IBM Cloud News

IBM Cloud Availability Monitoringサービスの廃止

記事をシェアする:

IBM Cloud Availability Monitoringサービスは非推奨になりました。これは有料プランとライトプランの両方に適用されます。

この投稿は、2020年6月24日に、米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログの抄訳です。

2020年 7 月 7 日以降、サービスの新規インスタンスは作成されません。 このサービスのサポート終了日は、 2020年 9 月 30 日です。 この時点で、すべてのインスタンスが削除されます。

サービスを置き換えるためのオプション

IBM Cloud Application Performance Management(APM)

IBM Cloud APMを使用すると、Availability Monitoringが提供するものと同じシンセティック・テスト機能に加えて、インフラストラクチャモニタリングの詳細、トランザクショントレースの検査、およびアプリケーションパフォーマンスの管理を行うことができます。
IBM Cloud APMの詳細を学び、30日間の無料試用を開始してください。(英語)

このサービスはIBMマーケットプレイスから利用できます。つまり、IBM Cloudアカウントとは別に請求されます。また、IBM営業チームに連絡して、製品とそのパフォーマンス管理機能の深さについて詳しく知ることもできます。

IBM Cloud Monitoring with Sysdig

2番目のオプションは、IBM CloudパートナーであるSysdigです。IBM Cloud Monitoring with Sysdigについて詳しく学び、IBM Cloudアカウントに追加するには、こちらにアクセスしてください。

Sysdigは、メトリックを取り込み、アプリケーションとインフラストラクチャの状態を監視します。インスタンスをプロビジョニングし、それをKubernetes、OpenShift、Linux、およびDockerリソースに接続して、Sysdigを使い始めます。

IBM Log Analysis with LogDNA

さらに、IBM Log Analysis with LogDNA(英語)はCloud Foundryアプリのロギングをサポートするようになりました。アプリが実行されている場所でプラットフォームサービスログを受信するように構成されたLogDNAインスタンスを使用したLog Analysisインスタンスを介して、Cloud Foundryアプリからログを監視します。 こちらでサービスの詳細を確認し、こちらで IBM Cloud アカウントに追加することができます。

 IBM Cloud Pak for Multicloud Management

考慮すべきもう1つのオプションは、 IBM Cloud Pak for Multicloud Managementです。この製品は、上記のどのアイテムよりもはるかに多くの機能を提供します。デプロイ、ガバナンス、インフラストラクチャ、アプリケーションモニタリングなど、複数のKubernetesクラスターとクラウドで実行されているアプリケーションを管理するためのオプションを検討している場合、 IBM Cloud Pak for Multicloud Managementは優れたオプションです。また、シンセティック・テスト機能も含まれています。現在、シンセティック・テストは、顧客がデプロイした拠点から実行する必要があります。(現時点ではシンセティック PoPをIBMはホストしていません)

Cloud Pak for Multicloud Managementは、IBM Cloud Catalogから利用でき、RedHat OpenShift on IBM Cloudを介して管理対象のOpenShiftクラスターで実行されます。

この短いビデオを見て、IBM Cloud Kubernetes Serviceクラスターをデプロイし、そのクラスターでCloud Pak for Multicloud Managementを実行する方法を学ぶことができます。

IBM CloudでCloud Paksを使用する理由

IBM Cloudのアカウントに追加するには、このリンクをクリックして詳細を確認してください。


翻訳:IBM Cloud Blog Japan 編集部

More IBM Cloud News stories

第14回【開催レポート】『コンテナ共創センター勉強会〜VMwareが考えるコンテナとKubernetesの世界〜』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは、日本IBM クラウドテクニカルセールスの中山です。 この記事では4月27日に行われた第12回コンテナ共創センター勉強会の様子をご紹介します。 COVID-19の影響で発足当初からオンラインで開催していた勉強会 ...続きを読む


IBM Cloud FoundryからCode Engineへのマイグレーションに関するベスト・プラクティスの紹介:サービス・バインディングとコード

IBM Cloud Blog, IBM Cloud チュートリアル

Part1:Cloud Foundry アプリケーションを IBM Cloud Code Engine にマイグレーションするためのベスト・プラクティス 昨年、 Cloud Foundry のアプリケーションを IBM ...続きを読む


VRA OSを最新にアップグレードしましょう

IBM Cloud Blog, IBM Cloud アップデート情報, IBM Cloud テクニカルサポート

VRAをご利用の皆様、現在使用しているバージョンは1912でしょうか? VRA OS 1912は、2022年6月にEOS (End of Support)となる予定です。 この機会に2012へのアップグレードを推奨致しま ...続きを読む