IBM Data and AI

GM FinancialがIBM Watson Assistantを利用して安全で強力なAIアシスタントを開発

記事をシェアする:

GM Financialにおける私の仕事は、優れた顧客体験を推進することです。その中で特に力を入れているのが、お客様からの問い合わせへの素早い正確な回答です。近頃はお客様への対応の多くが、顧客サービス・アプリによるメッセージのやり取りで行われています。主な内容はローン残高の照会や返済の入金確認などです。当社は数年前、これらの簡単な問い合わせに対してはチャットボットで回答するという戦略的な意思決定を下しました。

GM Financial + IBM: Using Watson Assistant to answer customer questions and improve the employee workday

02:19

GM Financial + IBM:Watson Assistantを利用して顧客の問い合わせに回答し、従業員の業務を改善

インテリジェントなアプローチ

当社がIBM Cloud上のIBM Watson Assistantを選んだ理由はいくつかあります。まず、IBMは金融サービス業界で非常に高い評価を得ています。お客様のプライバシーは当社にとって最優先事項です。その点、IBMはサイバー・セキュリティーと規制順守に力を入れており、顧客データを安心して預けることができます。

また、当社がソリューションの開発を続ける中で、IBMは極めて柔軟であることもわかりました。GM Financialにとってテクノロジーは重要ではありますが、コア・コンピテンシーではありません。AIは当社にとって未知の領域でしたが、IBMが当社チームの教育に熱心に取り組んでくれたおかげで、このアプローチに対する不安がなくなりました。始めるにあたってはIBM Garageのエンタープライズ・デザイン思考ワークショップに参加し、ユーザーやIBMのエキスパートと協力してプロジェクトのロードマップを策定して、最小限のアプリケーション・プロトタイプ(MVP)を開発しました。

コロナ禍の影響

米国でコロナ禍が発生した際には、顧客サービス・アプリでライブ・チャットのリクエストが急増しました。当時、当社の顧客体験推進チーム(CEA:Customer Experience Advocates)は在宅勤務に移行していましたが、ライブ・チャット・リクエストの50~60%にWatson Assistantが対応し、問い合わせの90%近くを人の介在なしで解決することができました。そのおかげで、CEAはコロナ禍に伴って顕在化した、より複雑な問題への対処に時間を割くことができたのです。

私たちは、お客様のニーズや好みの進化に応じて、自らも進化するよう懸命に取り組んでいます。例えば現在、お客様からの電話への対応にもWatsonのテクノロジーを活用する計画を検討しています。これも、GM Financialが優れた顧客体験のために行っている取り組みに対するIBMの支援の一例です。

Watson Assistantについて詳しくはこちら


この投稿は、2020年8月12日に、米国IBM Cloud Blogに掲載されたブログ (英語)の抄訳です。

More IBM Data and AI stories

業務自動化はなぜ失敗するのか? 5つの理由と、その回避策

IBM Data and AI

イタリアの高級ファッション・ブランドMax Maraが業務自動化を取り入れ、カスタマー・サービスにおける問題解決の時間を90%短縮した方法をご紹介します。 常に進化が続くビジネス環境の中で事業を運営していく上では、多くの ...続きを読む


AIの顧客対応力を決めるのは「インテント(意図)」の検出能力。Watson Assistantが最新版でライバルを凌駕する精度を達成

IBM Data and AI

問題解決のためにチャットボットを使ったことはありますか? 利用経験のある方は、「すみません、わかりません」「別の表現で質問してください」といった返答にすっかり慣れてしまっているかもしれません。このようないら立たしい返答を ...続きを読む


Instana on z/OSが登場! モバイルからメインフレームまでの一元的な可観測性を実現

IBM Data and AI

Instana on z/OSは、IBM Zに特化した重要な可観測性機能を提供します。 この数日間で銀行口座を確認したり、医者に行ったり、クレジットカードで買い物をしたり、旅行の計画を立てたりしましたか? もしそうならば ...続きを読む