IBM Cloud News

IBM Cloud Internet Services 一般提供開始のお知らせ

記事をシェアする:

Webワークロードの保護とネットワーク・サービスが1セットとなった新しいサービスをご体験ください

クラウド・インフラストラクチャーのネットワーク・セキュリティーとパフォーマンスの機能が、完全に統合されたワン・ストップ・サービスとして提供されたとしたらどれだけ便利でしょうか?今、まさにそのような機能をご利用いただけるようになっています。IBMは、2018年5月31日、Webサイトとアプリケーションの稼働を最適化する、安全で信頼性の高い高性能なネットワーク・サービスの統合セット「IBM Cloud Internet Services(CIS)」の一般提供を開始しました。

IBMは、Cloudflareを使用したCloud Internet Servicesについて、2018年3月に開催されたTHINK 2018 にて、アーリー・アクセス・プログラム(EAP)を発表しました。クラウドネイティブで統合された「as a Service」機能を提供することで、コストのかかる複数の第三者のベンダーを管理する必要性を排除するという、共通のビジョンをもったパートナーシップの発表です。

CISの提供開始で期待できるいくつかのメリットを掘り下げてみましょう。

 

IBM Cloudで提供されるCISのスタンダート・プランとは

ビジネス成果を最大化するためには、エンドユーザー・エクスペリエンスを最適化した迅速で安全なモバイルおよび常時接続可能なアプリケーションを提供する必要があります。お客様が競争力を持つために、Cloudflareの機能をIBMのクラウドと統合して、IBM Cloud Internet Servicesの提供は不可欠でした。このパートナーシップにより、お客様は真に差別化されたサービスと機能をご利用いただけます。
CISのスタンダード・リリースでは、DNS、分散型サービス妨害(DDoS)保護、ジオステアリングによるグローバル・ロードバランシング(GLB)、ページルールによるキャッシュ、TLS / SSL証明書、Webアプリケーション・ファイアウォール(WAF)などのEAPの一部と同じコア機能が提供されます。
今回の新しいリリースのポイントは下記の通りです。

  • オン/オフWAF設定の改善
  • 1か月1ドメインあたり275米ドルのシンプルな価格モデルを使用し、より多くの洞察を提供する監視指標を提供
  • 1つのドメインに対するCIS 30日間無料トライアルの提供。このトライアルでは、すべてのスタンダード・プランの機能をご利用可能です。特に、(IBM Cloud コンソールでの)単一のユーザー・インターフェース、CLI、およびAPIを使用してより使いやすさをご体験いただけます

 

なぜCloudflareとIBM Cloudか?

何十年もの間、IBMはセキュリティーとプライバシーのリーダーです。現在、世界で最も信頼できる認証の数々を受けています。

IBMは、お客様がクラウドを展開していくどの段階であっても、クラウドソリューションを検討する際にセキュリティは最優先のものでなければならないことを認識しています。サイバー攻撃、データ盗難、DDoS攻撃、および悪意のあるボットの濫用のリスクが増加したため、企業はCloudflareの先進的な機能によって提供されるDDoSとWAFセキュリティによって、インターネット・アプリケーションを積極的に保護することがミッション・クリティカルになっています。

Cloudflare と IBMとの共同ソリューションは、セキュリティーのためにパフォーマンスを犠牲にする必要がないことを保証します。Cloudflareは、アプリケーションの可用性を向上させ、グローバルな応答性を向上させるための高性能サービスを提供してきた実績があります。

さらに、IBM CISは、EUの法令順守要件のためのGDPRに対応しています。加えて、CloudflareはPCI(Payment Card Industry)レベル1サービス・プロバイダーです。 CIS WAFは、サイトのPCIコンプライアンスの一部である特定のPCI要件を満たすのに役立ちます。

当社の共同ソリューションは、次のような業界固有のさまざまな使用事例に対応しています。

  • Eコマース:高いトラフィック特性を持つビジネスは、収益を生み出すために利用可能であり、かつ効果的でなければならない.CISは、応答時間の速いWebおよびモバイルを利用するエンド・カスタマーに静的および動的コンテンツを配信できます。
  • 公共部門:CISは、機密情報をサイバー・セキュリティのリスクから保護しながら、重要な情報を迅速に市民に提供できるようにします。
  • ヘルスケア:トラフィックスパイクを吸収し、帯域幅を少なくしてコストを削減しながら、サイトのパフォーマンスを向上させることで、患者やプロバイダにとってシームレスで信頼性の高いエクスペリエンスを実現します。
  • 銀行と金融:攻撃に対する保護を確保しながら、消費者やアナリストに財務情報を迅速に配信するための高性能インフラを提供します。

 

今すぐ始めましょう!

この新しいサービスの詳細については、IBM Cloudの製品情報ページビデオ(YouTube,英語,2分6秒)をご覧ください。または、30日間の無料試用はこちらをクリック

 

*注:IBM Cloud Internet Services(CIS)スタンダードの機能がすべてのみなさまに利用可能になりました。早期アクセスプログラム(EAP)に参加していた場合は、2018年5月31日以降にEAPプログラムを廃止する予定であるため、新しいCIS標準サービスにアップグレードすることをご検討ください。

原文:https://www.ibm.com/blogs/bluemix/2018/05/ibm-cloud-internet-services-ga/(US)

More IBM Cloud News stories

Q&A:IBMによる、Red Hat買収完了後の展望とは

cloud, IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

これは、2019年7月9日に公開されたBlogの翻訳記事です。 IBM クラウド&コグニティブ・ソフトウェアの ...続きを読む


IBM Cloud Virtual Private Cloud (VPC) 一般提供開始のお知らせ

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

IBM Cloud VPC がダラス、フランクフルト、東京の3リージョンで提供開始 IBM Cloud Vir ...続きを読む


【VMware on IBM Cloud事例】株式会社福井銀行

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News

分散系システムの稼働環境を VMware on IBM Cloud に移行して、マーケティング分析やAIなどの ...続きを読む