設備性能の最適化(APM)

AIとIoTで、設備資産管理を「周期基準対応」から「状態基準対応」へ

Cognitive Applications Blog, 設備保全・高度解析

  安価なセンサー、低コストの通信、そしてクラウドコンピューティングの普及により、さまざまなモノ(Things)から莫大なデータが生みだされ発信され続けています(IoT: Internet of Things) ...続きを読む


動画紹介: 作業員向けAIアシスタントの概要と機能

Cognitive Applications Blog, Webセミナー, 設備保全・高度解析

  設備の複雑化、保全業務の高度化、技術者不足などから「保全品質の低下と運用コストの増大」への対応策が求められています。 IBMは、すべての技術者が熟練技術者のように活動できるよう支援するAIアシスタントにより ...続きを読む


アトランタの都市交通を守るIBMのIoTとAI – APMが進化させる保全戦略

Cognitive Applications Blog, 事例, 設備保全・高度解析

  IBMは、資産集約型産業の保全戦略を、IoT(モノのインターネット)とAIによる高度分析で支援する新たなソリューションを発表しました。 これはすでに、アトランタ都市圏高速交通局(通称「マルタ」)での採用が決 ...続きを読む


IoT時代に求められる大量データからの洞察の発見~ナレッジグラフの能力とは

Cognitive Applications Blog, 技術動向・トレンド

施設内のあちらこちらにセンサーを取り付けて、大量のデータを収集している企業が増えています。しかし、集めた大量のデータから、意味がある洞察を得られていますでしょうか。集めたデータを何らかのアクションにつなげられなければ、デ ...続きを読む


熟練者のノウハウと知見(匠の技能)をAIが伝承 〜 現場作業員向けAIアシスタント

Cognitive Applications Blog, 技術動向・トレンド

日本の製造業が持つ競争力の源泉は”現場の技術力”にあると言われています。今、製造現場では高齢化による退職や人材の流動化が進む一方で、熟練技術者が長年の経験で培ったノウハウや専門領域に対する知見は暗黙知となっており、社内で ...続きを読む