IBM Cloud Blog

【7/28 開催】 IBM MobileFirst セミナー ~新たなテクノロジーを起点にどう業務変革ができるのか~

記事をシェアする:

業界の再定義、激化する競争やイノベーションがかつてなく高速に進む今、これまでなかった新たなビジネス機会やリスクが出現することでスピードを重視した意思決定の必要性が高まっています。この変化の流れの中で、重要な役割を担う1つがモバイル・テクノロジーです。企業のモバイル・ソリューションへの投資は、業務の効率化やコスト削減から、競争優位性の獲得にシフトしています。

本セミナーでは、新たなテクノロジーを起点にどう業務変革ができるのか、そのゴールを引き出すためにどのようなアプローチが可能なのかを主眼に、モバイル・ソリューションに戦略的に投資し、業務プロセスのデジタル化、顧客に対する洞察力の強化に取り組む先進企業の事例をご紹介いたします。さらに、弊社がご提供するソリューションをご紹介し、お客様のプロジェクト推進にお役に立てれば幸いです。

開催概要

日時 7月28日(木) 14:00-17:05 (受付開始 13:30)
開催場所 日本アイ・ビー・エム株式会社 本社事業所 (箱崎)
2階 202教室[ アクセス ]
受講料/定員 無料 / 定員:100名
協賛 アイティメディア株式会社
お申し込み こちら

<お申し込みページへアクセスできないお客様へ>

■ お電話でお申し込み

IBMアクセスセンター
Tel:0120-300-426
受付時間:9時30分~17時30分(土曜日、日曜日、祝日を除く)
※「7/28 IBM MobileFirst セミナー」の件とお申し付けください。

■ e-メールでお申し込み

EB04427@jp.ibm.com
e-メールに以下の情報を記入の上、上記のe-メール・アドレスに送信ください。IBMアクセスセンターより受信ご確認のご連絡をいたします。
– 送信タイトル:「7/28 IBM MobileFirst セミナー 」申し込み
【必須事項】
– ご氏名(漢字):
– 部署・役職:
– ご連絡先 e-メール・アドレス:
– 電話番号:
– 勤務先会社名または所属団体名:
– 勤務先郵便番号:
– 勤務先住所:

お問い合わせ  IBMアクセスセンター
◆TEL: 0120-300-426 受付時間 9:30~17:30 (土、日、祝日を除く)
お問い合わせの際は、「7/28 IBM MobileFirst セミナー」の件とお申し付けください。

アジェンダ

14:00-14:05

モバイルが実現する事業と業務の変革(コグニティブビジネス)

日本IBM株式会社
コグニティブ・ソリューション事業部 モバイル事業担当リーダー  高井良輔

14:05-15:05

[ 基調講演 ]
音が新たな天然資源に、生き物のように学習する技術も登場

モバイルデバイスやセンサーが隅々まで行き渡ることで企業の情報システムは根底から変わるといわれています。これまではコンピュータが理解することが難しかった音や映像さえも、コグニティブ・コンピューティングや人工知能の進化によって「天然資源」へと生まれ変わるからです。既にホームセキュリティなどの領域では、音や映像が活用され始めています。基調講演では、マサチューセッツ州ボストンのベンチャー企業、OtoSenseをお招きし、とても身近な「音」の活用事例とその可能性についてご紹介いただきます。また、後半では、脚光を浴びているディープラーニングやニューラルネットワークの分野で最先端技術を開発したIBM東京基礎研究所からコグニティブ時代を支える数理科学的分析について分かりやすく解説いただきます。

アイティメディア株式会社 エグゼクティブプロデューサー 浅井英二 氏

15:05-15:15 休憩
15:15-16:15

モバイルを起点とした業務改革の進め方と最新事例

昨今モバイル・テクノロジーの採用は業務改革に必須となってまいりました。当セッションではモバイル・ソリューションに戦略的投資をし、業務プロセスのデジタル化、顧客に対する洞察力の強化に取り組む先進企業の事例をご紹介いたします。さらに、デモも交えてゴールを引き出すためにどのようなアプローチが可能なのかをご紹介いたします。

日本IBM株式会社 パートナーGBSインテグレーティッド・モバイル・サービス 藤森慶太

16:15-17:05

業務のデジタル化と新たなイノベーションを支えるためのプラットフォームとは

業務を変革し、顧客ニーズを満たす品質の高いモバイル・サービスの提供に取り組む企業が増えている。しかし、要望に都度対応した結果、リソースの不足、セキュリティーや拡張性、保守に関する問題が浮き彫りになるケースが出てきている。一方でインベーションの創出、顧客満足度の向上の実現に向けて、IoTやコグニティブといった新しいテクノロジーに対する期待も高まっています。新しいテクノロジーも簡単に取り入れ、持続的なモバイル開発を支えるクラウド開発環境を紹介する。

日本IBM株式会社
クラウド事業本部 クラウド・エバンジェリスト 佐々木志門

  • 講師、テーマなどは事前の予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。
  • 受講票はe-メールにて送付いたします。当日は、受講票とお名刺をご持参いただきますようお願い申しあげます。
  • 同業他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合もございますのでご了承ください。
More stories

自動化ソフトウェア導入の最新情報

cloud, IBM Cloud Blog, IBM Cloud News...

2019 年 6 月 17 日 | 著者: Shekar Madishetty、IBM Digital Bus ...続きを読む


マルチクラウドとは何か

IBM Cloud Blog, クラウドサービス

マルチクラウドとは、一時点で複数のクラウド環境を利用するクラウド活用法です。主に複数のクラウド・ベンダーから提 ...続きを読む


【10月16日開催】AI データベース登場 – DBが革新するアプリ開発と運用管理

アナリティクス, イベント・セミナー

DX時代を迎え、あらゆる企業が「デジタル企業」になることが求められています。そしてデータはそ の中核を支える経 ...続きを読む