AI Applications Blog

東京モーターショー動画 | モビリティにおける生体情報の活用

記事をシェアする:

 

「2030年に新車販売される車両の15〜20パーセントが、完全自律型機能を持った車両となる」

「2030年に世界中を走る車両の総合走行距離のうち1/4がシェアリングカーによるものとなる」

— こうした「モビリティの世界における大変革」を前に、社会制度や産業、テクノロジーが果たせること/果たすべきことにはどのようなことがあるでしょうか。

さまざまな視点や切り口による検討が考えられる中、忘れてはならないのが認知機能や生体情報などを活用した「人間の特性を踏まえたアプローチ」です。

 

2019年秋に開催された東京モーターショー2019の中で、ひときわ大きな注目を浴びたのがテクノロジー企業である日本IBMによる初出展でした。

この動画では、IBMブースに慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科の満倉靖恵教授をお迎えし、脳波解析や生体信号処理の研究から見えてきた「モビリティにおける生体情報の活用」についてお話いただいた模様をお伝えいたします。

 

 

動画を観る前に内容をもう少し詳しく知りたいという方は、、下記の見どころ紹介を参考にしてください。

 

 

■ 見どころ紹介1 操安性とストレス

  • 48% – 人の気持ちは本当にアンケートで取れるのか?
  • 40% – ストレスに反応して分泌される物質「コルチゾール」で運転手を解析してみた
  • 前頭葉に注目した脳波計測で「知りたい気持ち」を定量化してみたら

 

■ 見どころ紹介2 脳波にまつわる都市伝説

  • 15年以上の研究により、マイクロボルト単位の脳波からノイズ除去に成功
  • 頭皮表面上で観測される脳活動電位の種類: 「δ(デルタ)波」「「θ(シータ)波」「 α(アルファ)波」「β(ベータ)波」
  • リアルタイムノイズ除去により実現した「感性の定式化」

 

■ 見どころ紹介3 知りたい気持ちの定量化

  • 「興味」をリアルタイムに数値化し、一定値を越えたら録画してみた
  • 自動車乗車中の「ストレス」をリアルタイムに数値化してみる
  • 「場所 x 時間 x ストレス x 気持ち」でドライバーの状態をマッピングしたら?
  • 「カーナビ x IoT x AI」で、あなたの気持ちに合わせて道案内
  • 疲れる前に「疲れるよ」、ストレスが溜まる前に「ストレス溜まるよ」。先回りする車。

 

 


問い合わせ情報

お問い合わせやご相談は、IBM Watson IoT事業部 にご連絡ください。

 

関連記事

 

More AI Applications Blog stories

アウトストラーデ・イタリアとIBM、社会インフラをリアルタイム監視・管理するIoTソリューションを発表

AI Applications Blog

イタリアの高速道路(アウトストラーダ)を管理運営する民間企業アウトストラーデ・イタリア(ASPI)は、橋、道路、トンネルなどのインフラストラクチャをリアルタイムに監視し、ライフサイクル全体を通じて管理するIoTソリューシ ...続きを読む


「ニューノーマル」に合わせた開発環境をチームに

AI Applications Blog

■ 「ニューノーマル」におけるチームと開発環境とは 健康、経済、職場環境…。今、私たちが前例のない時代に暮らしていることは明らかです。私たちのもとには、現在必要な支援と、今後に向けた取り組みへのアドバイスを求める声がさま ...続きを読む


社会を変える – IBMが起こす社会的ムーブメント | セッションレポート

AI Applications Blog

9月3、4日の2日間に渡り日本IBMの大型デジタル・イベント「Think Summit 2020」が開催されました。 2日間延べ80を越えるセッションの中でも、キーテーマである「ニューノーマルへの挑戦」を最も象徴的に表し ...続きを読む