IBM Cloud News

IBMとSAPのパートナーシップ拡大とSAP Cloud Platform, private edition のアナウンス

記事をシェアする:

企業のお客様とデジタル・ビジネスの戦略についてお話しをすると、1種類のサイズで全てをカバーするアプローチOne-size-fits-all」の難しさが明らかになります。

IaaSプラットフォームを説明する画像

企業には幅広いニーズがあり、いかなるプラットフォームに対してもアプリケーションの書き換えが必要なくワークロードを実行できるような柔軟性を持たせられないかとお客様は考えています。

そのため、IBMはハイブリッド・クラウド戦略を推進し、パブリック・クラウドに加えて、プライベートや専有環境という豊富な選択肢も提供できるIaaSプラットフォームを構築してきました。

 

IBMとSAPのパートナーシップの拡大

この専有型クラウドの選択肢は、IaaSのアジリティーとスケーラビリティーを必要とし、なおかつシングル・テナントのクラウド環境のアイソレーション(分離)を必要とする企業にとってはとても魅力的です。このような背景から、SAPは2018年6月5-7日に米国フロリダ州オーランドで開催した「SAPPHIRE」において、専有型クラウド環境としてIBM Cloud上で稼働するSAP Cloud Platform, private editionのリリース計画を発表しました。 SAPによると、SAP Cloud Platform(英語)は、ビジネス・サービス、IoT(Internet of Things)サービス、機械学習、インメモリのデータ管理およびビッグ・データ・サービスを提供し、インテリジェンスを使いこなす企業への変革を支援します。SAP Cloud Platform on IBM Cloudを利用することで、セキュリティーとコントロールを犠牲にすることなく、銀行、医療、輸送などの厳格な規制対応が求められる業界のお客様や機密データの管理を担うお客様が変革を進めるために必要な柔軟性、スピード、アジリティーを手にいれることができます。

IBM と SAPのデジタル・トランスフォーメーションのパートナーシップを通じて、IBMサービスは、ブロックチェーン、IoT、人工知能などの強力なテクノロジーを活用してデータの保護および収益化するプライベート・クラウド・ソリューションを開発または共同開発するお客様を支援します。 IBMは、2018年1月に、IBM Industry Impactサービス(英語)によって強化されたSAP Model Companyサービス(英語)を使用して、お客様企業のAI対応を支援する最初の企業となりました。 SAPのパートナー認定プログラムの導入により、IBMはソリューション・パートナーとして指定されています。

これらはすべて、IBMとSAPの46年間にわたるコラボレーションにより構築されており、その間に両社のそれぞれの機能を組み合わせて、お客様企業向けの優れたソリューションを共同で提供しています。 SAP Cloud Platform, private editionに加えて、IBMはSAPアプリケーションの多岐にわたるマネージドおよびアンマネージド・サービスの一つとして選択できるよう、IBM CloudやSAP Pinnacle Award(英語)を受賞したSAP HANAのIBM Power Systems上での稼働をサポートしています。お客様が置かれるクラウド活用の状況や過程を問わず、IBMはパブリック、プライベート、オンプレミスで、適切なSAPアプリケーションの実行インフラ環境を提供します。

 

お客様の変革を支援

OSRAM(英語)は伝統的なランプ・メーカーから最先端の照明スペシャリストに変わり、自律走行、顔認識、娯楽などのソリューションを提供しています。進化していく業界の要件を満たして、ビジネスを適応させるために、OSRAMはマルチクラウド戦略を採用し、IBMサービスのサポートを受けて主要なSAPビジネス・アプリケーションをIBM Cloudに移行しました。今日、同社のSAPアプリケーションは、地理的状況に関係なく、すべてのOSRAM社員にアクセス可能です。

法律業界向けのテクノロジー・ソリューションのグローバル・プロバイダーであるFulcrum Global Technologies(英語)は、IBM CloudとSAPを活用して、法律事務所や法務部門がバックオフィス業務を合理化し、業務効率を最大化するための一連のアプリケーションを構築しています。 SAP on IBM Cloudにより、Fulcrumはインテリジェントな企業に必須の信頼できるビジネス・サービスと、スケーラビリティー、信頼性、可用性などの技術要件と、各国の規制や運用要件を満たしながら100か国以上の法律事務所のお客様に提供できる高度なセキュリティーを実現しています。

 

IBMとSAPと共に前へ進みましょう

我々の時代の最大の問題の1つは技術に対する信頼です。100年以上にわたり、IBMは世界中の最重要企業にとって信頼できるパートナーとしてのブランドを構築してきました。この実績とエンタープライズ・コンピューティングにおけるSAPの堅実な評判が加わることで、IBM Cloud上で稼働するSAP Cloud Platform private editionは企業のお客様にとって非常に魅力的なソリューションになることでしょう。

SAP on IBM Cloudについては、こちらをご覧ください。

 

原文:https://www.ibm.com/blogs/cloud-computing/2018/06/06/ibm-sap-cloud-partnership/(US)

 

More IBM Cloud News stories

IBM Cloud仮想サーバーの1分単位の課金と課金の一時停止機能を発表

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

ITインフラストラクチャーにパブリック・クラウドを採用する大きな理由は、利用した分だけの料金を支払うことができ ...続きを読む


Db2 on Cloud データ・フェデレーション(仮想化)機能の発表

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

IBMは、Db2 on Cloudにおいて、Db2データ・フェデレーション(仮想化)機能を発表しました。この機 ...続きを読む


エンタープライズのワークロードに適した新しい仮想サーバー「Larger configuration」の発表

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

高負荷のワークロードやアプリケーションで実現している「デジタルの時代」に、クラウド基盤に必要とされるのは、選択 ...続きを読む