IBM Cloud News

事業継続、リモートワーク環境整備を支援 その1

記事をシェアする:

 

IBM Cloud Virtual Servers for VPC を、3ヵ月間または使用料が最大$500に至るまで無料で提供します

 

現在、世界中で多くの企業が在宅勤務やリモートワークを採用する中、とりわけ中小企業の従業員の方々は、適切な環境下で在宅勤務を行うことが難しい状況にあるのではないでしょうか。

このような状況にある企業の業務継続を支援するため、IBMではダラス、ワシントン、ロンドン、フランクフルトのデータセンターにおいてIBM Cloud Virtual Servers for VPCを使用期間が3ヵ月間または使用料が最大$500に至るまで無料で提供いたします。

IBM Cloud Virtual Servers for VPCは「時間課金」および「月額課金」、「Publicインスタンス」および「Dedicatedインスタンス」での利用が可能なため安心してご利用いただくことができます。

参考:一般的なワークロードに最適な構成「2vCPU、4GB RAM、4Gbpsのネットワークパフォーマンス(上限)、100GBのブート・ボリューム」で、おおよそ $0.11/時 または $79/月 です。

 

IBM Cloud Virtual Servers for VPCは、次の簡単な3つのステップでご利用を開始いただけます。

※ご利用になるお客さまにオンラインでお申し込みいただく必要があります。書類による契約、担当営業による代理申込は行っておりません。予めご了承ください。

ステップ1:   https://cloud.ibm.com/billing/promotions  でプロモーションコード IBM 2020 を入力

promo code

 

ステップ2:  https://cloud.ibm.com/vpc-ext/provision/vpc  でVPC環境を作成

VPC 作成

 

ステップ3:  https://cloud.ibm.com/vpc-ext/compute/vs  で仮想サーバーをプロビジョン

仮想サーバーのプロビジョニング

 

お客さまにより状況が異なりIBMによるサポートが必要な場合は、このページ の右下の青色の ”Let’s Talk”ボタンをクリックし、Call sales、Email sales、Chat with sales のいずれかから「90 days, no charge offer for IBM Cloud Virtual Servers for VPC」で始めてご相談ください。

注記:

  • 当プログラムは、1アカウントに1回のみ、新規のご注文に対して 3ヵ月間のご利用が可能です。
    最大$500の無料提供は該当サービスのみ利用可能で、他のサービスには適用されません。
  • 該当サービスの使用料が$500に達した場合、以降の使用料は、時間課金、月額課金などご契約の課金方式によりご請求されますので予めご了承ください。
  • すでにご契約のIBM Cloud Virtual Servers for VPCには適応できません。
  • 当プログラムは提供するデータセンターおよびリソースの空き状況により、ご要望にお応えできないこと、または受付を終了することもございます。

 

IBM Virtual Servers for VPCの詳細はこちら

 

当ブログは、2020年3月24日(現地時間)にIBM Corporation が発表したブログの抄訳です。
原文は下記URLを参照ください。
https://www.ibm.com/cloud/blog/announcements/ibm-cloud-support-for-business-continuity-in-remote-work-environments(英語)

 

関連情報

IBM Cloud Virtual Server for VPC(英語)

IBM Cloud Virtual Server for VPCについて

事業継続、リモートワーク環境整備を支援 その2: IBM Cloud Object Storage (ICOS) を90日間、使用料が$ 1,500に至るまで無料で提供

事業継続、リモートワーク環境整備を支援 その3: VMwareワークロードを実行をするための短期無料サービス


投稿:IBM Cloud Blog Japan 編集部

 

More IBM Cloud News stories

第9回『サーバーレスとバッチ処理の運命的な出会い』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

コンテナオーケストレーション環境であるKubernetesを利用して得られるメリットとして何が思いつくでしょうか? 良く聞く中には、コンテナ(Pod)がダウンした際に自動復旧する、複数のコンテナが分散配置されることで、W ...続きを読む


第8回 『IBMが企業におけるコンテナ利用実態を調査!採用する企業の急増』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。コンテナ共創センターを担当しております佐々木です。 日本企業でもいよいよキャズムを超えたと言われているコンテナですが、実際の現場ではどうでしょうか? アプリケーションのコンテナ化という概念は数十年前からありま ...続きを読む


JBCC様、VMware仮想環境の最適クラウド移行サービスを発表

IBM Cloud Blog, IBM Cloud Partner Blog, IBM Partner Ecosystem

このブログは、IBM Cloudのビジネスパートナー様が報道発表された内容を、多くの方にお届けする目的で、その内容を引用して投稿しています。   2021年12月6日 報道 VMware仮想環境の最適クラウド移 ...続きを読む