再生可能エネルギー

動画デモで確認! 炭素排出量を自動計算するカーボン・アカウンティングAPI

Cognitive Applications Blog

  クリック/タップで別ウィンドウにてデモ動画が表示されます   「CO2排出量をどう減らすか」を考える際、まず企業がすべきことは「どこでどれくらい排出されているか」を確実に把握すること。そして次に、 ...続きを読む


持続可能性の成果を加速するために | 環境パフォーマンス管理最大手Envizi社買収が実現するもの

Cognitive Applications Blog

  2022年1月、IBMは環境パフォーマンス管理におけるデータ分析ソフトウェア大手のEnvizi社を買収したことを発表しました。 この買収は、企業が直面している社会的責任と環境の持続可能性のリスクに対し、より ...続きを読む


アイデアミキサー・インタビュー | ニールセン北村朋子(ジャーナリスト、コーディネーター、他)後編

Cognitive Applications Blog

産官学民環境 〜 「アイダ」をデザインするための意思とビジョン   軸となる強い自己やアイデアを持ちながら越境や開拓を実践している方がたに、これまでの足取りや想いについて語っていただく「アイデアミキサー」シリー ...続きを読む


アイデアミキサー・インタビュー | ニールセン北村朋子(ジャーナリスト、コーディネーター、他)前編

Cognitive Applications Blog

再エネ先進国から見た日本のサステナビリティー   軸となる強い自己やアイデアを持ちながら越境や開拓を実践している方がたに、これまでの足取りや想いについて語っていただく「アイデアミキサー」シリーズ。 第7回は、先 ...続きを読む


IBM Environmental Intelligence Suiteの「カーボンアカウンティングAPI」

Cognitive Applications Blog

  求められるGHG排出量の削減取り組み見える化 世界経済フォーラムの「Global Risks Report 2021」は、異常気象、気候変動対策の失敗、人間による環境破壊を、今後10年間で企業にとって最も可 ...続きを読む


IBM Environmental Intelligence Suiteの導入が企業にもたらすもの

Cognitive Applications Blog

  環境インテリジェンス | 炭素会計 | 植生管理 | 停電予測 | リジェネラティブ農業 | 再生エネルギー予測 IBM Environmental Intelligence Suiteの導入が企業にもたら ...続きを読む


その企業は「具体的な行動」を取っているか? | 持続可能性と気候危機に取り組むためのソリューション

Cognitive Applications Blog

  その企業は取り組みをはじめているのか。 あるいは「発表しただけ」なのか  脱炭素に向けて社会が大きく動く中で、企業の持続可能性と気候危機への具体的な行動に注目が高まっています。 地球を持続可能にするための取 ...続きを読む


エネルギーと公益事業 | デジタルトランスフォーメーションがもたらすもの

Cognitive Applications Blog

  エネルギー会社と公益事業が私たちの暮らしの根幹となっていることに、疑問の余地はありません。しかし、自然環境破壊と気候危機、そしてCovid-19に襲われているこの時代においては、電力・ガス・エネルギー業界に ...続きを読む


パワー・トゥー・ザ・ピープル [メルカドスEMI社事例] | デジタル技術で深刻化する環境問題に対処する

Cognitive Applications Blog

  世界銀行の報告書によると、ほんの数年前まで、インドの農村部に暮らす何百万人もの人びとには、電気が安定的に供給されていませんでした。 インフラ老朽化、電力流通の非効率性、増加し続ける人口、需要と供給の絶え間な ...続きを読む


進む地方行政DX | 循環型経済と脱炭素社会の実現をマクニカのEMSで

Cognitive Applications Blog

  循環型経済(サーキュラーエコノミー)と脱炭素社会(カーボンニュートラル)。政府が掲げているこの2つの目標を耳にしない日はもはや珍しい。 だが多くの人が、この2つを「自分とは距離のあるもの」と捉えているのでは ...続きを読む


気候リスクと収益性のバランスの取り方 | 事業継続性と持続可能性を同時に高める事例5社

Cognitive Applications Blog

  気象は日々、あらゆるビジネスに影響を与えます。 適切なタイミングで適切な行動をとるには、気象データだけではなく、AIや高度な分析が必要です。   「異常気象」が5年連続可能性の高いリスク第1位に ...続きを読む


再生エネルギーと高精度気象データが作る脱炭素な未来社会 | オンライン・スペシャリスト対談

Cognitive Applications Blog

菅首相の「2050年脱炭素宣言」を受け、国を挙げての再生可能エネルギー(再エネ)拡大への前向きかつ建設的な議論と取り組みが求められている。 そんな中で、脱炭素社会実現に向けて大きな役割を果たすであろう太陽光発電について、 ...続きを読む