IBM Cloud Blog

IBM がForrester Wave™のDigital Decisioning Platformsでリーダーに位置付け (AIイニシアティブにとってそれが重要な理由)

記事をシェアする:

この投稿は、2020年12月15日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。

IBM Cloud Pak® for Automation が、最近のレポートThe Forrester Wave™ Digital Decisioning Platforms, Q4 2020でリーダーに位置付けられました

IBM Cloud Pak for Automationは、どこでも顧客の自動化アプリケーションを設計、構築、実行することのできる、モジュラー型のインテリジェント自動化プラットフォームです。IBM は、戦略部門で最高のスコアを獲得し、市場における存在感の高さでも最高のスコアを獲得しました。Forrester 社は、IBM Cloud Pak for Automation のインテリジェントな意思決定機能を評価しました。

同レポートによると、IBM Cloud Pak for Automationの一つであるIBM Automation Decision Servicesをご利用中のお客様は、「意思決定中心のアプリケーション・アクセラレーターやモニタリングの包括的な機能を利用できる」と評価しています。

 

なぜ、これが重要なのでしょうか?

残念なことに、多くの企業において、顧客のオン・ボーディングを効果的にパーソナライズしたり、アップ・セルの機会を促進したり、不正を予測したりする代わりに、実用的でない洞察を収集したり、レガシーなモノリシック・アプリケーションに頼ったりして、多くの時間とコストを浪費しています。インテリジェントで複雑な意思決定をリアルタイムで(かつ状況に応じて)行うには、顧客や従業員の体験を向上させる規範的なビジネス・ルールと予測モデルを組み合わせる機能が必要です。

IBM Cloud Pak for Automation の新しいデジタル・ディシジョン機能により、企業、特に人工知能(AI)の取り組みを行っている企業は、すでに持っているデータに基づいてビジネス成果を推進することに集中することができます。 IBM Automation Decision Services を使用すると、ビジネス・ユーザーは、自動化プロジェクトのライフサイクル全体を通じて、データ・サイエンティスト、ビジネス・リーダー、その他のSME (Subject Matter Expert)との連携が可能になります。IBM Automation Decision Services の利用により、ビジネス・ユーザーは、機械学習モデルに固定されていることが多い強力な洞察を容易に活用して、よりインテリジェントでターゲットを絞った意思決定を大規模に行うことができます。また、一般的な IT DevOps ツールとネイティブに統合されているため、こうしたプロジェクトを記録的短時間で構築して展開することができます。

IBM Cloud Pak for Automation のインテリジェントな意思決定機能により、お客様は次のようなことができます:

  • 収益性を高める機会を見極める
  • 一貫してコンプライアンスを向上させる
  • 情報を活用してリスクを管理する

より良い意思決定を行い、同時により迅速な意思決定を行うことができればさらに役立ちます。このたび評価された機能を活用すれば、事業部門の専門家は、あまり学習しなくても、意思決定の自動化プロジェクトを効果的に開始し、意思決定のモデル化にその知識を適用することができます。意思決定モデルの変更が必要な場合には、ビジネス・ユーザーは迅速に意思決定モデルを更新することができます。また、意思決定モデルは他のITシステムと容易に統合できるため、アプリケーションは複数のチャネルにまたがって自動化された意思決定を拡張して実行することができます。

 

こうした機能はお役に立ちますでしょうか?

もし、以下のような条件やニーズがおありの場合には、ご紹介したようなインテリジェントな意思決定機能は最適なソリューションとなるでしょう:

  • ますます変化するビジネス上の意思決定を迅速に自動化する必要があり、ITチームを介さずに意思決定の自動化プロジェクトを開始できるようにしたい。
  • データ・サイエンスをさらに活用し、機械学習や予測モデルを運用する必要がある。
  • 熾烈な競争状況に直面しているため、よりパーソナライズされた製品やサービスを提供するために、顧客の意図をよりよく理解する必要がある。
  • コンプライアンスを向上させるために、一貫性を強化する必要がある。
  • リスクを管理するために、情報の活用方法を飛躍的に改善する必要がある。
  • IT、LOB、データ・サイエンス・チーム間のサイロを解消する必要がある。
  • 自動化プロジェクトのシャドーIT状況をなくす必要がある。

 

さらに詳しくは

Digital Decisioning PlatformにおいてIBMをリーダーに位置付けたForrester社発行の最新のレポートは、こちら(英語:要登録)をご覧ください。

IBM Cloud Pak for Automation を活用した自動化ソリューションをご検討の際には、ぜひこちらの情報もご参照いただけますと幸いです。


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

*このブログは、2020/12/15に発行された“ IBM Named as a Forrester Wave Leader (and Why it matters to Your AI initiative)(英語)の抄訳です。

More IBM Cloud Blog stories

ソフトバンク様とIBMによる分散クラウド「IBM Cloud Satellite」共同検証の結果報告

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud Partner Blog...

クラウド黎明期よりマルチクラウド戦略を掲げ適材適所でITプラットフォームを提供されているソフトバンク様。この度、同社とIBMにより、5G/IoT時代を見据えて分散クラウド「IBM Cloud Satellite」の共同検 ...続きを読む


クラウドネイティブ環境の運用監視に「Instana」はどう効くのか? 日鉄ソリューションズ様が大規模コンテナ環境で実践中!

IBM Cloud Blog, IT部門向け, クラウド・アプリ構築...

企業のデジタル変革を加速する各種のサービスをアジリティー高く開発し、マイクロサービスなどで効率的に運用していくための基盤として、コンテナ技術の普及が進んでいます。そのコンテナやマイクロサービスなどで構成されるクラウドネイ ...続きを読む


第4回 『コンテナとストレージの切っても切れない関係』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。IBMテクノロジー事業本部の田中です。ストレージのテクニカルセールスをしています。 コンテナ化というとまずアプリケーションのことを考えますが、実際にコンテナ化したアプリケーションを動かす時にはストレージが必要 ...続きを読む