Cognitive business transformation at IBM World of Watson

A version of this piece originally ran on the IBM Events Tumblr. Want to hear more from Paulo on this fascinating topic? Don’t miss his session this Monday at World of Watson. What are you most looking forward to at IBM World of Watson this year? “To share with clients how they can become architects […]

6 things you will learn about the connected economy: New research from Harvard Business Review

How can you achieve double-digit growth in the connected economy (CE)? Learning the answer to that question is just one of the six vital reasons to join me on Thursday 16 June 2016, for “Competing in the Connected Economy,” a Harvard Business Review live webinar and event. If you missed it, we have a link […]

IT after dark: lighting the way for business strategy

I recently had the opportunity to host a VIP roundtable discussion with 12 global, cross-industry executives, about the critical role of information technology (IT) in powering new business models and delivering better services in the connected economy. We talked about why IT leaders are the new service providers, how collaboration between IT and the business […]

Collaborating with IT leaders in the cognitive era

Ron Kline recently wrote about a shift in the role of the IT leader. He asserted that as global enterprises transform their digital infrastructures for cognitive and hybrid-cloud environments, IT leaders are increasingly becoming trusted C-suite advisors. Once viewed as backroom technicians, they are now central to business growth and market-driven innovation. Ron called this […]

Is your IT infrastructure ready for the cognitive era?

The digital economy is here and all businesses are becoming digital. This shift is changing how people and businesses act, interact and transact. Modern IT leaders must continue to be trusted service providers for the enterprise. More than that, they are enabling new services and business models by mastering hybrid cloud for this digital business […]

Colaborando con los líderes de TI en la era cognitiva

Ron Kline escribió recientemente acerca de un cambio en el papel del líder de TI. Él afirmó que a medida que las empresas globales transforman sus infraestructuras digitales para entornos cognitivos y de nube híbrida, los líderes de TI se están convirtiendo cada vez más en asesores de C-suite de confianza. Una vez vistos como […]

6 cosas que aprenderás sobre la economía conectada: Nueva investigación de Harvard Business Review

¿Cómo puede lograr un crecimiento de doble dígito en la economía conectada (CE)? Aprender la respuesta a esa pregunta es sólo una de las seis razones vitales para acompañarme el jueves 16 de junio 2016 en “Competing in the Connected Economy”, un webinar de Harvard Business Review en vivo. Si se lo perdió, aquí hay […]

Colaborando com líderes de TI para construir uma infraestrutura cognitiva

Ron Kline escreveu recentemente sobre a mudança no papel do líder de TI. Ele afirma que, a medida que as empresas transformam sua infraestrutura digital para ambientes cognitivos e de nuvem híbrida, os líderes de TI vão se tornando cada vez mais importantes para ajudar a linha de negócios a tomar decisões. Eles, que antes […]

既存のIT基盤はコグニティブ時代への準備はできていますか。

This is a Japanese translation of a piece authored by Paulo Carvao, General Manager of Hardware Sales for IBM. The original can be found here. デジタル経済はすでに始まっており、あらゆる企業がデジタル化を推進しています。デジタル経済へのシフトは、人と企業の行動、交流、取引のあり方を変化させてます。現代のITリーダーは、社内で信頼されるサービス提供者であり続けなくてはなりません。それ以上に、ITリーダーはデジタル・ビジネス変革を推進するためにハイブリッド・クラウド環境を使いこなし、新たなサービスやビジネス・モデルを実現しています。 しかし、すべての企業が一斉にデジタル化したら、どのように他社と差別化し、独自の競争力を築けばいいでしょうか?「デジタル」は今や目標ではなく、新たな時代のビジネスに必要な基盤となっています。私たちはこれをコグニティブ時代と呼びます。コグニティブ時代は、あらゆる場所でデータが溢れる世界であり、すべてのオブジェクト、製品、サービス、プロセスがコグニティブ機能を備え、ある意味、「考える」ことができる世界となります。これまでのプログラム可能なコンピューティングのみに頼るのではなく、IBM Watsonのようなコグニティブ・テクノロジーを利用した新世代のビジネスが切り拓かれるのです。ITを駆使して、取り込んだ大量のデータから学習し、判断できれば、ビジネスの可能性を阻む限界をより深く考えることができます。 私はかなり多くの時間を割いて、ユーザー企業や見込み客、ビジネス・パートナーと会っています。私たちは皆、目の前にある可能性に関心を抱いています。同時に、私たちはこれまで辿ってきた道のりについてその現実も理解しており、コグニティブ時代を実現するために必要なことについて現実的な視点を持ち合わせています。認知と知見はあらゆる形式のデータからもたらされます。構造化データや非構造化データ、機械が生成するデータ、オーディオやビデオなどです。人間は非常に直感的な認識を行ないますが、こうしたデータの80パーセント以上は、コンピューターやIT基盤では認識されていません。そのため、私たちの会話は自然と、データの利活用のために適した基盤を築くには何が必要なのかという点に移っていきます。土台となる基盤がなくては、必要なことを実現することはできません。 コグニティブ・ビジネスの実現には、工学やコンピューター科学のあらゆるレベルにおいて飛躍的進歩が必要となります。それは、プロセッサーからコンピューターの設計、ストレージ、ネットワーク、統合レイヤーに至るまで、企業のIT基盤のあらゆる面に関与します。コグニティブなワークロードの実行には、分散型デバイスやモノのインターネットと同様に、パブリックやプライベート、ハイブリッド・クラウドを含む幅広い技術的なエコシステムから得られる大量のデータを統合できるよう考え抜かれた基盤が求められます。適切なテクノロジーを適用したコグニティブ・システムは、人とコンピューティング・システムが交流、学習、意思決定を行ない、最終的に世界を変えていくような新たな機会を創造します。 信頼されるパートナーとして IBMでは数十年にわたってコグニティブ・コンピューティング・テクノロジーの基盤に取り組んできました。そして今、企業、行政、社会を変革する可能性を実際に感じています。すでに、ビッグデータをやっかいなものから機会へと変えたり、小児疾患を早期に診断できるよう医師を支援したり、よりスマートな都市づくりを実現する創造的なソリューションを提案しています。また、このテクノロジーのシフトは、ガンや気候変動からますます複雑化するグローバル経済まで、世界が直面する非常に根深く、体系的な問題に取り組む絶好の機会をもたらすと確信しています。 IBM Systems は、コグニティブ・ビジネスにパワーをもたらす革新的なサーバー、ストレージ、ミドルウェアをITリーダーに提供しています。サービスの迅速な提供に向けて、APIやコグニティブを使用・管理している広範なエコシステムの利用を促進し、IBM Systemsはイノベーションを加速させる能力を発揮します。 IBMテクノロジーは、ビジネスに関するリアルタイムな知見をより迅速かつ安全に提供する上で、中心的な役割を果たします。また、ユーザー企業がセキュアかつ予測可能で、高度な可用性を備えたサービスを企業内に提供できるよう、IBM Systemsがご支援します。たとえば、IBM POWER8 は、コグニティブ・コンピューティングの需要を満たすように設計されています。また、コグニティブ・ビジネスに求められる高度なデータ需要に対処するため、この5年間で10億ドル以上をSoftware Defined Storageに関する次世代テクノロジーの開発に投入することを表明しています。 IT基盤で世界を変える IBMとWatsonはすでに、銀行、保険、医療、小売のお客様をコグニティブ時代へと導いています。コグニティブな世界では、これまでは不可能だったことを理解し、考え、実行することを可能にします。気象、疾病、飢饉から犯罪、交通、天候まで、可能性は無限に広がります。 可能性の限界を打ち破り、業界を変革するために、IT基盤をどのように活用しますか?