IBM Data and AI

IBM、ガートナー社「2020 Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems」でリーダーの1社として評価

記事をシェアする:

最新版の「Gartner Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems」で、喜ばしいことにIBMがリーダーの1社として認められました。

この評価は、お客様にワールドクラスのデータベース管理システムを提供するにあたっての、IBMの継続的なグローバル・リーダーシップ、強み、数十年の経験を裏付けるものと考えています。ガートナー社は以前、クラウドはデータベース管理システムの未来であると述べました。IBMも同じ考えです。エンタープライズでテストされた機能豊富なIBM製品のポートフォリオ、大胆な企業買収やパートナーシップにより、お客様がビジネス固有のニーズにも対処して成功に導くことができると確信しています。

IBM Cloudが提供する幅広いフルマネージドのDatabase as a Service (DBaaS)製品は、規模の大小を問わずあらゆるビジネスのニーズに対応します。IBMは、IBM Cloudの弾力性(elasticity)と柔軟性(flexibility)を活用できるよう構築された、使いやすいデータ・サービスをご提供しています。IBMの商用データベースおよびオープンソース・データベースは、お客様がIBM Cloudに取り込むすべてのデータ(構造化、非構造化、SQL、NoSQL、イベント、IoT、ブロックチェーン、データレイク)をサポートしています。IBMのデータ・サービスを支える設計理念は、グローバル規模のハイブリッドクラウド、エンタープライズ・セキュリティー、クラウド・プラットフォームとの緊密な統合です。Db2、Db2 Warehouse、PostgreSQLなどの一般的なリレーショナル・データベース・エンジンでも、CloudantMongoDBDataStaxなどの非リレーショナル・エンジンでも、IBMが提供する多様なデータを活用するテクノロジーで、クラウド・ネイティブ開発、アプリケーションのモダナイズ、ビジネス・トランスフォーメーションの目標を実現できます。アメリカン航空 (英語)ハリーローゼン (英語)エティハド航空 (英語)など、イノベーションの推進や顧客への価値提供を目指す多くの企業がIBMと提携している理由がここにあります。

Db2データベース・エンジンおよびIBM Cloud Pak® for Dataプラットフォームを介して豊富なAI機能を提供するために、IBMは大規模な投資を継続して、お客様に大きな価値を提供しています。Db2エンジンの内部では、高度なML(機械学習)オプティマイザーを活用して、より高速なクエリー・パフォーマンスを実現しています。Db2サービスでは豊富なML関数ライブラリーも提供します。ユーザーはそれを活用してMLモデルを迅速に生成および評価し、データを移動せずにエンジン内で予測を実行することができます。また、Cloud Pak for Dataプラットフォーム内のWatson StudioおよびWatson Knowledge Catalogと組み合わせれば、クラス最高のデータサイエンスIDEとデータベースを利用できます。

そして、IBM Cloud Pak for Dataはお客様が選択したベンダーにIBMの製品をデプロイできるように設計されています。ハイブリッドクラウドとAIに対するIBMの取り組みは、“情報アーキテクチャーなくしてAIなし“という原則に基づいています。データベース管理システム・ポートフォリオとAIおよびハイブリッドクラウドの統合は、この原則の表れです。

ツールと機能は完全にコンテナ化されてRed Hat OpenShift上で実行されるため、企業はアプリケーションやワークロードをどこでも、どのクラウドでも実行できます。この取り組みからお客様が利用できるという価値を、ガートナー社が認めたことは大変喜ばしいことです。

IBMをリーダーとして評価したガートナー社の決定について詳しくは、Gartner Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems (外部ページ、英語) の全文をご覧ください。

上記のいくつかの製品については、以下からアクセスして詳細を調べることもできます。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

 

原文:IBM Is Named a Leader in Gartner’s 2020 Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems  (https://www.ibm.com/cloud/blog/announcements/ibm-is-named-a-leader-in-gartners-2020-magic-quadrant-for-cloud-database-management-systems (英語))

More IBM Data and AI stories

データとAI ニュース 3月号

IBM Data and AI

多くの企業が必ずと言えるほど直面する壁が「データ」です。鮮度が高く信頼できるデータが十分になければ 精度の高いAIの開発も、データに基づく意思決定やプロセスの自動化も、進められません ○●○●━━目次━━━━━━━━━━ ...続きを読む


IBM Cloud Pak for Data でインフラストラクチャー・コストと運用コストを削減

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI

オープンソース・コンテナーとハイブリッド・マルチクラウドのサポートにより、モダンなデータと AI アプリケーションのデプロイメントが拡大しています。しかし、ベンダー・ロックインを回避しつつ、インフラストラクチャーの最適化 ...続きを読む


IBM Cloud Pak for Data でデータの移動にかかる費用とストレージ・コストを削減

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI

データは、ビジネスの意思決定を改善するためのカギです。データが生じる場所や置かれている場所を問わず、すべてのデータをシームレスに連携させることはできていますか?   企業がよりデータ・ドリブンになるなかで競争力 ...続きを読む