SPSS Modeler ヒモトク

SPSS Modeler の歩き方 2023 〜データ活用のためのガイドブック〜

記事をシェアする:

みなさんこんにちは。IBMの京田です。

SPSS Modelerの快適な旅をお楽しみいただくためのツアーガイドを担当します!

 

2023年の旅程表

本年も春と秋にユーザーイベントを実施します。加えて毎月目的別のセミナーを用意しましたので、是非ご参加ください。



日付 曜日 ツアー名

5月19日 SPSS Modeler 春のオンラインユーザーイベント

「組織で必要とされるデータ活用人材像と育成」

https://spss2023spring.splashthat.com/

このイベントは終了いたしました。イベントレポートはこちらから

13:30 17:10

6月29日 オンラインセミナー

「 データ活用最後のピース!最適化を実現する可視化と予測のその先へ

(主催:NI+C様)

申込サイト:
https://v2.nex-pro.com/campaign/55864/apply

このイベントは終了いたしました。

13:10 14:00

7月13日 オンラインセミナー

「SPSS Modelerで大規模データを分析したい!」

(主催:AIT様)

申込サイト:

https://www.ait-solution.jp/ibm-spss-modeler-2023summer/

このイベントは終了いたしました。

13:00 13:50

8月24日 オンラインセミナー

「製造業の現場で成功しているDXデータ活用の事例と人材育成」

(主催:NI+C様)

申込サイト:
https://v2.nex-pro.com/campaign/55954/apply

このイベントは終了いたしました。

13:10 14:00

9月14日 オンラインセミナー

「DX人材に求められる真のスキル」

(主催:AIT様)

申込サイト:

https://www.ait-solution.jp/ibm-spss-modeler-2023autumn/

このイベントは終了いたしました。

13:00 13:50

10月31日 SPSS Modeler 秋のユーザーイベントin IBM TechXchange Japan

4年ぶりのオンサイト開催!(東京)

申込サイト:

https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/smuc-2023-autumn/

このイベントは終了いたしました。イベントレポートはこちらから

13:00 17:00

11月9日 オンラインセミナー

「SPSS Modelerで大規模データを分析したい!」

(主催:AIT様)

申込サイト:

https://www.ait-solution.jp/20231109_spss-analyze/

このイベントは終了いたしました。

13:00 14:00

11月17日 オンラインセミナー

「DX人材に求められる真のスキル」

(主催:AIT様)

申込サイト:

https://www.ait-solution.jp/20231116_spss-dx/

このイベントは終了いたしました。

13:00 14:00

12月7日 オンラインセミナー

「SPSS Modelerで大規模データを分析したい!」

(主催:AIT様)

申込サイト:
https://www.ait-solution.jp/20231207_spss-analyze/

このイベントは終了いたしました。

13:00 13:50

12月7日 オンラインセミナー

「デモと事例で徹底解説!最適化ソリューションCPLEXセミナー」

(主催:NI+C様)

申込サイト:
https://nic-channel.v2.nex-pro.com/campaign/61004/apply

このイベントは終了いたしました。

13:05 13:55

12月14日 オンラインセミナー

「DX人材に求められる真のスキル」

(主催:AIT様)

申込サイト:
https://www.ait-solution.jp/20231214_spss-dx/

このイベントは終了いたしました。

13:00 13:50

*ツアー内容や日程は変更する場合があります。ご了承ください。



 

SPSS Modelerの2つの書籍

実践!異常検知と故障予測

IBM SPSS ModelerによるIoT時系列データ活用

 

小川努(本田技研工業)

竹村玄(JALエンジニアリング)

堀恵治(東日本旅客鉄道)

本田智則(産業技術総合研究所)

河田大・西牧洋一郎・牧野泰江(IBM)著

出版社:東京図書

 

 

 

書籍の詳細を見る
書籍を購入する

書籍を記念したユーザー筆者座談会はこちら→  https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/book-spss-01/

 

実践!異常検知と故障予測

IBM SPSS ModelerによるIoT時系列データ活用

 

 

西牧洋一郎(IBM)著

出版社:東京図書

 

 

 

 

 

 

書籍の詳細を見る
書籍を購入する

(まとまった数をお求めの際には出版社にご連絡ください)

 

ガイドブックの決定版としてぜひ旅のお供に!

 


SPSS Modelerの秋のユーザーイベントが4年ぶりにオンサイト開催

10月31日に実施し大盛況のうちに終了いたしました。

ユーザーイベントレポートで当日の様子をぜひご覧ください。講演資料もご案内しています。

https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/smuc-2023-autumn-report/

 

SPSS Modelerの春のオンラインユーザーイベント5月19日に開催

https://spss2023spring.splashthat.com/

Twitter #spss2023spring

イベントレポートはこちらから→https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/smuc-2023-spring-report/

 

SPSS Modelerの初心者でもイベントを楽しむための動画

「SPSS Modelerの名前だけは聞いたことがあるがイベントに参加してついていけるか心配」という方は先に以下の動画をご覧ください!

スタッツギルド様の力作動画です。

こちらは4分でわかるIBM SPSS Modeler シリーズ動画です!

ほかにも多くの動画があります!リストはこちらのQiitaをご覧ください。


SPSS Modeler Qiita記事が続々追加

プログラマーの情報共有サービスQiitaでは現在日本語によるSPSS Modelerの記事が400も存在し、毎週記事が追加されTwitter(#spssmodeler)などでも告知されています。

SPSSテックの河田さんの「SPSS ModelerのPython拡張ノード関連記事へのリンク」のようにまとめ記事もできるほど、情報が充実しています。

特にご覧いただきたいのは「SPSS Modeler ノードリファレンス」。現在70を超えるノードが動画つきで解説されています。

 

 

2023年からは以下の「SPSS Modeler 逆引き集」がダウンロード可能サンプルストリーム付きで毎週更新されています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

それでは引き続き快適なSPSS Modelerの旅をお楽しみください!

 

SPSS Modelerの詳細についてはこちら

→これまでのSPSS Modelerブログ連載のバックナンバーはこちらから

 

 

京田 雅弘

日本アイ・ビー・エム株式会社

テクノロジー事業本部 データ・AI・オートメーション事業部
Data & AI 第一テクニカルセールス部長  

 

 

 

More SPSS Modeler ヒモトク stories

データ分析者達の教訓 #14- データから導かれる「あたりまえ」を丁寧に見つめ直す

Data Science and AI, SPSS Modeler ヒモトク, アナリティクス...

  皆さん、はじめまして。 昨年末にIBM にJoinし、Data&AIでデータサイエンスTech Salesをしている宮園と申します。   このリレー連載ブログはSPSS Modelerの実 ...続きを読む


SPSS Modeler の歩き方 2024 〜データ活用のためのガイドブック〜

Data Science and AI, SPSS Modeler ヒモトク, アナリティクス...

みなさんこんにちは。IBMの京田です。 SPSS Modelerの快適な旅をお楽しみいただくためのツアーガイドを担当します!   2024年の旅程表 本年も2回!6月と11月にユーザーイベントを実施します。加え ...続きを読む


データ分析者達の教訓 #13- 基礎統計量と可視化にかけた時間が予測モデルの値打ちを上げる

Data Science and AI, SPSS Modeler ヒモトク, アナリティクス...

  皆さんこんにちは。IBM Data&AIでデータサイエンスTech Salesをしている斉藤明日香です。 昨年2023年のこちらのシリーズが非常に好評だったためシーズン2突入となりました。 このリレ ...続きを読む