IBM Z

Red HatとIBM Zでさらに加速するアプリケーション開発

記事をシェアする:

アプリケーションの開発・展開を加速させ、さらに大規模なシステムを管理するにはどうすればよいのか。

これは、ハイブリッドクラウド時代に世界中の企業が直面している課題であり、ITインフラをIBM ZやLinuxONEを活用し、アプリケーションを最新化しようとしている企業も含まれます。

Red Hat OpenShiftは、IBM ZやLinuxONE上での勢いを増しています。そして、Red Hat OpenShift 4.9の発表は、過去数ヶ月間にIBM ZおよびLinuxONE向けのRed Hat OpenShiftエコシステムで何が起こっていたかを振り返る最適の機会です。Red HatとIBMのソフトウェアだけでなく、さまざまなオープンソースプロジェクトやISVアプリケーションを含むエコシステムなのです。

次のステップ

Red Hat OpenShiftは拡張を続け、新しい機能を追加しています。OpenShiftの最も興味深い開発方針の1つは、x86のみの開発から多様性あるマルチアーキテクチャーの開発へと転換していることです。これには、IBM ZやLinuxONEだけでなく、クラウドやデータセンターと同様に重要度が増している新興のエッジコンピューティング市場におけるArmやIBM Powerも含まれています。

IBM ZおよびLinuxONE向けに提供されているRed Hat OpenShift 4.9には、複数のネットワーク・インターフェース・カード(Multi-NIC)のサポートが含まれており、内部および外部のパフォーマンスを向上させ、ネットワークの分離を実現し、バックアップ機能を強化することができます。

IBM ZとLinuxONEの強みの一つは、高度なセキュリティ機能であり、IBM Crypto Expressカードは、高速なハードウェア暗号化を提供するとともに、キーをハードウェア・セキュリティ・モジュール(HMS)に保護します。Red Hat OpenShiftのCrypto Expressカードへの対応は、今年後半に提供されるRed Hat認定のコンテナを通じて提供される予定です。Red Hat OpenShiftとIBM Zの暗号化ハードウェアというユニークな組み合わせは、高度に差別化された強固なセキュリティー・ソリューションを実現します。

データ&AI

10月から提供されているIBM Cloud Pak for Data on IBM Z and LinuxONEの最新版には、IBM Watson Studioが搭載されています。これにより、機械学習モデルをIBM ZとLinuxONE上で構築し、デプロイすることが可能になります。ZおよびLinuxONE上のOpenShiftアプリケーションに人工知能と機械学習機能を導入することは大きな進捗であり、システムにおける不正を減らし、制限されていたデータの価値を引き出すのに役立ちます。

9月から提供されているIBM ZおよびLinuxONE向けに提供されるRed Hat OpenShift Data Foundation 4.8は、IBM ZおよびLinuxONE上のクラウド・ネイティブなミッションクリティカル・ワークロードのために、オブジェクト・ストレージ、ダイナミック・プロビジョニング、ネットワークが制限された環境でのインストール、DASDサポートなど、継続的にストレージやその他のデータ・サービスを提供していきます。

インテグレーション

IBM Cloud Pak for Integrationは、最新バージョン(2021.3.1)にアップデートされ、IBM ZおよびLinuxONEのサポートも更新されました。 Red Hat OpenShiftをベースに、IBM MQおよびMQ Advanced、Platform Navigator、App Connect、Aspera High Speed Transfer Server、KafkaベースのEvent Streamsなどのテクノロジーを使用して、アプリケーションの非同期接続を可能にします。

マネジメント

IBM ZやLinuxONE上のOpenShiftワークロードの規模が大きくなると、その規模に応じた管理ツールの必要性が高まります。

Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetesは、バージョン2.2以降、IBM Z上のクラスタやコンテナを「manage-to」モードで管理することができましたが、これは管理コンソールがx86システム上で動作することを意味します。今回、Red Hat Advanced Cluster Management 2.4(Red Hat OpenShift 4.9に対応)では、「manage-from」モードが追加され、管理コンソールをIBM Z上でも実行できるようになりました。これにより、IBM Z上のRed Hat Advanced Cluster Managementが、x86、IBM Power、パブリッククラウドのインフラ上で稼働するOpenShiftクラスタを管理することで、シームレスなハイブリッドクラウド管理を実現します。

これを補完する「IBM Cloud Pak for Multi Cloud Management」は、仮想マシンを管理し、IBM ZとLinuxONE上で「Manage-to」モードでクラウドオートメーションを実現するために、複数のクラウド間で一貫した管理手法を提供します。

IBMが最近買収した、アプリケーションの見える化と管理を目的としたInstanaは、IBM Zをサポートし、モバイルからエンタープライズまでの可視化を提供します。Instanaは、IBM ZやLinuxONE上で動作するOpenShiftアプリケーションを、同じく「manage-to」モードで監視することができます。

また、IBM ZとLinuxONE上の従来のワークロードとクラウド・ワークロードの両方のインフラストラクチャを管理するIBM Cloud Infrastructure Centerで、ブロック・ストレージのプロビジョニングにIBM Spectrum Scaleを使用できるようになったほか、IBM z/VM仮想マシンのファブリック・ゾーニングをサポートします。

エコシステム

IBM ZおよびLinuxONE上で稼働するRed Hat OpenShiftをサポートする独立系ソフトウェアベンダー(ISV)およびアプリケーションプロバイダーのエコシステムは、拡大を続けています。

その中には、今年初めに次世代のコアバンキングソリューションであるTemenos TransactをOpenShift on IBM Z and LinuxONE上で提供することを発表したTemenos社も含まれています。Red Hat OpenShift on IBM Z and LinuxONEを組み合わせることで、銀行は既存のインフラを活用しながら、顧客に新しいサービスを提供することができます。

他にも、以下のようないくつかのソリューションパートナーのアプリケーションが、Red Hat OpenShift for IBM ZおよびLinuxONE上で提供されています。

  • TechnisysやInfosys Finacleなどのコア・バンキング・アプリケーション
  • Backbaseなどのデジタル・バンキング・エンゲージメント・アプリケーション
  • ZafinやSunTec Xelerateなどのリレーションシップベースの価格体系および製品アプリケーション
  • Vestigo、Fioranoなどの決済アプリケーション
  • Fujitsu Enterprise Postgresなどのデータベース管理アプリケーション

さらに詳しく

クラウド・ネイティブ・アプリケーションの開発を加速させることと、IBM ZやLinuxONEのエンタープライズ向けの強みを組み合わせたいという思いから、IBM ZやLinuxONE上のRed Hat OpenShiftエコシステムは成長を続けています。

詳細は、IDCが提供する新しいホワイトペーパー「Building the Open Hybrid Cloud: Red Hat OpenShift, Enterprise Linux, Ansible on IBM Z, LinuxONE, and Storage」(PDF)や、「クラウドネイティブ」のウェブサイトでご覧いただけます。


本記事は、「Accelerate application development with Red Hat and IBM Z」を抄訳したものです。

More IBM Z stories

消費電力削減を目指す次世代LinuxONEサーバーを発表

2022年9月13日(US時間)、持続可能性、安全性、拡張性の高いインフラストラクチャーとして、LinuxONEサーバーの次世代モデルである「IBM LinuxONE Emperor 4」を発表しました。当記事では、IB […]

さらに読む

緊急公開:IBM LinuxONE版 2022年10月〜12月のIBM ITインフラ 特製カレンダー

*現時点では、2023年のカレンダー壁紙の制作は予定しておりません。 Linux専用サーバーの新製品 IBM LinuxONE Emperor 4が発表されました。(ニュースリリース) そこで、LinuxONE Empe […]

さらに読む

IBM Z 移行の勘所 – お役立ちブログ情報編

IBM Z をご愛顧いただいているお客様、また IBM Z の導入、展開、移行に際しお世話になっておりますビジネスパートナー向けに、このたび、IBM Systems Japan Blog に IBM Z 移行に関するお役 […]

さらに読む