IBM Cloud Blog

IBM Cloud for VMware ソリューションでクラウドのコストを最適化するには

記事をシェアする:

この投稿は、2020年11月17日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。

IBM Cloud for VMware ソリューションを最大限に活用いただくために、現在の専用環境にIBMのソリューションを追加するコンセプトをご紹介します。

これにより、IBM クラウド・ポートフォリオの付加価値を利用できるようになり、クラウド環境の最適化とコスト削減を実現できます。たとえば、ご利用中のVMware Dedicated クラウドに対して追加の需要があり、その結果オーバーフローが発生した場合でも、VMware Shared を追加するだけで、停止することなく継続して使用することができます。このShared環境では、ご利用いただいた分だけ、あるいは予約いただいた分だけ、料金がかかります。

VMware vCloud Directorを利用したVMware Shared ソリューションは、ハイパーバイザーで管理され、既存のVMwareのスキル、リソース、運用ツールを活用しながら、時間単位でVMwareのVM(仮想マシン)をご利用いただくことができます。VMware Shared ソリューションについて詳しくはこちら(英語)をご覧ください。

ユース・ケースのご紹介

ここでは、VMware Sharedソリューションを活用してクラウド環境を実現しコストを最適化する、一般的なユース・ケースをいくつか紹介します:

Here are some common use cases where you can leverage the VMware Shared solution to provide environment and cost optimization:
  • バーストとデータセンターの拡張機能。アプリケーションをリファクタリングしたり、定常的なコンピュートを必要とすることなく、VMware 環境をクラウドに拡張できます。プライベート ・クラウド(オンプレミスまたは IBM クラウドのいずれか)からas-a-serviceモデルにバーストすることで、CAPEX 費用を回避し、費用対効果を最適化するための理想的なインフラストラクチャーを実現することができます。
  • 開発、テスト、品質保証機能。ご利用いただいた分だけお支払いいただきます。お客様は、現在のニーズに基づいて迅速にキャパシティーのアップ/ダウンを行い、未使用のキャパシティーを最小限に抑えることによりコストを節減できます。固定サイズのVMではなく、ご購入いただいたコンピュート容量の範囲内で、さまざまなサイズのVMを必要な数だけプロビジョニングし、究極の柔軟性を実現します。
  • ディザスター・リカバリーとレジリエンシー機能。VMware Shared は、ディザスター・リカバリー・ワークロードの経済的なランディング・ゾーンです。コンピュートを使用した場合のみ課金され、それ以外の期間はストレージのみに課金されます。
  • 管理と運用の容易化。 MZR アーキテクチャーに基づいたインフラストラクチャーのパッチ適用、アップグレード、および監視はIBMがご提供しますので、お客様はハイパーバイザー管理の負荷を軽減しながら、アプリケーションの提供に集中できます。別々の仮想データセンターを作成して、財務および役割に応じたきめ細かな管理を提供することにより、さまざまなプロジェクトやチームの可視性を高めることができます。
  • IT のモダナイゼーションとデジタル・トランスフォーメーション。IBM Cloud をご利用いただけば、170 以上のクラウド・サービスを利用できます。コンテナ、Database as a Services、その他多くのオプションを使用してモダナイゼーションを実現し、プライベート・ネットワーク・エンドポイントを介して接続することができます。

 

 

さあIBM Cloud for VMware Solutions Sharedではじめしょう

現在、IBM Cloud for VMware Solutions Shared をお試しいただけるよう、 最長90日間、最大500 ドル分までご利用いただけるプロモーションを実施中です。このプロモーションをご利用になるには、関連するブログ (英語)にアクセスして詳細をご覧いただくか、こちら をクリックして IBM Cloud ポータルにアクセスし、チェックアウト画面でプロモ・コード 「FREE500VM 」を入力してください。

なお、上記のプロモーションは期間限定です。より詳しいことは、こちらのWebサイト(英文)でご確認ください。(IBM Cloud servicesセクションの「Promotions」タブをクリックしてください。)

VMware DedicatedソリューションにIBM VMware Sharedソリューションを追加することで、単一のクラウド・ベンダーで比類のない柔軟性、コントロール、コスト削減を実現することができます。この機会にぜひご利用ください。


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

*このブログは、2020/11/17に発行された”Optimize Cloud Costs with IBM Cloud for VMWare Solutions“(英語)の抄訳です。

More IBM Cloud Blog stories

2022年6月21日 15時43分頃に発生したIBM Cloud Internet Servicesの障害について

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

日本時間2022年6月21日 15時43分頃よりIBM Cloud Internet Servicesで障害が発生しました。 これにより同サービスをご利用いただいているお客様では、IBM Cloudに接続できない事象が生 ...続きを読む


IBM Cloud の ISMAP 対応状況について(2022年6月)

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

IBM Cloud の ISMAP * への最新の対応状況をお伝えいたします。 *ISMAP は、政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(Information system Security Management ...続きを読む


IBM Cloudにも入ってる「インテルOptane」とは?

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

 ハイブリッドクラウド&AI戦略において、IBMはインテルとのパートナーシップ・アライアンスのもと、オンプレミス、エッジ、パブリッククラウドに至るまで、多くのソリューションを展開しています。今回、ソリューション・ブログ連 ...続きを読む