IBM Cloud アップデート情報

IBM Cloud Kubernetes Service (IKS): ワーカーノードのオートスケーリングを一般提供開始

記事をシェアする:

IBM Cloud Kubernetes Service (IKS) のワーカーノードのオートスケーリングの一般提供開始のお知らせ

IBM Cloud Kubernetes Service (IKS) で、ワーカーノードのオートスケーリングが一般に利用可能となりました。本来、Kubernetes は、ポッドからの障害を検出して、そのワークロードを再展開する自己修復型のコンテナ・オーケストレーション・プラットフォームです。IBM Cloud Kubernetes Serviceは、クラスター内で障害が発生したワーカーノードを自動的に回復する自己修復型クラスター管理プラットフォームです。

スケーラビリティーの別の側面は、クラスターのキャパシティー自体にあります。すでに説明したように、Kubernetesを使用すると、アーキテクチャー内のさまざまなコンテナ化アプリケーションを拡大または縮小するためのポリシーを定義できますが、ワーカーノードのキャパシティーが不足するとどうなるでしょうか? デフォルトでは、新しいポッドのデプロイに失敗し、問題を引き起こす可能性があります。今回、ワーカーノード・プール・レベルでワーカーノードのオート・スケーリング・ポリシーを設定できるようになり、アプリや顧客の要件を満たすための適切なキャパシティーを常に確保できるようになりました。

参考情報:お客様のIBM Cloud Kubernetes Service環境でオート・スケーリングを有効にするには

IBM Cloud Kubernetes Service (IKS) とは?

IBM Cloud Kubernetes Serviceは、マネージド Kubernetes サービスで、IBM Cloud上のサービス群とWatsonのコグニティブ機能を活用しながら、強力な管理ツール、直感的なユーザー・エクスペリエンス、セキュリティー機能の組み込み、アイソレーション(分離)を提供し、迅速なアプリケーション・デプロイを可能にします。IBM Cloud Kubernetes Serviceは、インテリジェントなスケジューリング、自己修復、水平方向の拡張、サービスの検出とロードバランシング、自動ロールアウトとロールバックおよびsecretと構成の管理など、ネイティブなKubernetes機能を提供します。 さらにIBMは、IBM Cloud Kubernetes Service に次のような機能を追加しています

  • HAマスターとマルチゾーン・クラスターによるシンプルなクラスタ管理
  • コンテナのセキュリティーとアイソレーションの選択肢
  • お客様独自のクラスターを設計可能
  • コグニティブ・アプリケーションの開発にWatsonやその他のIBM Cloudのサービスを利用できる
  • 完全ネイティブなKubernetes CLIおよびAPI
  • 他のデプロイとの運用上の一貫性を確保するため、お客様独自のツールを持ち込みまたは統合運用ツールをサポート

Slackにご参加ください

ご質問等がありましたら、IBM Cloud Kubernetes ServiceのSlackの #general チャネルにご参加ください。
ご登録はこちらからお願いします。

 

原文:https://www.ibm.com/blogs/bluemix/2019/03/worker-node-auto-scaling-ga-in-ibm-cloud-kubernetes-service/

More IBM Cloud アップデート情報 stories

VMware Solution Shared $500分 クレジットを提供

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

この投稿は、2021/4/3に米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。   IBM Cloud for VMware Solutions Sharedを始めていただくときの特典 ...続きを読む