再生可能エネルギー

ビジネスにおける持続可能性(前編) | サステナ領域と戦略策定方法

IBM Sustainability Software

■ ビジネスにおける持続可能性の定義 ビジネスにおける持続可能性とは、特定の市場における事業活動によって生じる環境への悪影響を削減するための企業の戦略を指します。組織のサステナビリティの実践は、通常、環境・社会・ガバナン ...続きを読む


サステナブル・ビジネス運営ガイド(その3)

IBM Sustainability Software

資産と設備の最適化 企業全体の排出量、廃棄物、ダウンタイムを削減   サステナビリティー戦略を実行に移すにあたり、資産や設備から手をつけるのは効果的な方法です。 ビジネスプロセスや物理的なオペレーションにAIを ...続きを読む


財務リーダーは企業のサステナビリティーのリーダーに

IBM Sustainability Software

環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する開示の義務化が、ついにあらゆる企業のもとにやってきます。 気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の勧告に基づいたESG要因に関する制度開示の義務化は、カナダ、ブラジル、EU ...続きを読む


ESG事例 – グロースポイント社 | ネットゼロへの前進をIBM Enviziで

IBM Sustainability Software

グロースポイント・プロパティーズ・オーストラリアについて グロースポイント・プロパティーズ・オーストラリアは、オーストラリア全土の高品質の工業用およびオフィス用不動産に投資している、不動産投資信託です。 2009年に設立 ...続きを読む


炭素会計(カーボンアカウンティング)とは(その3)

IBM Sustainability Software

  温室効果ガス排出量の的確な算定と、適正な排出量の削減目標を設定するために   「炭素会計(カーボンアカウンティング)とは(その3)」では以下3つのポイントをご紹介します。 複雑な炭素会計をマスター ...続きを読む


炭素会計(カーボンアカウンティング)とは(その2)

IBM Sustainability Software

  温室効果ガス排出量の的確な算定と、適正な排出量の削減目標を設定するために   「炭素会計(カーボンアカウンティング)とは(その2)」では以下2つのポイントをご紹介します。 金融機関対応レベルの炭素 ...続きを読む


炭素会計(カーボンアカウンティング)とは(その1)

IBM Sustainability Software

温室効果ガス排出量の的確な算定と、適正な排出量の削減目標を設定するために   「炭素会計(カーボンアカウンティング)とは(その1)」では以下4つのポイントをご紹介します。 炭素会計(カーボンアカウンティング)と ...続きを読む


ESG開示フレームワークの選び方と今後の動向(その1)

IBM Sustainability Software

この記事の概要 ESG開示フレームワークとは、企業が、事業の詳細な環境・社会・ガバナンス(ESG)指標を、公に開示・報告する目的で使用されるものです。 当記事「ESG開示フレームワークの選び方と今後の動向(その1)」では ...続きを読む


Envizi担当 富井さんに聞いてみた

IBM Sustainability Software

IBMの社内ニュースレターの人気連載「Envizi担当 富井さんに聞いてみた」。 「お客様にもご紹介したいので、社外にも公開して欲しい」という声にお応えして、ソリューションブログでも公開させていただきます。   ...続きを読む


動画で紹介「ESGデータとは」

IBM Sustainability Software

企業のESGデータに、財務データと同等の正確性が求められるようになりつつあります。 現在、Excelなどを使用した従来の方法でESGデータを管理されている企業は、開示請求やカーボンプライシングに求められる正確性と適時性に ...続きを読む


米国証券取引委員会(SEC)の気候関連情報開示に関する規則案について

IBM Sustainability Software

米国証券取引委員会(SEC)は、気候関連情報を開示する方法を標準化するための規則案を公表しています。この規則案は、米国市場に上場している企業に対し、自社の事業が気候関連リスクをどのように評価、測定、管理しているかを、毎年 ...続きを読む


公益事業会社がエネルギー転換促進と安定供給を同時に実現するために

IBM Sustainability Software

化石燃料から電気エネルギーへのシフトが進んでおり、現代社会の電力網への依存はかつてないレベルとなっています。この転換がより適切に、そしてより速く行われるかが、地球環境の未来を握っています。そして重要な役割を担っているのが ...続きを読む