IBM Cloud Blog

700社が効果を実感!コンテンツマネジメントシステム(CMS)を用いたWebサイト運用における課題への最適なアプローチ

記事をシェアする:

近年、PC、スマートフォン、タブレット、スマートウォッチなど、デバイスの多様化により、それぞれのデバイスに適した形で情報を配信することや、ユーザー毎に最適な情報を出し分けた配信というものが求められ、Webサイトの管理や更新に求められる課題が非常に難化しています。このブログでは、企業のWebサイト運営をはじめとするコンテンツ管理における課題とその解決策についてご紹介いたします。

お話をお聞きする中で、お客様はよく「コミュニケーションコストの増加」を課題に挙げられます。例えば企業においては、各事業部がWebページの更新を行う際に必ず広報部門を経由しなくてはならず、「Webページ更新の決定から実行までの連絡回数が多すぎる」、「他部門とのメールのやり取りが広報部の主要業務となってしまう」といったお悩みがよく発生します。
こういった課題を解決するために注目されているのがコンテンツマネジメントシステム、いわゆるCMSと呼ばれるソリューションです。

そもそもCMS(コンテンツマネジメントシステム)とはどのようなツールなのでしょうか。CMSとは、Web制作に関する専門知識がない方でも、Webページの追加、編集、削除などが行えるシステムのことです。専門知識が必要な部分は全てCMS側に制御させることで、テキストや画像などWebページを構成する要素がそろっていれば、簡単にWebページを作成、更新することができます。

HeartCore CMSの豊富な編集機能

HeartCore CMSには、編集者のレベルに合わせて更新作業を行っていただけるような、様々な機能を搭載しています。

1.Webページを見たまま編集できる、WYSIWYGエディター

2.ノーコードで直感的にWebページを編集できる、コンテンツビルダー

3.ページテンプレートの項目を入稿する画面を作成できる、管理画面ビルダー

HeartCore CMSは、更新する方々の負担を考慮したCMSとなっているため、部門ごとにWebページの更新を行っていただいているような事例も多くあり、単なるコンテンツ管理のツールとしてではなく、業務改善の手法としても活用が見込めます。

ハートコア株式会社は、コンテンツマネジメントシステム(CMS)に関して幅広いサービスを手掛ける一方、企業を取り巻く環境変化を敏感に察知し、RPA・業務可視化・プロセスマイニングなどのビジネスオートメーション領域にも強みをもっています。

現在、CMSのパッケージ市場で国内シェア8年連続No.1 の実績を誇っているのが、同社が提供するHeartCore CMSです。導入企業数は700社を超える日本屈指の導入実績を持ち、多くのWebサイトの構築に採用されています。
HeartCore CMSは、IBM CloudやDB2、AWSなど、オンプレミス/クラウドに縛られずさまざまなインフラ上で稼働します。

CMSについてご興味をお持ちいただけましたでしょうか。
製品の詳細に関するご質問やお問い合わせは当ブログ右下「ご相談ください」ボタンよりご連絡ください。

鈴木 太健

鈴木 太健

ハートコア株式会社
CX営業本部
CX新規開拓営業部 部長

岩井 美侑

岩井 美侑

ハートコア株式会社
CX営業部
CX新規開拓営業部 第二営業チーム

橋川 征悟

日本アイ・ビー・エム株式会社
テクノロジー事業本部
デジタルセールス事業部

【関連情報】


※ITR『ITR Market View:ECサイト構築/CMS/SMS送信サービス/CLM/電子契約サービス市場2022』CMSパッケージ市場:ベンダー別売上金額シェア(2016年度~2022年度予測)
出典:
富士キメラ総研『ソフトウエアビジネス新市場2017年版』アプリケーション/CMSパッケージ 2016年度国内実績・売上(金額ベース)
富士キメラ総研『ソフトウエアビジネス新市場2018年版』アプリケーション/CMSパッケージ 2017年度国内実績・売上(金額ベース)
富士キメラ総研『ソフトウエアビジネス新市場2019年版』アプリケーション/CMSパッケージ 2018年度国内実績・売上(金額ベース)
富士キメラ総研『ソフトウエアビジネス新市場2020年版』アプリケーション/CMSパッケージ 2019年度国内実績・売上(金額ベース)
富士キメラ総研『ソフトウエアビジネス新市場2021年版』アプリケーション/CMSパッケージ 2020年度国内実績・売上(金額ベース)
富士キメラ総研『ソフトウエアビジネス新市場2022年版』アプリケーション/CMSパッケージ 2021年度国内実績・売上(金額ベース)
富士キメラ総研『ソフトウエアビジネス新市場2023年版』アプリケーション/CMSパッケージ 2022年度国内実績・売上(金額ベース)

More IBM Cloud Blog stories

【NTTコミュニケーションズ様との共同実証報告】AI時代のネットワーク運用高度化に向けた取り組み

IBM Cloud Blog, オートメーション

システム障害と聞くだけで緊張してしまうのは私だけでしょうか?心理的にも体力的にも負荷が高いこの仕事をAIによって、なんとか楽にならないのか、と誰しもが思っています。そこで、IBMのAIによる運用支援ソリューションであるA ...続きを読む


IBMテクノロジーをフル活用しサービス競争力を大幅に向上させた、証券会社向けサービス「KICSクラウド」とは?

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

光世証券株式会社(以下、光世証券)は、証券業務を行う事業者向けに、証券基幹業務システムをクラウドで利用できる“KICS クラウド”の提供を開始することを発表しました。KICSクラウドはIBM Cloud環境で稼働している ...続きを読む


IBM Cloud for VMware Solutionsの名称とライセンスに関する変更について

IBM Cloud Blog, IBM Cloud アップデート情報

変更の概要 Broadcom社から、VMware製品のCloud Service Provider向けのパートナーシップとライセンスに関する変更が発表されました。(詳細は下記等、Broadcom社の発表内容をご参照くださ ...続きを読む