IBM Consulting

IBM Workdayコンサルティング・サービスを活用した人事領域の変革

記事をシェアする:

中村 健一の写真

中村 健一
日本アイ・ビー・エム株式会社
IBMコンサルティング事業本部
タレントトランスフォーメーションサービス アソシエイトパートナー

IBMは2016年よりエンタープライズマネジメント クラウド大手のWorkdayと戦略的パートナーシップを締結し、世界中のお客様にWorkdayを活用した人事・財務領域の変革をご支援しています。また日本IBMとしては2019年に世界初のWorkday製品のリセルパートナー契約を結び、数多くのお客様の変革をお手伝いしています。

「IBM Workdayコンサルティング・サービス」についてお客様事例とともにご紹介します。

パナソニックi-PROセンシングソリューションズにおけるGlobal One HR Platformの取り組み

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社(以下:i-PRO)は、2019年10月にパナソニックの一事業部門が独立した会社です。監視カメラやレコーダー、画像解析技術を手掛けるインテリジェント監視ソリューション事業、映像による証拠管理・捜査支援や顔認証システムなどを手掛けるパブリックソリューション事業、手術顕微鏡や内視鏡向けカメラなどを手掛ける医療・産業用映像モジュールソリューション事業を展開されるグローバル企業です。

このほど、グローバルで一体的に組織・従業員情報の管理、新会社の人事戦略の特徴であるOKR(組織・個人が有機的な連携をする目標・成果の管理手法)と呼ばれる手法での目標管理など、新しい人事制度・プロセスを実現するためのプラットフォームとしてWorkdayを採用されました。IBMは2020年9月からその人事ITプラットフォームの根幹となる組織・人事情報管理および目標管理の導入をご支援しました。2021年4月より日本・北米・中国の3拠点 、約1300名の社員が順次、使用を開始されています。以下の通り3つのプロジェクトの特徴(チャレンジ)をご紹介します。

1. 新時代のプロジェクト運営:完全リモートによるグローバル導入支援

1つ目のチャレンジは、新型コロナウイルス感染症による社会的影響のなか、要件定義の段階から全プロジェクトの工程を、日中米の同時展開のためリモートワークで完遂させることでした。
グローバル・プロジェクトに対応するため、日本IBMメンバーとIBM Client Innovation Center中国メンバーとの混成チームで体制を組みました。お客様とオンラインでのセッション開催やビジネスチャット・ツールを活用することで、「距離」を意識することなく、福岡、東京、大阪、中国・大連やアメリカと各地で必要なミーティングやタスクを遂行しました。約7ヶ月間という短期間で本番稼働を向かえられたことは、お客様に新しいご支援の選択肢を提供する機会となりました。

<参考>IBM Dynamic Deliveryについて

2. 未来を見据えたスキル蓄積:お客様主導でのHR SaaS導入とケイパビリティの向上

2つ目のチャレンジは、お客様ご自身のスキルの内製化です。Workdayを最大限に活用されるために、通常は私たちが担当する単体テストと呼ばれるテストフェーズから、i-PRO 人事部のメンバーが主体となってテスト活動・品質チェックを行い、Workdayのスキルや知識のキャッチアップに努められました。IBMはシェルパという役割を担い、お客様にとっては未知の導入タスクを裏方としてご支援しました。

3. 集合知と経験が蓄積された資産の活用:IBM Japan Workday Core テンプレート

3つ目のチャレンジは、全く新しい人事プロセスを構築するプロジェクトであったため、決められた2021年4月の本番稼働に向けてスコープ及びスケジュールをいかにコントロールできるかにありました。

同社が採用したIBM Workday Coreテンプレートは、Workday HCM Core領域を対象とした日本IBM独自のテンプレート・ソリューションです。Coreテンプレートでは、日本のお客様が人事パッケージ・システム導入時に論点となる異動・発令業務、組織・従業員情報登録業務のフロー・ビジネスプロセスが事前に定義されており、これを活用することで要件定義・プロトタイプを円滑に行うことができます。

プロジェクトが開始されるタイミングで、標準業務フローなどのテンプレートが保有するドキュメント群を、IBMとi-PRO人事部内のユーザーとが共有し、i-PRO特有の業務プロセスなどを議論することができ、お互い共通認識を持ってプロジェクトを進められました。また、その議論の過程では、WorkdayのSaaSの特徴も活かし、業務プロセスを即時にWorkdayの画面やレポートとして参照しました。お客様も私たち自身も確かな共通認識を持って、i-PROのWorkdayに関連する人事プロセスを短期間で定義できたことは、テンプレート・アプローチの大きな価値であったと思います。

今回同社として、一から人事業務・制度を構築される中で、ITシステム自体もお客様にて構築され、IBMはその一端を担うことができました。

i-PROは、まず日米中のグローバル・ワンシステムとして始動されましたが、他拠点展開やWorkdayの機能拡張を計画されており、人事プラットフォーム自体のさらなる成長を予定されています。


参考情報

More IBM Consulting stories

バーチャル・エンタープライズ:組織を超えてつながり、ビジネスのネットワークを広げる

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

マーク・フォスター(Mark Foster) チェアマン IBMコンサルティング   この2年間、デジタル・トランスフォーメーション(DX)を加速する上で、人工知能(AI)や自動化、ハイブリッドクラウドといった ...続きを読む


製造業におけるインダストリー4.0の現在地は?

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

製造業ではインダストリー4.0、第4次産業革命、スマート・マニュファクチャリングなどと呼ばれる、工業プロセスを高度化する取り組みが進められています。情報・ITシステム(サイバー・ITシステム)と現場のシステム(フィジカル ...続きを読む


自動車業界経営層のサステナビリティー、取り組みの現在位置は?

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

IBMが毎年実施している世界の経営層を対象にしたCEOスタディ、2022年のテーマはサステナビリティー(持続可能性)でした。 企業にとってサステナビリティーは社会貢献部門主導の取り組みや規制対応にとどまるのか。 経営トッ ...続きを読む