IBM Consulting

ブロックチェーンがあなたの次の旅行にもたらす体験価値

記事をシェアする:

この記事は、2019年3月10日に発行された“How blockchain can make your next trip Instagram-worthy (英語)”の抄訳です。

新しい世代は、体験を買う

休暇とは、ある人にとっては、眩しい太陽のビーチで美味しいお酒を片手に過ごす1週間であり、またある人にとっては、先住民の丸木舟で密集したガイアナの熱帯雨林を漕ぎ進むことであり、あるいは、モンゴルのゴールデン・イーグル祭りで壮観な競走馬の写真を撮影することかもしれません。

「新しい世代は、もはやモノを買ってはいません。彼らは体験を買うのです。」
と、旅行取引プラットフォームTravelport(IBM外のWebサイトへ)のチーフアーキテクトであるMike Croucher氏は述べています。

Millennial Marketing(IBM外のWebサイトへ)のJeff Frum氏が“Experience Currency(体験通貨)”と名付けた概念は、モノを超えた、記憶に残る瞬間への需要から生まれたものです。
このデジタル時代において、Z世代やミレニアル世代は、ソーシャルメディアで共有し「いいね」を貰い、友人、家族とのつながりを刺激できるような体験を求めています。

旅行サイトのSkift(IBM外のWebサイトへ)によると、ミレニアル世代は年間35日分の旅行を計画しており、また目的地を選ぶ際には40%がソーシャルメディアでの反響を意識します。
Z世代は、より“一度きりの人生でやりたいこと”を明確にしている傾向があり、ユニークで変わった場所を探しています。そして旅行の意思決定の90%は、ソーシャルメディアからの影響を受けています。

旅行者は、ユニークな体験を容易にシンプルに管理できることを望んでいます。
しかし、旅行業界はそれらに対応する準備ができているのでしょうか?

旅行先での現地体験ビーチでのイメージ写真

現地体験における課題

「旅行中のサプライチェーンは、断片的になってしまうことが多い。」とCroucher氏は指摘します。
「特に難しいのは、旅行先での現地ツアーやアクティビティです。地元ならではの料理や、現地語レッスン、セグウェイ・ツアー、展示会は、ソーシャルメディアでの反響を期待することができますが、そのためには、地元の小規模なサプライヤーから調達し、現地通貨での支払いが必要になります。」

Travelportのような旅行取引プラットフォームでは、旅行先での現地体験のシームレスな予約を実現できる可能性があります。Croucher氏によると、多くの小規模なサプライヤーを統合的に管理することは、今までは困難なことでした。

「現地の小規模な事業者のコンテンツをシステム上に配置するためには、非常にコストがかかります。」とCroucher氏は言います。
「まず、コンテンツを表示させるためのコストがあり、次に決済と契約管理のコストがあります。」

現地体験のコンテンツには多種多様な特徴があり、また事業者の技術的な能力も限られているため、取引完了に至るまでのプロセスには長い時間がかかります。

旅行者としても、地元の小さな事業者のコンテンツを見つけるにあたり、本当のことが書かれているのか判断に迷うレビュー情報を整理しなければなりません。そしてその結果、フライト、ホテル、その他の旅行宿泊施設の予約にまで影響を及ぼす可能性があります。

ここで、ブロックチェーンが大きな革新をもたらすとCroucher氏は言います。

ビジネスとプロセスを再構築する

2018年、TravelportはIBMと協力し、プライベート型ブロックチェーンの分散型台帳モデルが、コンテンツの配信と決済の問題をどのように解決できるかを調査しました。
ブロックチェーンにより、旅行者、現地のサプライヤー、およびホテルは、いわゆるロングテール※1の管理と可用性の向上から、それぞれに利益を得ることができます。

※1ロングテール(long tail)とは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えること、または対象となる顧客の総数を増やすことで、総体としての売上げを大きくするもの。

「私たちは、取引において負荷がかかるタスクを手動で実行するのではなく、予約をアップロードすることで、ブロックチェーン・ネットワーク内の契約や管理タスクが自動で処理される機能をオペレーターに提供しています。」とCroucher氏は述べています。

このブロックチェーンを通して購入できる現地体験のコンテンツが、実際に存在し、かつ適切な品質で信頼できることを保証するために、Travelportは、全てのコンテンツについて地元マーケットの個人または団体による承認を求めます。地元の旅行代理店または観光局がコンテンツを承認すると、ブロックチェーン上で承認証明が付与されます。

コンテンツが承認されると、ブロックチェーン上でホテルやクルーズラインなどの販売パートナー向けに表示されるようになります。またコンテンツの承認者は、コンテンツの販売に関する手数料を受け取ることができます。

コンテンツが販売されると、スマート・コントラクト※2が各参加者に自動支払いを実行します。
「これは即時決済となります。現状では、販売における手数料の決済には6〜8週間もかかっているのです。」とCroucher氏は述べています。

※2スマート・コントラクト(Smart contract)とは、契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図したコンピュータプロトコル。スマートコントラクトには第三者を介さずに信用が担保されたトランザクションを処理できるという特徴がある。ブロックチェーンおよび暗号通貨の主要な用途の一つ。

旅行先での現地体験のシームレスな予約イメージ写真

旅行におけるブロックチェーンの価値は魅力的かもしれませんが、どこから始めればよいのかわからない企業も多くあります。Croucher氏は、ブロックチェーンの誇大広告を切り抜けるためのいくつかのアドバイスを持っています。

「それは既存のプロセスに、ブロックチェーンを適用することではありません。」と彼は言います。
「まずは、分散型台帳機能で解決できるビジネス上の問題を特定すること、そこにブロックチェーンを適用することが重要です。」この思慮深いアプローチは、デジタル・トランスフォーメーションの成功に役立つと彼は言います。
「ブロックチェーンのようなテクノロジーにより、ビジネスとプロセスについて全く異なる考え方ができるようになります。あなたがどのような業界にいたとしても、自らを破壊的に変えていくことも必要です。」

IBMでは、国内外で多数のブロックチェーンプロジェクトを経験しており、単なる技術検証に止まらず、社会実装を実現したもの、実装に向けて推進中のものも相当数にのぼります。また、旅行・運輸業界のお客様のためのインダストリー・コンサルタントやシステム構築のデリバリー・メンバーがおり、グローバルな業界知見を活用したコンサルティング、業界共同プラットフォームの実現に向けた取り組みなど、デジタル・トランスフォーメーションのパートナーとしての支援ができます。

本ブログの日本語翻訳者

片山 了輔

片山 了輔
日本アイ・ビー・エム株式会社
IBMコンサルティング事業本部
製造・流通・統括サービス事業
航空・運輸・旅行サービス部門 インダストリー・コンサルタント
Ryosuke.Katayama@ibm.com

旅行事業において10年以上のシステム開発経験をもち、航空・運輸・旅行業界のお客様担当のコンサルタントとして活動。現在はGarageやDXの推進に関わりながら、お客様の新規ビジネス検討支援も行っている。

関連情報

More IBM Consulting stories

資源循環型社会の実現に向けて|三井化学・野村総合研究所・日本IBMの取り組み

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

深刻な環境問題を解決するには、資源循環型社会の実現が急務 近年注目を集める「サーキュラー・エコノミー(循環型経済)」とは、製品、素材、資源の価値を可能な限り長く保全・維持し、廃棄物の発生を最小限化する循環型の経済システム ...続きを読む


第3回 Z世代にバトンを渡す“システム運用”|公益業界におけるプラットフォームの現状と方向性

IBM Consulting, デジタル変革(DX), 基幹業務システムの刷新...

連載コラム「公益業界におけるプラットフォームの現状と方向性」 第3回 Z世代にバトンを渡す“システム運用” 現在“旧料金システム”を運用しているのは“X世代”が主流となっています。“ベビーブーム世代”が作り上げたシステム ...続きを読む


お客様寄稿|日立造船、DX実現のヒントは現場から

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

当記事は、AIによるごみ焼却施設の全自動化を実現した日立造船株式会社の飯尾 和人氏に、デジタル変革(DX)のはじまりから、テクノロジーの進化とともに歩まれてきたエピソードと課題、未来への展望をご寄稿いただきました。 飯尾 ...続きを読む