IBM Cloud アップデート情報

IBM Cloud Databases for MongoDB 一般提供開始のお知らせ

記事をシェアする:

IBM Cloud Databases for MongoDB

IBM Cloud は、ダラス、フランクフルト、ロンドン、オスロ、シドニー、東京、ワシントンDCで、IBM Cloud Databases for MongoDB の一般提供を開始しました。エンタープライズのセキュリティー要件を念頭に置いて、拡張性があり、費用対効果が高く、エンタープライズのアプリケーション開発にすぐに使用できる、マネージド・サービスで提供する database-as-a-service 製品です。

エンタープライズ利用に最適

安定稼働とセキュリティーは、エンタープライズ・アプリケーションの最重要項目です。お客様のアプリケーションを単一のデータセンターの機能停止から守るために、パブリック・クラウドのIBM Cloud のリージョン内にマルチAZアーキテクチャーを常に導入し、99.95%のSLAで提供しています。

TLSによる移動中データの暗号化と、ディスクおよびバックアップ上の保管データに対する暗号化を提供します。 各データベースは、IBM Key Protectと統合して提供されます。 したがって、お客様は自社の暗号キーを持ち込んで、そのライフサイクルを管理することができます。

事業継続のためには、バックアップはミッション・クリティカルとなります。ただし、さまざまなデータベース・テクノロジーを設定、維持、調整および監視するには、多大な時間と労力が必要となります。 これらの新しいサービスを使うと、30日間の保存期間でバックアップ・オーケストレーションがすぐに利用できます。 これは、ユーザーがデータ・モデル、クエリーおよびアプリケーション開発に費やす時間を増やすことができるというを意味します。 このサービスでは、リージョン内の災害に対する回復力を高めるために、((使用可能な場合には)IBM CloudのCross Regional オブジェクト・ストレージも使用されます。

IBM Cloudとネイティブに統合

IBM Cloudコンソールにネイティブに統合された、これらのオープンソースのデータベース・サービスは、今回、サービス利用型の価格設定と対話モデルを通じて利用可能です。そして、アクセス制御、バックアップ・オーケストレーション、暗号化キー管理および監査を含む統合されたエクスペリエンスを開発者に提供します。

Kubernetes基盤の上に構築されており、サーバーレス・アプリケーションに理想的なデータベース・プラットフォームを提供します。機能は次のとおりです。

 

サーバーレスを消費型モデルで

お客様は、これらの新しいサービスを利用して、導入、デプロイ、スケールを容易に実施できます。そして、サーバーサイズの制限に制約されることなく、シームレスに独立してストレージとRAMを拡張することができます。イベントの規模を拡大するためのダウンタイムはありません。お客様は IBM Cloud で小さく始めて、ビジネスが成長するにつれて拡張したり、季節的な業務アプリケーションに合わせてスケールダウンしたりすることができます。データベースは数分でデプロイされ、1時間単位で課金され、簡単にAPIコール可能です。

データベースのディスク容量は1ヶ月あたり0.58ドル、RAMは1ヶ月あたり8.50ドルです。MongoDB用のデータベースは、デフォルトで2つのデータメンバーが高可用性構成でデプロイされます。ローカライズされた利用料金については、IBM Cloud カタログをご覧ください。

Databases fo MongoDB の価格例:

  • 10GBディスク:2 x 10 x 0.58ドル = 月11.60ドル
  • 1GBのRAM:2 x 1 x 8.50ドル = 17ドル/月
  • 1ヶ月あたりの合計 = 28.60ドル/月
  • 1時間あたりの合計 = 1時間あたり$ 0.04

ユーザーは、データベースごとに購入した合計ディスク容量と無料のバックアップストレージを受け取ります。たとえば、月に2つのデータメンバーを持つ10GBのディスクをプロビジョニングした Database for MongoDB インスタンスがある場合、その月には20GBのバックアップ・ストレージが無料で提供されます。このシナリオで、1か月のバックアップストレージ使用率が 20 GBを超える場合には、1GBごとに1か月あたり0.03ドルの料金で課金されます。多くのデプロイでは、割り当てられたクレジットを超えることはありません。

さあ始めましょう

IBM Cloud Databasesファミリーは、次世代のIBM Compose プラットフォームです。新しいアプリケーションを開発しているIBM Composeのユーザーは、Compose for MongoDBではなくDatabases for MongoDB にデプロイすることをお勧めします。

IBM Cloud Databases for MongoDB を始める

 

原文:https://www.ibm.com/blogs/bluemix/2019/02/ibm-cloud-databases-for-mongodb-is-generally-available/

More IBM Cloud アップデート情報 stories

複数スキルのオーケストレーションを使用してチャットボットをトレーニングするうえでの考慮事項

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI, IBM Watson Blog...

さまざまな知識のドメインに対応しなければならないWatson Assistantのチャットボットを作成するにあたって、「複数のスキルのオーケストレーション」として知られる概念を検討されるかもしれません。自然言語分類器は、 ...続きを読む


第6回『画像認識AI開発アプリケーションのコンテナ化』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。IBMテクノロジー事業本部ハイブリッドクラウド&AIソリューションセンターの中島です。IBM Powerのテクニカルセールスとして、既存アプリケーションのコンテナ化やオンプレミスとクラウド環境を組み合 ...続きを読む


第5回 『Red Hat OpenShift と Kubernetes の違い』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは、Red Hat のSolution Architect の花田です。普段は OpenShift の提案サポートやエバンジェリスト的な活動として講演を行ったり、記事を執筆したりしています。 今日は、ご質問の多い ...続きを読む