IBM Watson Blog

【使ってみよう! Watson Analytics-その⑤】データの予測 – Predict機能編

記事をシェアする:

Watson Analyticsの3つの機能のうちの一つ「Predict」は、予測分析を行うための機能です。
今回は、Predict機能の使い方についてご紹介しましょう。

1.Watson Analyticsにログインします。

2.Welcomeページから「Predict」のメニューをクリックします。

wa_20150108_01

3.予測を行うためのデータセットの候補が表示されます。その中からデータを選択します。

wa_20150108_02

4.「Predict」のページが表示されます。
Watson Analyticsが、自動的にデータを検知し、予測に適しているデータ変数を提案・自動的にセットをしています。この場合では、「解約:Churn」変数を判別し、予測する変数として事前にセットしています。もちろん、違う変数をセットすることも可能です。なお、Watson Analyticsでは、5つの変数まで予測に利用することが可能です。また、ターゲット変数を編集することも可能です。(たとえば、ラベルの追加など)。予測する変数が決定したら、ワークブックの名前をつけて「Create Prediction」をクリックします。

wa_20150108_03

5.「Create Prediction」のボタンを押すと、Watson Analyticが、自動的に適切な予測モデルを利用して予測します。

wa_20150108_04

6. ワークブックが作成された後、Watson Analyticsのスパイラルグラフと予測結果の画面が立ち上がります。

wa_20150108_05

7.どの変数がターゲットとしている変数に影響があるのかをスパイラルグラフでは把握することが可能です。
また変数の影響度により色別に表示され、青色の方が緑色や黄色より関係性が強いことを示しています。まず左側では、予測に利用する変数を選択することができます。より簡易に理解するためには「One Field」を、より予測精度を高めるには「Combination」をというように、利用目的によって選択することができます。スパイラルグラフの右側には、関連性のある要因についてより理解を深めるためのグラフや決定木などが表示されます。上のグラフでは「tenure(在籍期間)」が「churn(解約)」に影響を及ぼしており75%の予測精度があることが示されています。

8.Two Fieldを選択した場合には、関連性の強い2つの変数が表示されます。
以下の場合には、「tenure(在籍期間)と「Internet Service(インターネットサービスの有無)」によって「Churn:解約」が起こることが予測されました。

wa_20150108_06

9.さらにCombinationを利用すれば、多くの変数を利用して予測できます。
この場合には、複数変数を利用することにより80.2%の精度で予測jできるという結果となりました。

wa_20150108_07

このようにWatson Analyticsを利用すれば、簡単に利用目的に応じた予測分析を行うことが可能です。ぜひWatson Analyticsを利用して皆様の業務改善を行っていただければと思います。

More stories

AI & データ関連Webセミナーのご案内

IBM Data and AI, IBM Watson Blog, アナリティクス...

自席からご参加いただけるWebセミナーです!開催当日は、チャットでQ&Aも行えます。開催翌日からは、録 ...続きを読む


WatsonサービスIDおよびアクセス管理の更新。Cloud Foundry ベースのIBM Watson AI サービスが廃止になります。

Action Required Service Updates, IBM Cloud Blog, IBM Cloud アップデート情報...

お客様からの個々のインスタンスのアクセス制御を異なるチームに割り当てる必要性にお応えして、2018年9月に、I ...続きを読む


Db2 Warehouse on Cloudエントリー・プラン後継サービスのお知らせ

Db2, アナリティクス

Db2 Warehouse on Cloudに関する重要なお知らせです。後継サービスのリリースに伴い、2019 ...続きを読む