IBM Cloud アップデート情報

IBM SQL Query Service 一般提供(GA)開始のお知らせ

記事をシェアする:

IBM Cloud SQL Queryが2018年8月24日からベータ提供から一般提供開始(GA)に

2018年8月24日に、ベータ版からGA版へとサービス提供が拡張され、IBM Cloud SQL Query(US)を一般提供(GA)開始を発表します。

IBM Cloud SQL Queryは、ANSI SQL文を使用して、複数のファイルに格納されたデータを複数のフォーマットで分析および変換できる、マネージド・サービスです。 このサービスは、事前にデータの移動や変換を行うことなく、IBM Cloud Object Storage に格納されたCSV、Parquet、JSON、ORC(AVROのサポート計画あり)ファイルを照会できます。

安定性の向上に加えて、一般提供開始となった本サービスでは、Geospatial SQL関数をサポートしているため、開発者は地理空間データを効率的に索引付けおよび照会することができます。地理空間解析機能とサーバレスSQLクエリー・アーキテクチャーを組み合わせることで、クラウド内のデータを使用して位置解析ソリューションを構築することが非常に簡単になります。

現在使用可能なGeospatial SQL関数には、次のものがあります。

・ 国や半球などの大きなジオメトリ、極または反子午線の近くのジオメトリなど、プロジェクションを必要としないすべてのジオメトリに対して正確な測地関数。

・ すべてのジオメトリのジオハッシュによって、全体的なパフォーマンスの向上、空間索引付けと空間結合および空間集計の計算が可能になります。

 

無料で始めましょう

現在、GAリリースでは2つのプランが用意されています。

Liteプラン(無料)

・ データ量:制限あり。 Lite Planのお客様は、最大30GB /日をスキャンするクエリを送信できます。

・ 同時実行:制限あり。一度に1つのクエリのみが使用され、Lite Planのお客様は複数クエリのキューを送信することはできません。

・ 優先順位:低い優先順位。 Lite Planの顧客から提出されたクエリは、Standard Planの顧客から提出されたクエリより常に優先されます。

スタンダード・プラン

・ データ量:制限はありません。 1か月間にスキャンされたデータのテラバイトあたり5ドルの料金です。失敗したクエリは無料で、キャンセルされたクエリについては、キャンセルされるまでにスキャンされたデータに基づいて課金されます。

・ 同時実行:同時実行の制限はありません。

・ 優先度:最高優先度。ライトプランよりも優先順位が高いクエリです。

 

ヒントとTips

IBM Cloud SQL Queryを最大限に活用するには、Parquetのような最適化された列データ形式でデータを格納することを検討してください。圧縮により保存データの物理サイズを大幅に縮小できます。列形式と全体圧縮により、SQLクエリでデータをスキャンするためのI/Oを大幅に節約します。これにより、クエリごとのコストが削減され、クエリのパフォーマンスも向上します。

さらに役立つヒントについては、IBM Cloud Object Storageのビッグデータ・レイアウトについてのデータ・モデリング・ガイド(英語)を参照して、クライアント側のデータに可能な他のパフォーマンスの向上方法について調べてみてください。

 

ベータ・アカウントのアップグレード

IBM Cloud SQL Queryのベータ・インスタンスは、提供終了となります。

ベータ終了日:2018年8月24日

2018年8月24日以降、新しいIBM Cloud SQL Queryベータ・インスタンスはプロビジョニングできません。ただし、既存のインスタンスは引き続きサポートされます。

サポート終了日:2018年10月4日

ベータ終了後から(2018年10月4日まで)41日間、既存のインスタンスはすべて、IBM Cloudコンソールのサービス・ダッシュボード上で引き続き使用可能になります。既存のすべてのインスタンスも、IBM Cloud SQL Queryによって引き続きサポートされます。

ベータ・サポート終了日時点でプロビジョニングされていたベータ・インスタンスは削除されます。

 

ベータからLiteまたはスタンダード・プランへの移行

  1. IBM CloudダッシュボードからSQL Query “Beta”プランをクリックしてください。
  2. 左側のナビゲーションペインで[プラン]を選択します。
  3. 使用するプランに応じて「Lite」または「Standard」を選択します。これはいつでも変更できます。
  4. [保存]をクリックします。計画を変更しても、ダウンタイムが発生せず、アプリケーションの再設定が必要になります。

無料のSQL Query LiteプランをIBM Cloudにサインアップしてすぐに始めましょう。

 

<原文>

https://www.ibm.com/blogs/bluemix/2018/08/sql-query-service-announces-general-availability/(US)

More IBM Cloud アップデート情報 stories

分散クラウドの実現 – 一貫したクラウド・サービスをいつでもどこでもスピーディーにご利用可能に

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

分散クラウドにより、オンプレ、クラウド、エッジなど、あらゆるIT環境で、いつでもどこでも一貫したクラウド・サービスを、よりスピーディーにご利用いただくことができます 昨今の市場のニーズの変化に迅速に対応するために、新しい ...続きを読む


IBM Cloud で SendGrid をご利用いただいているお客様へ

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, Others

IBM Cloud で SendGrid をご利用いただいているお客様各位 SendGrid のセキュリティ強化に伴い、認証方式の変更が必要となります。   対応が必要なお客様 IBM Cloud から Sen ...続きを読む


IBM Cloud の新しい課金モデルのご紹介 : 使用料確約による従量課金モデル

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

この投稿は、2021年1月29日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。 このたび、IBM Cloudは、新しい課金モデル: 使用料確約による従量課金モデルを発表いたしました 今日の ...続きを読む