IBM Cloud Blog

IBM Cloud Satellite と Lumen Technologies がエッジでクラウド・プラットフォームを迅速に実現

記事をシェアする:

この投稿は、2021年3月1日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。

分散クラウド・ソリューションにより、利用している場所や規模に関係なく、一貫した可観測性と管理機能で運用しながら、非常に低レイテンシーのユーザー体験を実現できます。

職場の安全はミリ秒単位で決まる可能性があります。ヘルメットやマスクのルールを実施する場合でも、現場を保護するシステムは、コンプライアンス違反を検出したのとほぼ同時に顕著なアラートを発する必要があります。

Lumen Technologies社とIBMは、生成されたデータを生成された場所で、すぐにインジェストし、分析することで、非常に低いレイテンシーが必要な場合に対応するソリューションを開発しました。このソリューションでは、ビデオ・カメラを使用してリアルタイムで画像をビデオ管理サーバーに送信し、IBM のビデオ分析ソフトウェアが各画像を迅速に処理して(必要に応じ)アラートを発信します。システムの動作がもっとゆっくりであれば、危険状況にある人は、停止される前にすでに何歩も制限区域に入っている可能性があります。

エッジにおけるビデオ分析

Lumen TechnologiesとIBMは、3台のビデオカメラと2台のサーバーを活用して安全システムを構築しました。カメラは、分析ソフトウェアを実行しているサーバーの1つであるビデオ管理サーバーにリンクされています。このソフトウェアは、ビデオ画像を受信して処理し、動作ルールの違反を特定して警告を発します。本番では、低レイテンシー性能を維持する比率に応じ、カメラの数に比例してビデオ管理サーバーの数が増えていきます。

何度も迅速に繰り返しスケールアップ

サイト内の別のサーバー上において、 IBM Edge Application Manager は、Red Hat OpenShift for IBM Cloud上のコンテナで実行されます。展開するビデオ管理サーバーの数が増えると、IBM Edge Application Managerのコンテナ化されたインスタンスと、それをサポートするために必要なOpenShiftのワーカー・ノードの数も増えます。

あらゆるロケーションに一貫したデプロイメント

では、Red Hat OpenShift for IBM Cloudのデプロイメントは、エッジ・サイトで何をしているのでしょうか?

すでにお察しの通り、簡単に言うとその答えはIBM Cloud Satelliteです。

ビデオカメラとビデオ管理サーバーを設置してソリューションをセットアップする際、お客様のの運用チームはまず IBM Cloud を使用してエッジ・サイトのホストを選択し、Satellite の “ロケーション “としてサーバーに設置します。ロケーションが設定されると、チームは同じ IBM Cloud コンソールを使用して、その新しいロケーションで Red Hat OpenShift for IBM Cloud をプロビジョニングし、ワーカー・ノードとして機能する仮想マシン上のポッドにコンテナ内の Edge Application Manager を展開します。

そして、これがこの安全ソリューションのスケーラビリティーの鍵なのです。ビデオ管理サーバーを設置し、そこにビデオ・カメラをリンクするだけでなく、Satellite ロケーションを設定し、Red Hat OpenShift for IBM Cloudをプロビジョニングし、適切な数のEdge Application Managerインスタンスをワーカー・ノードにデプロイすることで、新しいロケーションでのソリューションの展開も簡単に実現できます。

すべてのロケーションにわたったソフトウェアの一貫性は、IBM Cloud から単一ビューによって管理され、そこからクラウド・サービス、コンテナ化されたアプリケーション、セキュリティー、ネットワーク・ポリシーを監視し、パブリック環境とプライベート環境にわたって管理することができます。

新たに顕在化するニーズへの対応

ビデオ解析ソフトウェアは、あらゆる視覚パターンを識別し、観察された内容に関連して異なる動作ルールを適用するように訓練することができるため、安全ソリューションにも適応可能です。例えば、COVID-19監視用のサーマル・カメラを使用すると、再訓練されたビデオ解析により、雇用主は従業員の体温を瞬時に検出することができます。同じようにで、他のカメラ解析では、スペースを使用している人の数を計算して、次に大掃除が必要な時期を判断することができます。

継続したセキュリティーと可観測性

IBM Cloud Satelliteのロケーションを管理する単一の統合ビューには、すべてのロケーションで実行されているデプロイメントとサービスが表示されます。チームは、ネットワーク・トラフィックを管理し、すべてのロケーション内のアプリケーションを構成し、パブリック・クラウドで作業しているかのようにサービスをプロビジョニングして使用することができます。また、IBM Cloudカタログからどのロケーションにも同じアプリケーション・スタックをデプロイすることができます。

Satellite Linkは安全なトンネルを確立し、各ロケーションとの間のアプリケーションとサービス・トラフィックの制御を可能にします。Satellite Linkは、既存のネットワーク構成とセキュリティーの考え方で動作します。Satelliteのすべてのロケーションのチームは、同じアクセス・アイデンティティー管理(IAM)を使用します。お客様独自の鍵と証明書のサポートを利用した、一貫したデータ暗号化により、ワークロードを安全に分散させることができます。安全なトンネルを通過するエンド・ポイントは、一意かつ自動的に名前が付けられ、高速なDNS、予測可能な運用、簡単なコンプライアンス監査を実現します。

 

どんな規模でも一貫性のあるポータブルなオペレーションを実現

Lumen TechnologiesとIBMは、 IBM Cloud Satellite とEdge Application Managerが稼働している多くのLumen Edge Platform のロケーションへの高速ファイバー接続を介して、何千ものエッジ・サイトでリアルタイムでインテリジェントなデータ分析を行うことができるソリューションを構築しました。IBM Cloud Satelliteの単一のビューを通じて、ソリューションの運用はすべてのハブや場所で一貫しています。この再現性がベースラインとなり、チームは展開のスピードを上げ、新機能を搭載したエッジ・ロケーションを素早く拡張し、多くの運用業務をリモートで自動化することが可能になります。

IBM Cloud Satellite のユースケースとメリットの詳細については、こちらのビデオをご覧ください:

動画 (5分12秒,日本語字幕版) を見る:

 

分散クラウドについてより詳しくは

分散クラウドやIBM Cloud Satelliteについてさらに詳しいことは、こちらもご参照いただけますと幸いです。

  • IBM 分散クラウドお役立ち情報: こちら
  • IBM 分散クラウド Cloud Satellite 公式サイト: こちら

 

事例についてのお問い合わせ
・この事例で採用された製品・サービス・技術についてのお問い合わせはこちら


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

*このブログは、2021/3/1に発行された“ IBM Cloud Satellite and Lumen Technologies Adapt Rapidly at the Edge (英語版)”の抄訳です

More IBM Cloud Blog stories

ソフトバンク様とIBMによる分散クラウド「IBM Cloud Satellite」共同検証の結果報告

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud Partner Blog...

クラウド黎明期よりマルチクラウド戦略を掲げ適材適所でITプラットフォームを提供されているソフトバンク様。この度、同社とIBMにより、5G/IoT時代を見据えて分散クラウド「IBM Cloud Satellite」の共同検 ...続きを読む


クラウドネイティブ環境の運用監視に「Instana」はどう効くのか? 日鉄ソリューションズ様が大規模コンテナ環境で実践中!

IBM Cloud Blog, IT部門向け, クラウド・アプリ構築...

企業のデジタル変革を加速する各種のサービスをアジリティー高く開発し、マイクロサービスなどで効率的に運用していくための基盤として、コンテナ技術の普及が進んでいます。そのコンテナやマイクロサービスなどで構成されるクラウドネイ ...続きを読む


第4回 『コンテナとストレージの切っても切れない関係』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。IBMテクノロジー事業本部の田中です。ストレージのテクニカルセールスをしています。 コンテナ化というとまずアプリケーションのことを考えますが、実際にコンテナ化したアプリケーションを動かす時にはストレージが必要 ...続きを読む