IBM Watson Blog

IBM Watson Visual Recognitionサービス提供終了のお知らせ

記事をシェアする:

IBM は、2021年12月1日にIBM Watson Visual Recognition (VR)のサービスを停止いたします。

 

サービス停止の概要は以下の通りです。

  • 2020年12月1日:Visual Recognition リリースノート (英語)に掲載
  • 2020年12月1日:サービスのすべての有償ユーザーにサービス提供終了メールで通知。標準プランの新規インスタンスが作成できなくなりました。既存のインスタンスはサービス終了まで継続使用可能です。
  • 2021年1月7日: Visual RecognitionはIBMクラウド・カタログから削除され、ライトプランの新規インスタンス作成ができなくなります。
  • 2021年12月1日:Visual Recognitionサービス終了

Watson Visual Recognitionの概要

 

今後の対応について

カスタムモデルのユーザーに対して移行方法は提供されていません。ただし、ラベル付き学習データが残されていた場合、再学習することによりMaximo Visual Inspection (英語)が移行先となり得ます。

事前学習済みモデル(一般、Explicit、Food)をご利用のユーザーに対しては、新しい代替手段は提供されません。

 

サービス提供終了お知らせメール

2020年12月1日に下記の要領で、IBM Cloud 契約IDおよびVisual Recognition 有償ユーザーIDに送付されています。

From: IBM <no-reply@growth.ibm.com>
Subject: Watson Visual Recognition Announcement

Watson Visual Recognition
Hi there,

IBM will begin sunsetting Watson Visual Recognition on December 1, 2020. For a period of one year from this date, you will still be able to use Watson Visual Recognition. However, as of December 1, 2021 the offering will no longer be available.

For more on IBM’s visual recognition capabilities, please contact Offering Management, IBM Watson.

Thank you,

IBM Cloud Team

Q&A

Q: サポートが終了するまでの1 年間、情報や資料はありますか

A: Visual Recognitionに関する資料は引き続きIBM Cloud Docs Web サイトから入手できます。https://cloud.ibm.com/docs

 

Q: お客様へはどのように伝えられましたか?

A: Visual Recognitionのサービス終了について、既存の有償オファリングをご利用のお客様に、メールで配信しました。また、2020年12月1日のリリースノートに掲載しております。https://cloud.ibm.com/docs/visual-recognition?topic=visual-recognition-release-notes&locale=en#1december2020 (英語)

 

Q: Visual Recognition を置き換えるオファリングはありますか。

A:カスタムモデルのユーザーに対して移行方法は提供されていません。ただし、ラベル付き学習データが残されていた場合、再学習することによりMaximo Visual Inspection (英語)が移行先となり得ます。事前学習済みモデル(一般、Explicit、Food)をご利用のユーザーに対しては、新しい代替手段は提供されません。

 

Q: Maiximo Visual Inspectionで何ができますか。

A: IBM Maximo Visual Inspectionは、プログラミングなどの専門知識を必要とせず、ブラウザ上のマウス操作により以下の画像認識を行うモデルを開発できるツールです。
– 画像分類
– 物体検出
– セグメンテーション
– アクション検出

具体的には、学習画像データに対するラベリング、画像認識モデルの開発、開発したモデルのエクスポートやAPIによる呼び出しが行えます。

 

Q: Maiximo Visual Inspectionの利用方法は?

A: IBM Maximo Visual Inspectionはソフトウェアとなりますので、Cloudやオンプレミス環境上に導入・構築し、ブラウザ経由でアクセスしてご利用いただきます。

詳細につきましては、こちらをご参照ください。
IBM Maximo Application Suite 8.2 adds IBM Maximo Visual Inspection (英語)

IBM Maximo Visual Inspection Knowledge Center

More IBM Watson Blog stories

Watson Assistant のさらなる進化 ー新たな価格プラン

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI, IBM Watson Blog

「継続的な成長と発展なくして、改善・達成・成功という言葉に意味はない」— ベンジャミン・フランクリン Watson Assistant は、常にチャットボット市場をけん引し続けてきました (IBM ではチャットボットでは ...続きを読む


テキストの発話速度の調整方法

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI, IBM Watson Blog

cURLコマンドの<prosody>要素を使用して、テキストの発話速度の制御がいかに簡単かを学びます。 開発者は、最近、私が答えようとしていた質問を受けました。cURLPOSTを使用してIBM Watson  ...続きを読む


NLP・NLU・NLG: 自然言語処理における 3 つの 概念の違い

IBM Cloud アップデート情報, IBM Data and AI, IBM Watson Blog

自然言語処理 (NLP)、自然言語理解 (NLU)、および自然言語生成 (NLG) は、すべて相互に関連するものの、別々の概念です。大まかに言えば、NLU と NLG は NLP の構成要素に過ぎません。しかし、これらの ...続きを読む