄なクラウド支出は2021年までに210億ドルに達すると予測されており、多くの場合、ますます増えつつある「突発的」ワークロードと予期せぬ容量要件の増加によって押し上げられます。

今日の発表は、使用量ベースの消費モデルをハードウェアに導入することで無駄なクラウド支出と不確実性を抑え、お客様が一時的なピーク時のビジネス ニーズを満たす使用量ベースの課金モデルを備えた予備容量を常時確保することで、ハードウェア全体の価格の予測可能性を高めます。Tailored Fit Pricing for IBM Z – Hardware Consumption Solutionにより、お客様は、潜在的に高騰する可能性のあるクラウドコストに対処しながら、ビジネスの需要を満たすためにスケールアップできるようになりました。

「お客様のニーズ、市場の変化、新しい規制に応じて、当社のビジネスニーズは絶えず変化しています。IBM Zは当社の業務において重要な役割を果たしており、オンラインバンキングや即時支払いによる急激な作業負荷の急増に対し、迅速に拡張し、高品質の顧客サービスを提供することができます。Tailored Fit Pricing for IBM Z – Hardware Consumption Solution は、クラウドのような方法で最適なビジネスパフォーマンスを実現する柔軟で透明性の高い価格設定ソリューションを提供するので、我々は使用した量のみの料金を支払うことになります」と、ヨーロッパの大手銀行は述べています。

>>詳細はこちらをご覧ください

IBMの将来の方向性と計画に関する記述は、予告なしに変更または撤回される可能性があり、目標と目的のみを表します。


本記事は「 Announcing IBM LinuxONE III Express and cloud-like Tailored Fit Pricing」を抄訳したものです。


 

[1]出典:フォレスター・コンサルティングがデロイト・コンサルティングLLPに代わって実施した委託調査 / 2020年6月[2] On/Off Capacity on Demandの容量アクティベーション情報は、2019年1月から3月まで、および2021年1月から3月までのユーザー所有容量レベルを超える一時的なアクティベーションのIBM社内記録に基づいています。潜在的なトランザクション見積もりは、専用の z15 環境における CICS ワークロードの IBM 内部測定値と、お客様の所有容量レベルを超えるすべての一時的な活動化からアクティブ化された汎用 CP の合計容量の増加に基づいています。[3] この価格は、基本ハードウェアの構成を反映し、追加の項目、メンテナンス、オペレーティングシステムまたは他のソフトウェアは含まれません。すべての価格は米ドルです。表示される価格には税は含まれていません。価格は国や通貨によって異なります。[4] これは、市場における典型的な IBM 顧客ワークロードの使用を再現した IBM 社内調査によるものです。結果は異なる場合があります。ワークロードは、WAS で実行されるトランザクション・コア・バンキング・アプリケーションと Db2. コア・バンキング・アプリケーションの 8 つのインスタンスが、開発/テスト/QA 環境を表す 4 つのインスタンスと、実稼働環境を表す 4 つのインスタンスで実行されました。開発/テスト/QAおよび実稼働環境は、ITエコノミクスのクライアント評価x86ワークロードデータに基づく3%から20%の使用率の範囲で、CPU使用率レベルによって区別されました。平均総スループットは、内部調査の両方のプラットフォームのすべてのインスタンスで 5% 以内でした。LinuxONE では、銀行業務アプリケーションは、4 GB と 16 GB のメモリを搭載した 2 つの LPAR で RHEL 7.6 で実行され、4 つの仮想 CP は、ワークロードを提供するために必要な LinuxONE コアの総数は 20 でした。x86 で同じワークロードスループットを達成するために、バンキング アプリケーションは 24 プロセッサのSandy Bridge, Haswell, Broadwell x86 システムの合計 24 台で実行され、2.4 ~ 3.2 GHz の速度は合計 448 コアでした。実際のテストは、12 コアで構成された場合、LinuxONE III LT2 Expressのパフォーマンスの 3% 以内に評価されている z14 M04/LinuxONE Emperor II で実行されました。x86 環境と LinuxONE 環境の両方が同じストレージアレイにアクセスできました。総所有コストは、ハードウェア、ソフトウェア、労務、ネットワーキング、フロアスペース、エネルギーコストを3年間で含むように定義されています。IBM ソフトウェアの価格は、40% の割引で、米国の標準の定価に基づいています。LinuxONE Express、RHEL、z/VMの価格は2021年5月時点の米国価格に基づいており、x86ハードウェア価格はIDCから2021年4月時点の米国価格に関するIBM分析に基づいています。フロア・スペース、ネットワーキング、エネルギー、労力、その他のx86ソフトウェア・コストは、お客様向けのIBM ITエコノミクスの評価データに基づいています。TCO モデルの詳細については、IT の IBM IT エコノミクス・チームにお問い合わせください。Economics@us.ibm.com[5] 内部 IBM 評価に基づく [6]  ParkMyCloud 2020 Cloud Wasteチェックリスト (https://www.parkmycloud.com/collateral/the-cloud-waste-checklist/)


More IBM LinuxONE stories

柔軟性、アジャイル開発、そして安全性を実現する、IBM Zでのアプリケーション・モダナイゼーション

この2年間で、IT企業の経営者にとっての優先事項は変わりました。従来からのビジネス・スタイルから、デジタル・トランスフォーメーションへの急速なシフトへと、パンデミックの影響は計り知れないものがあります。このようなデジタル […]

さらに読む

IBM Z 移行の勘所 – お役立ちブログ情報編

IBM Z をご愛顧いただいているお客様、また IBM Z の導入、展開、移行に際しお世話になっておりますビジネスパートナー向けに、このたび、IBM Systems Japan Blog に IBM Z 移行に関するお役 […]

さらに読む

メインフレーム(IBM Z)の潜在能力の発揮

メインフレームは現在も企業の IT システムの極めて重要な役割を担う戦略的システムです。多くの大企業のアプリケーション資産において、高い割合のコア・ビジネスのアプリケーションおよびワークフローがメインフレーム上で実行され […]

さらに読む