IBM Sustainability Software

外観検査で製造業の品質を向上

記事をシェアする:

IBM Maximo Visual Inspectionでよりスマートなモニタリングを実現

製造業における品質検査の課題

製造業務では、製造プロセスや組み立てプロセスのあらゆる段階で最高品質の確保に取り組んでいます。こうした品質検査の半分以上で外観の確認が行われ、部品が正しい位置にあること、形状や色や質感が適切であること、傷や針穴、異物などの欠陥がないことを確認しています。こうした外観の品質検査を自動化することは非常に困難です。というのも、検査件数や製品の種類が多く、また欠陥は製品の至るところで生じる可能性があるうえ、その大きさや規模も千差万別であるためです。業界最高レベルのAIを搭載したコンピューター・ビジョン・プラットフォーム、IBM Maximo Visual Inspectionはこうした状況でその真価を発揮します。

IBM Maximo Application Suiteの一部である、この自動化された外観検査ソリューションは資産のモニタリングを24時間体制で行い、欠陥を1秒未満で検出するため、業務が大幅に改善されて時間とコストを節約できます。

欠陥の画像で「合格」と「不合格」を学習

Watsonで使用されるディープ・ラーニングを活用したIBM Maximo Visual Inspectionは、外観の品質検査を自動化できるように設計されています。異なる製造段階で取得した基準内の製品と基準外の製品の画像を、一元管理されている「学習サービス」に送信することができます。学習サービスでは、部品、コンポーネント、製品の合否特性を判断するための分析モデルが構築されます。ここでは品質仕様を満たしているものが「合格」であり、満たしていないものが「不合格」になります。さらに、欠陥をタイプ別に分類して潜在的な根本原因に対処し、品質の問題を修正する必要がある場合は、そうしたタスクを高信頼度で実行するようIBM Maximo Visual Inspectionをトレーニングできます。

IBM Maximo Visual Inspection

 

機械学習で欠陥認識を継続的に改善

高度なディープ・ニューラル・ネットワークをベースに持ち、IBM Maximo Visual Inspectionでトレーニングされたモデルを工場の作業現場にある事前構成済みのエッジ・デバイスにデプロイできるため、製造段階で判定に関わる待ち時間をほとんどなくすことができます。MVIトレーニング・サーバーでトレーニングされたモデルは、MVI EdgeまたはMVI Mobileに実装できます。MVI Edgeは検査ポイントにある複数台のカメラに接続可能で、MVI Edge を使用するとソリューションを複数の工場に合わせて調整できます。MVI EdgeはMaximo Visual Inspectionと連携して、モデルをトレーニングするための画像を収集する、または画像内のオブジェクトを識別するためにトレーニングされたモデルを使用する検査をユーザーが作成できるようにします。ユーザーは、識別されたオブジェクトの検査の合否を判定して作業指示書を自動的に作成する検査ルールを作成できます。

検査はMVI Edgeの中心的な構成コンポーネントです。このソリューションは、手作業を行う検査員からのフィードバックを受け取って継続的に学習します。検査員は自動化された分類を確認し、人としての判断に基づいてそれを修正できます。修正情報は製造現場からの画像とともに、その分析モデルの次のトレーニング・サイクルに追加されるため、将来の判断能力が向上します。MVI EdgeはMaximo Monitorとの統合により、スイート製品でジャーニーを続けます。専門家は検査に関するMQTTアラート・メッセージを送信して、それらを生成して探索と分析のためのMaximo Monitorデータレイクに追加できます。

手作業による検査への依存を低減

IBM Maximo Visual Inspectionの場合、不良品の流出率の低い信頼できる結果を得られるため、専門的な労力に依存することが減り、複数の業界で品質プロセスのスループットを高めることができます。このソリューションは、電機、自動車、工業製品といった業種のグローバル企業によって採用され、成功しています。

2021年12月、Ford社のテクニカル・コミュニティー・リーダーの投票によって決まるこの賞は、同社にすばらしい画期的なイノベーションをもたらしたと思われるテクノロジーに対して年に1回与えられます。AI対応の自動化を利用できるIBM Maximo Visual Inspectionを導入して、Ford社は赤字削減で目に見える成功を収め、複数の施設に迅速にスケールアウトできるようにしました。

ますます複雑化する業務環境において、組織はIBM Maximo Visual Inspectionを使用してデータとAIのパワーを活用し、ビジネスに関するリアルタイムの予測洞察を引き出してインテリジェントな意思決定を行います。

IBM Maximo Visual Inspectionを導入して、業務にインテリジェントな「目」を加えましょう。(動画、2:58)


今すぐIBMの専門家に問い合わせる


この投稿は2022年5月16日に米国IBM Blogに掲載された記事 (英語) を抄訳し、一部編集したものです。

More IBM Sustainability Software stories

TRP2024ボランティアリーダーふりかえり座談会(後編)

IBM Sustainability Software

日本IBMのLGBTQ+コミュニティーのメンバーにとって、すっかり毎年の恒例となっている東京レインボープライド(TRP)への参加。今年も、200人の社員やその家族、パートナーや友人たちがプライドパレードに参加し、出展ブー ...続きを読む


TRP2024ボランティアリーダーふりかえり座談会(前編)

IBM Sustainability Software

まず、この短い動画を見ていただきたい。 なによりも、たくさんの笑顔が印象に残るのではないだろうか?   規模拡大を続け、今年は2日間で延べ27万人を動員したという東京レインボープライド(TRP)2024。そのT ...続きを読む


法務・AIリスクのスペシャリスト三保友賀が語る「ダイバーシティー」 | インサイド・PwDA+7(後編)

Data Science and AI, IBM Sustainability Software

日本IBMにて法務、特にAI倫理・リスクのスペシャリストとして、そして同時にLGBTQ+コミュニティー*1やPwDAコミュニティー*2のアライとして積極的に活動している三保友賀さんにお話を伺いました。 前編での法務・AI ...続きを読む