Cognitive Applications Blog

Maximoで、環境のマネジメントを実現:環境エネルギーは見えていますか?

記事をシェアする:

top

昨今、地球温暖化に関し「科学者が考える領域」から地球から恩恵を受けるすべての人間が「身近に考える問題」となりました。
現在は世界の様々な人々が地球気候変動に関する具体的な問題として認識し、温暖化防止の活動を開始しています。

日本IBMは低炭素社会の実現に向けて、環境経営の実践、社会との協働を通じた活動、そして環境に貢献するイノベーションを提供し、お客様、社会とともに変革を推進しています。

Maximo自体にエネルギー削減機能が搭載されているわけではありませんが、Maximoの標準機能を利用し、社内の管理プロセスを標準化することにより、他のソフトウェアや機器を利用してエネルギー消費量などの情報管理を行う基盤の構築が容易になります。

また、管理対象資産とその他のマップされた地物との間の空間的関係を視覚化できるMaximo Spatial Asset Managementの利用によりデータセンターなどの熱の状況をヒートマップなどで表示することも可能です。

IBMの提供するイノベーションでMaximoが、お届けしているソリューションは本サイトにて順次お届けします。


Maximo環境エネルギー管理テンプレート

環境エネルギー管理を推進する為のソリューションとして、Maximoと、環境情報収集装置を連携することによりエネルギー削減を推進するソリューション”環境エネルギー管理テンプレート”の提供を開始しました。

このテンプレートは、Maximoで管理する資産台帳と環境情報収集装置を連携することによりオフィス、工場、店舗などにおけるエネルギー情報の可視化を実現します。
エネルギー情報として空調、照明などの電力量を収集し、施設、設備の単位で蓄積、管理することが可能となります。
また、電力量からCO2排出量(算出値)も同時に管理することが可能です。
このように実績値情報をMaximoに蓄積し作業管理機能を利用することによりエネルギー削減への適切な作業指示へと結びつける事も可能となります。

機能

01-01

  • 施設、設備台帳
  • 環境情報収集 電力量、CO2排出量(算出値)
  • レポート

 

 

 

 

管理画面イメージ

01-02l

環境エネルギー管理のPDCAサイクルについて

01-03

KPI画面

01-04

 

問い合わせ情報

お問い合わせやご相談は、Congitive Applications事業 にご連絡ください。

 

 

関連ソリューション: IBM Maximo

 

More Cognitive Applications Blog stories

DX時代の今だから考える! これからの設備保全の世界とは!? | 12月8日Webセミナー開催

Cognitive Applications Blog

  高度成長期時代に導入されたインフラ設備の老朽化をはじめ、高経年設備の突発的な故障を防ぐための策はさまざまな業界で模索されています。さらに、国内の少子高齢化に伴う労働人口の減少、そして気候変動による災害の激甚 ...続きを読む


アイデアミキサー・インタビュー | 河野 英太郎(作家、アイデミーCOO、他)後編

Cognitive Applications Blog

  生産性向上は幸せになるための手段  「アイデアミキサー」第6回は、日本IBMへの入社と退社を2回繰り返したというちょっと変わった経歴をお持ちで、現在はアイデミー社の取締役COOを筆頭に、複数の肩書きで活動し ...続きを読む


IBM Maximoで「スマート保安」にアクションプランを

Cognitive Applications Blog

  一足飛びにいかないスマート保安…。でも、ワンストップで実現する方法あります!   経済産業省が、いわゆる「スマート保安」を強力に推進するために、官民トップによる「スマート保安官民協議会」を設置した ...続きを読む