Others

【10/26開催】ハイブリッド・クラウド時代に求められるデータ保全対策

記事をシェアする:

IBMがグローバルで実施した経営層向けの調査結果によると、多くの経営者がクラウド、モバイル、IoTなどのITを活用したビジネス変革に高い意欲を見せています。

しかしながら、IT部門にとっては、対処すべきシステムの拡大・複雑化により、(1) 保持・保管すべきデータ量の増大、(2) 運用管理コストの増大、(3) 人員不足 が大きな課題となってきています。そこで、IT部門の運用負荷軽減、IT資源の最適化と共に、障害対策・災害対策をシンプルな構成で効率的に実現する方法として、データ仮想化技術の活用が最近注目されています。

当セミナーでは、ハイブリッド・クラウド時代の多様化・複雑化するITリスクの中、常時稼動を求められるシステムへの対策の一つとして、従来の非効率なデータ保管方法を見直し、コピーデータを仮想的に統合するソリューションについて、活用事例を中心に実演と共にわかりやすくご紹介いたします。

開催概要

■ 名 称 ハイブリッド・クラウド時代に求められるデータ保全対策
〜”Always-On” システムを支えるデータ仮想化ソリューション〜
■ 日時 10月26日(水)15:00〜17:30
■ 開催場所 日本アイ・ビー・エム株式会社 本社事業所(箱崎) 7F ソリューション・センター
[ アクセス ]
■ 受講料 無料(事前登録制)
■ 対象者 IT部門の企画・運用・管理ご担当のお客様
■ 定員 20名(先着順)
■ 主催 日本アイ・ビー・エム株式会社
■ お申し込み お申込みはこちら

プログラム

15:00- ・オープニング・ご挨拶
・「ハイブリッド・クラウド時代のデータ保全の必要性とIBMサービス・ポートフォリオ」

企業活動を取り巻く環境は、自然災害やテロ、サイバー攻撃など、
リスクが多様化・複雑化しており、優先的に継続すべき業務やシステム
を明確にした上でのレジリエンシー対策がより重要といえます。
IBMでは企業のIT−BCPを支援するレジリエンシーを7層のフレームワーク
をもとに考え、サービスとしてご提供しています。
当セッションでは、ハイブリッド・クラウド時代における多様化・複雑化する
ITリスクへの対策として重要なデータ保全の必要性とIBMのレジリエンシー・
サービス・ポートフォリオについてご紹介いたします。

日本アイ・ビー・エム株式会社

クラウド・テクノロジーを活用した最新IBMレジリエンシー・サービスご紹介

「クラウドを活用したデータ仮想化ソリューションの活用事例と実演」

IBM Disaster Recovery as a Service (DRaaS)は、クラウド・テクノロジー
の活用で信頼性が高く、効率の良いシステム・リカバリーを通じて、業務
の速やかなる再開を支援します。
当セッションでは、重要データの保護を多数の複製を作成することなく、
シンプルな構成で効率的に実現する「データ仮想化ソリューション」について
活用事例を中心に実演と共にご紹介します。
当ソリューションにより、お客様は本番ストレージの容量を再利用することが
可能となり、データセンターの稼働率の向上を図ると共に重要サーバーの
迅速なリカバリーを実施することが可能となります。

日本アイ・ビー・エム株式会社
アクティフィオ ジャパン株式会社

新サービス「クラウドによる被災時コミュニケーション・ソリューションご紹介」

IBM Resiliency Communication as a Service (RCaaS)は、被災時における
企業レベルでのコミュニケーションの支援と管理を実現するサービスです。
当セッションでは新サービスの機能について実演と共にご紹介します。
当ソリューションを通じて、災害発生時における社員の安否確認、インシデント管理、
危機管理チームへの通知をはじめ、お客様のご要望に応じた柔軟なワークフローの
設定機能など、BCMの初動対応を強力に支援します。

日本アイ・ビー・エム株式会社

-17:30

・Q&A、個別ご相談

※プログラム時間構成、講師、講演タイトルなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

More stories

【1月開催】IBM SPSS Modeler 無料体験セミナー(AIT主催)

Others

AITのSPSS体験セミナーは、数年前よりほぼ毎月実施させていただいております。のべ600名以上のユーザー様に ...続きを読む


日経コンピュータ「顧客満足度調査 2019-2020」3部門で1位獲得!

Others

2019年8月19日に、日経コンピュータ「顧客満足度調査 2019-2020」が発表されました。日本アイ・ビー ...続きを読む


ライフサイエンス倫理審査対応体制

Others

ライフサイエンス倫理審査対応体制について: 日本IBMでは、ライフサイエンス倫理審査対応体制を整えました。 概 ...続きを読む