Cross Systems

ITインフラストラクチャーを強化する6つの方法

記事をシェアする:

AIやクラウドといったテクノロジーは、コンピューティングやストレージの要件から開発者向けのツールに至るまで、ITのあらゆる面に強大な影響を与えています。このような状況を鑑みると、今後、調達するハードウェアは現在のニーズに対応するだけでなく、新たに登場するテクノロジーにも対応可能であることが必要です。ITインフラストラクチャーを評価する際に、前述したような考え方を念頭に置いていただくと、刷新するべき領域とIBMがご支援可能か否かが明確になります。

クラウドを有効にする

ITインフラストラクチャーをクラウドに移行する場合、柔軟な消費モデル、顧客ニーズの変化、クラウド・ベースのアプリケーション開発に対応可能な能力が必要です。開発者は、慣れ親しんでいるオペレーティング・システムやプログラミング言語が使用できるとともに、最新のオープンソースのソフトウェアやツールにアクセスして生産性を最大化できるプラットフォームが必要です。

IBMは、上述したニーズを満たすクラウド対応のサーバーを提供しています。

IBM Power Systemsは、クラウドへの移行を実現するオペレーティング・システムとプログラミング言語を提供する設計です。そして、IBM Zは、オープンで安全なハイブリッド・クラウド環境を提供して、アジャイル開発やコラボレーションを容易に実現します。

クラウド対応とは、「企業が活用するアプリケーションの価値の最大化」、「セキュアなコンテナ・テクノロジーとマイクロ・サービスで、クラウド・サービスに接続」、「新たなサービスを迅速に提供」を実現するシステムであることも意味しています。

AI導入に向けて準備する

今日、ディープラーニング、機械学習、AIは利用しやすくなっています。そして、優れた戦略を実施して企業価値を高めるために、これらのテクノロジーの活用を検討する企業が増えています。

最優先事項は、AIが企業にとって実用性があるか否かを検証する実証実験の実施ですが、実際にAIを導入する準備が整った際には、適切なアーキテクチャーのプロセッサーとサーバー・ハードウェアの選定が不可欠です。IBM Power Systemsであれば、データサイエンティストが必要とするパフォーマンスの提供と最先端のAIによる革新が可能ですし、IBM PowerAIを活用することでAIに最適化された環境の迅速な導入が行えます。

データを把握する

ビジネスはデータによって推進されており、競争上の優位性を確保する観点において、データの活用は非常に重要です。IBMが提供するストレージ・ソリューションは、お客様のデータに関する洞察の導き出しをサポートします。IBM Storage Insightsは、ストレージ環境全体に対する可視性を提供して、複雑なストレージ環境を管理するとともに、意思決定を支援します。クラウド・サービスとして提供されるIBM Storage Insightsは、データ管理に関するベストプラクティスとIBM Researchの独自の分析機能を組み合わせており、ストレージの管理に要する時間の節減やストレージ環境の最適化を可能にします。

ストレージ・オプションを検討する

今日、企業向けのストレージ製品は多様化しており、ワークロードやデータのタイプを考慮して、複数のオプションを考慮する必要があります。

  • フラッシュ・ストレージ
    使用頻度が高いデータに対する応答時間など、高性能アプリケーションの要件を満たすストレージです。IBMが提供するフラッシュ・ストレージには、インライン・データ削減などの機能が搭載されます。
  • Software Defined Storage(SDS)
    SDSはデジタル・トランスフォーメーションの基盤です。俊敏で操作性に優れたストレージ環境を提供することで、データの増加を管理し、マルチ・クラウドの柔軟性を実現します。
  • ハイブリッド・ストレージ
    システムのニーズに合わせて、ストレージ・メディアの組み合わせを調整および最適化することで、コストが管理できます。
  • テープ・ストレージ
    アクセス頻度が低いデータをテープに保管することで、データの経済性が向上します。IBMは、テープ・ストレージへの投資を継続しており、テープにハードディスクのような操作性を実現するIBM Spectrum Archive、テープ・ドライブ、テープ・ライブラリー、仮想テープ・システムを提供しています。

貴重なデータを保護する

デジタルトランスフォーメーションが進むにつれて、「信頼」は、デジタルによる経済を推進する「通貨」のような意味を持ちます。デジタルにおける信頼の獲得は、データが確実に保護されることから始まります。IBM z14が提供する全方位型暗号化機能は、アプリケーションを変更することなく、全てのデータを暗号化できます。

制約からの解放

IBM Zは、大規模なトランザクション・ボリュームを高速かつ信頼性高く、安全に処理するシステムです。そして、新世代のIBM Zは、単なるアップグレードではなく、新しい課題に対処するための高度な機能を搭載する、まったく新しいシステムです。IBM z14はデータを移動することなく機械学習が実行可能であり、速やかな洞察の獲得を実現します。すなわち、分析のためのデータを移動させる必要がありませんので、データがリスクに晒されることはありません。


新たなテクノロジーを活用するために、ITインフラストラクチャーの評価や更新を検討する場合は、ぜひ、上述したの6つの領域を念頭に置いてください。

IBM Systemsの主要なサーバー製品とストレージ製品のラインナップ

*本記事は、6 ways to enhance your IT infrastructureの抄訳です。


More Cross Systems stories

IBM AIXに蓄積されたデータをH2O Driverless AIで分析

IBM AIXは、ミッションクリティカルな業務システムに、安全性、拡張性、そして信頼性に優れたプラットフォーム […]

さらに読む

両者の強みを統合 – ハイブリッド・クラウドとエンタープライズITインフラストラクチャーの統合

ITの意思決定において、ハイブリッド・マルチクラウド環境でアプリケーション開発からワークロード配置まで、すべて […]

さらに読む

IBM LinuxONE III:プライバシーとセキュリティーを兼ね備えたクラウドのためのプラットフォームを発表

企業や顧客と話をしていると、企業がハイブリッド・マルチクラウド戦略を採用する一方で、セキュリティー、スケーラビ […]

さらに読む