IBM Watson Blog

あらゆる言語に対応する Watson アシスタント

記事をシェアする:

An assistant for any language

Photo by Hannah Wright on Unsplash

優れたカスタマー・サービス・エクスペリエンスを提供するのは簡単なことではありません。そのためには、お客様の望む方法で関心を引きながらやりとりし、質問を正確に理解して、効率的に問題を解決する必要があります。そのようなエクスペリエンスを作り上げるのに長けているのが Watson Assistant です。この点については過去の記事で説明しています。

しかし、より広く顧客のニーズに対応するために、アシスタントを拡張する必要が生じた場合はどうでしょうか。アシスタントの拡張に取り組んでいるエンタープライズ企業にとって、顧客が話すすべての言語をアシスタントが話すことができるかどうかは重要な問題です。あなたは、第一言語、第二言語と言語構築を開始していくと、最終的にアシスタントがすべての言語に対応するか知りたいでしょう。

朗報です。Watson Assistant は世界のすべての言語をサポートするようになりました。これについて紹介する前に、これまでどのように追加言語のサポートに対応していたのか見てみましょう。

 

無理やりはめ込むアプローチ

 

これまで、Watson Assistant は 13 の主要言語を製品として対応していました (サポート言語のフル・リストはこちらを参照)。つまり、北欧諸国の言語、ロシア語、タイ語、ギリシャ語、その他アジアおよびアフリカの一部の地域で使用されている言語は正式にサポートされていませんでした。サポートされていない言語に対応できるアシスタントをお客様が新規に構築するには、以下の 2 つのオプションがありました。

  1. 翻訳サービスを購入し、既存のアシスタントの手前に配置して使用する
  2. サポートされている言語から必要な言語に近い言語を選択する (例: ロシア語に対しチェコ語のモデルを使用するなど)

 

しかし、翻訳サービスの使用はエラーの積み重なりの影響を受けやすい傾向があります。最初の翻訳に問題があった場合、使用されている言語モデルでそのエラーが増幅され、ユーザーが正確に理解することができない可能性が高くなります。また、ロシア語のテキストに対しチェコ語の言語モデルを使用するなど類似言語モデルを使用する場合、根底にある文法の構造の問題が生じる可能性があります。それぞれの言語モデルではサポートされている言語に特化したトークン化のような事前処理が行われるため、サポートされていない言語をフィードすると、かなり大きな問題が発生し、ユーザーが正確に理解できなくなります。

 

 

ユニバーサル言語モデルの導入

 

そこで、Watson Assistant の新たなユニバーサル言語モデルが、このパラダイムを一変します。意図の分類における飛躍的な進歩をさらに進化させたこの新しい機能では、世界各地の 100 以上の言語で使用できる言語モデルを構築できるます。高度な自然言語処理と AutoML を使用することで、Watson Assistant のダイアログ・スキルおよびアクション・スキルでこれまでサポートされていなかった言語に適応し、トレーニングすることが可能になります。Watson Assistant を利用するお客様は、サポートしたいすべての言語でアシスタントを構築し、優れた機械学習とディープ・ラーニングの手法を活用して、世界のどこにいるエンド・ユーザーの問題でも解決できるようになります。ほとんどのベンダーの対応言語が 10 から 30 程度であることと比較すると、Watson Assistant がこの分野のリーダーであることは明らかです。

では、新しい言語対応を追加するために、どのようにユニバーサル言語モデルを使用するのでしょうか。Watson Assistant で新規のダイアログ・スキルまたはアクション・スキルを作成する際に、ドロップダウン・リストからユニバーサル言語モデルを選択します。そうすると、アシスタントは現在ネイティブでサポートされている 13 の言語以外の新しい言語も理解できるようになります。

An assistant for any language

言語選択リストの一番下に表示される「Another language」

 

An assistant for any language

新規のアクション・スキルまたはダイアログ・スキルの作成時に言語を設定

 

Watson Assistant のユニバーサル言語モデルの情報を確認し、ぜひ試してみてください。

Watson Assistant の利用が初めてのお客様は、こちらから詳細をご覧いただき、Watson Assistant に登録してください

 

原文:An assistant for any language (https://medium.com/ibm-watson/an-assistant-for-any-language-69e12a75024f))

More IBM Watson Blog stories

「IBMから製品を買えば間違いはない」のが本当である理由

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI, IBM Watson Blog

Watson Assistant 新しいエンタープライズ・プランをリリース   テクノロジー業界では、「IBM から製品を買っていれば間違いはない」という昔からの通説があります。新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう時代 ...続きを読む


チャットボットのオーケストレーションをしやすくする方法の紹介

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI, IBM Watson Blog

エンタープライズ・チャットボットの構築には、トレーニング・データと応答コンテンツの他にも、非常に多くの要素の考慮が必要です   時が経つのは早いもので、私がアシスタントをあらゆるものと統合する(英語)ための全体 ...続きを読む