IBM Sustainability Software

保全業務の「超」省力化をドローンで | 3月17日セミナー開催

記事をシェアする:

工場もインフラも人不足を解決!!

最新ドローン技術活用による保全業務の「超」省力化

 

すでに多くの企業で活用がスタートしているドローン。最近では、エネルギープラントや建設現場、また空港や港湾などのインフラ施設でも飛行ロボット型をはじめとしたドローンが使われるケースがここ日本でも増えています。

ドローンの進化は、画像解析などのAIテクノロジーの進化と歩みを共にしており、近年その役割範囲は広がり続けています。データ収集や保全箇所の特定という、初期の「移動型センサー」としての比較的単純な役割から、関連業務の自動化ソフトウェアやエッジ・コンピューティングとの組み合わせにより、問題箇所に関する自動連絡や作業指示発行など、これまでとは異なる「保全業務の『超』省力化」を実現しています。

 

申し込み先着100名限定セミナー開催

そんなドローンに関する最新の動向や活用例を、国内の数々の企業とともにドローン技術の保全現場への導入を推進しているセンシンロボティクス社にご紹介いただくセミナーを、下記内容にて開催します。

今、本格的な普及期を迎えようとしているドローンと最先端のデジタル技術を組み合わせることで、目先の「人手不足」と将来に向けた「技術継承」の、経営課題と現場課題を解決しませんか?

お申し込みはお早めにお願いいたします(申し込み先着100名限定のセミナーです)。

 

詳細・お申し込み

https://event.on24.com/wcc/r/3666897/E23BF4C7C4B056C6CB4D388CBF3D1C96

 


 

開催情報

・ 開催日時:2022年3月17日(木)16:00 – 17:20

・ 開催方法:リモート配信

・ 参加費:無料

・ 対象:社会インフラ、プラント、工場、倉庫等のメンテナンスでドローンの活用をご検討のお客様

・ 講師 :

大木健 氏

株式会社センシンロボティクス プロダクトマネージャー

 

 

野ヶ山尊秀

日本アイ・ビー・エム株式会社 テクノロジー事業本部 コグニティブアプケーション ビルダー

 

 

 

QRコードまたは下記よりお申し込みください。
https://event.on24.com/wcc/r/3666897/E23BF4C7C4B056C6CB4D388CBF3D1C96

 


 

問い合わせ情報

 

関連記事

AI搭載犬型ロボットが刷新する保守保全の姿 | ボストン・ダイナミクスとIBMの取り組み

IBM Maximoで「スマート保安」にアクションプランを

[事例] Sund&Bælt Holding社 | より良い洞察への架け橋を築く

 

More IBM Sustainability Software stories

OSLC | 複雑な製品の開発者なら知っておくべきこと

IBM Sustainability Software

  拡大を続けるエコシステムで、デジタル・エンジニアリングを実現するために   自動車、医療機器、航空宇宙・防衛産業…。ますます複雑化する製品は、その開発難易度をますます高めています。この傾向は先に挙 ...続きを読む


ドローン点検を検討すべき5つの事業領域

IBM Sustainability Software

商業用ドローンを使用した点検は、高精度・安全・安価・効率的と多くのメリットをもたらすことから、さまざまな業界でその導入および検討が進んでいます。Quadintel社の「ドローン検査およびモニタリングの世界市場の成長機会・ ...続きを読む


炭素排出量管理でESG投資時代の「企業価値」をつくる | ハフポスト日本版&IBM共同セミナー・レポート

IBM Sustainability Software

サステナビリティ推進部門や担当者にとって現在最も重要な仕事は、サステナビリティ成果を企業価値向上へとつなげていく「サステナビリティ経営の確立」に向け、経営陣のブレーンとしての役割をしっかりと果たすことです。 しかし残念な ...続きを読む