IBM Consulting

データドリブン経営ソリューション

記事をシェアする:

データドリブン経営の必要性

旧来の情報システムでは、事業規模拡大に伴うシステムのビルディング・ブロックの結果、事業別にマスタ・トランザクションを管理する事となり、一元的なデータ管理ができていない企業が多く見受けられます。また、データを業務部門で利活用できる状態にするには多くの時間を要し、それは夜間バッチ連携によるリードタイムの長さや、データ管理部署によるデータ加工作業時間などが起因しています。小売業のお客様における業績管理と施策立案はウィークリーで行われおり、スピード経営を実践するにために、データの鮮度と提供時間は大きな障壁となっています。

さらに、小売業における情報分析は、POSデータを中心とした過去データによる分析が中心であり、プレディクティブなアクションが打ちにくい傾向にあります。部門別、カテゴリー別などの階層別集計が従来の主な指標となりますが、見る側である営業部門のスキルレベル、例えば、数多くの経験を積まれたレジェンド店長か、そうではない一般店長かによって、データの読み解き及びその後のアクションに大きな差が出てしまいます。これはレジェンド店長が感と経験に基づきデータを解釈しているためであり、レジェンドの感と経験を数値化し一般店長によるアクションの再現性が今後重要となってきます。

IBMが考えるデータドリブン経営ソリューションの取り組み事例を紹介します。

IBM リファレンス・アーキテクチャー
IBM リファレンス・アーキテクチャー

データ基盤に関するIBMのリファレンス・アーキテクチャーは、旧来のデータウェアハウスとBIに加えて、リアルタイム・インジェクション、データレイク、データサイエンスなど網羅的なものであり、ビッグデータ活用する上で必要となる各種機能要件を実現するための弊社が持つサービス・アセットになります。

従来のデータウェアハウスの概念を包含しつつ、ビッグデータを取り扱う拡張性、アジャイル・アプローチによるスモール・スタートの実現、クラウドプラットフォームを活用した低コストでの実現の特徴をもっています。IBMで実績のあるリファレンス・アーキテクチャを参考に、お客様の想定機能をマッピングし、将来データ戦略に合わせたデータ基盤アーキテクチャーをテーラーメイドで構成すると共に、必要な製品選定の支援をさせて頂きます。

経営価値を最大化する為のデータ戦略の知見
経営価値を最大化する為のデータ戦略の知見

経営判断のスピード向上には、「経営と現場」「本部と現場」「機能の横同士」をKPIでつなぎ、共通の言葉で話せる事が非常に重要です。

IBMがもつリファレンスKPIモデルをベースにROEを要素分解し、それぞれの要素に対して、ビジネス価値を向上するユースケースを検討します。これにより、抜け漏れなく全体感を持って、KPIの検討を行うことができるようになります。

データドリブン経営に関するご相談をお待ちしております。

このブログに関するお問い合わせやご相談はこちら

古谷 太一

古谷 太一
日本アイ・ビー・エム株式会社
IBMコンサルティング事業本部
製造・流通・統括サービス事業部
コンシューマー・セールス
クライアント・セールス・コンサルタント

More IBM Consulting stories

お客様との信頼関係の築き方-IBMコンサルティング流 営業職のコミュニケーション

IBM Consulting

日本IBMの事業の柱の1つであるIBMコンサルティングでは、2021年10月のブランド創設以来、時代に即したビジネスを、これまで以上に迅速に、そしてより多くの共感とオープン性を持って進めています。社員はプロアクティブに自 ...続きを読む


進まない物流DX 。その原因と物流クライシス対策のすすめ

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

物流クライシスとは 「物流クライシス」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか。日本では近年、高齢化によるトラックドライバーの労働人口不足や「物流の2024年問題※」などを背景に物流危機が起きる可能性があると言われていま ...続きを読む


顧客が期待する「DXパートナー」としてのIBMに求められる姿勢

IBM Consulting, デジタル変革(DX), 事例

DXの波が急拡大し、DXグランプリやDX銘柄等の政府認定の仕組みなども普及して行く中で、製造業各社において実際のDX推進を自社単独で推進するのは、非常に難易度が高く、外部からの支援を求めるケースが増えている。この波に便乗 ...続きを読む