オートメーション

インテリジェントなローコード・オートメーションを使用して生産性の課題に迅速に対処する4つの方法

記事をシェアする:

顧客需要の変化。ディスラプトされる業界。リモートワーク。経営上の課題の新しい波が、従業員の生産性に影響を与え、顧客サービスの提供にも課題を生じています。

同時に、これらの課題は、インテリジェントなローコード・オートメーションを核として、生産性と適応性の高い労働力を構築する新しい機会を生み出しています。

IBM Cloud Pak for Automationはインテリジェントな自動化ソフトウェア・プラットフォームであり、ビジネスとITが変動する顧客需要に迅速にスケールアップまたはスケールダウンし、競争力を高めるための新製品やサービスを迅速に創出し、リモートおよびオンサイトの従業員の生産性を戦略的にサポートするのに役立ちます。これは、あらゆるクラウドを含む、どんな場所にもデプロイ可能な、最も完全で柔軟かつ統合された自動化ソフトウェアです。

この包括的なプラットフォームは、大規模なエンタープライズ環境での本番使用や、スケーラブルなIT自動化プラットフォームが必要なお客様に適していますが、このプラットフォームのモジュール化された設計とローコード・ツールは、事業運営と生産性に大きな影響を与える可能性があるプロジェクトにも同様に適しています。

Cloud Pak for Automationでは新しく4つのインテリジェントなローコード機能が導入され、お客様が抱える生産性と俊敏性の課題に迅速に対処できるようになりました。

 

1. 業務ユーザーがデジタル・ワーカーを構築して、重要な業務に柔軟に集中できるようにする

ローコードのツール環境でオートメーションとAIを統合することにより、業務ユーザーはエンドツーエンドでデジタル・ワーカーを構築できます。デジタル・ワーカーは実際の業務に合わせて調整され、影響の少ない作業(データ入力やデータ抽出など)を自動化し、影響の大きい作業(タスクの優先順位付けや意思決定など)を支援します。

ヒューマン・ワーカーは、スキル・カタログを使用して、一般的な業務に対応した包括的なジョブ・アクティビティーのリストをダウンロードし、デジタル・ワーカーが自動化するものを選択できます。また、必要に応じてリストを調整することもできます。最も重要なのは、ツールの業務制御、つまりガードレールを使用して、業務ユーザーはデジタル・ワーカーができることとできないことを管理できることです。

 

2. 業務ユーザーが新しい製品やサービスを提供する業務アプリケーションを迅速に構築できるようになることで、ITバックログを克服する

Cloud Pak for Automationは、数か月前にIBM Business Automation Studioを導入し、ビジネス・サービス、アプリケーション、およびデジタル・ワーカーを開発および統合するための単一のオーサリング・ビルド・エクスペリエンスを提供しています。Studioには、ローコード・アプリケーション・ビルダーであるApp Designerが含まれています。業務ユーザーは、オンボーディング、請求、予防保守などの業務自動化を行うアプリケーションを作成および調整して、業務のデジタル化に直接的な貢献します。

 

3. 技術的なスキルや準備を必要とせずに、業務部門が運用の課題に対処し、ビジネス成果を提供するシンプルなワークフローを数分で作成できるようにする

業務部門は、IBM Automation Workstream Servicesを使用して、承認や割り当てなどの簡単な自動化プロセスを利用したり、独自のプロセスを構築したりできます。

Workstream Servicesは、Software-as-a-Service(SaaS)またはIBM Cloud Pak for Automationの一部として利用できます。 2020年6月30日まで、90日間の無料サブスクリプションを提供しています。

 

4. 顧客がドキュメントをより便利かつ安全に提出できるようにすることで、紙ベースのプロセスを排除します

IBM Automation Mobile Captureは、機械学習とAIを使用して、ドキュメントの高品質の写真を撮り、ドキュメントを読み取って、顧客が送信する前に情報が正しいことを確認できます。これにより、データ検証のストレスが業務部門から解放され、自動化できない作業に集中することができます。これは、モバイル・デバイスからコンテンツを収集して送信するためのより便利で安全な方法であり、データ検証はソース側でリアルタイムに行われます。これは、「リモート」時代に紙を取り除く最速の方法の1つです。

要約すると、コストを抑制しながら競争力のある優位性を実現するために、お客様が回復力のある業務オペレーションを構築できるようにすることがIBMの使命です。この使命を実現するために、IBMはこの強力で拡張性の高いプラットフォームを構築し、継続的に強化することで、お客様が緊急で重要な課題に対応すると同時に、将来性のある強固な業務基盤を築くのに役立ちます。

 

Cloud Pak for Automationは、IBM Services Essentials for Automationの中で重要な役割を果たします。IBM Services Essentials for Automationは、ITと業務プロセスのデジタル運用の高速プロトタイピング、迅速なスケーリング、および管理を可能にする、すぐに使える自動化環境です。


Mike Gilfix

Mike Gilfix

VP, Offering Management, Cloud Integration
 
 
 


 

Webinarのご案内

働き方やビジネスプロセスを見直し、業務自動化を進めようとされているお客様のためのオンライン・セミナーです。ぜひご視聴ください。

●ハイパーオートメーション時代!ーCOVID-19より再考する事業継続性(BCP)における業務自動化のあり方

→ Webinarに登録する

●反復作業を高速自動化!新しくなったRPAでよりボットの構築が簡単にーOCRやワークフローと連携可能なIBM RPAとは

→ Webinarに登録する

●IBMコグニティブOCRソリューションー事例に見る非定型文書のデジタル化による生産性向上パターン

→ Webinarに登録する

●世の中の突然の変化に素早く対応!最適な業務を簡単に定義できるSaaS型業務モデリング・ツール:IBM BlueworksLive

→ Webinarに登録する

●事業継続の要!徹底的な業務プロセス実行管理と自動化・最適化で生産性を向上:IBM Business Automation Workflow

→ Webinarに登録する

●変化が激しく複雑性を伴うビジネスにおいて、よりよい意思決定の素早い実現を支援:IBM Operational Decision Manager

→ Webinarに登録する

More オートメーション stories

Watson Assistant に、企業のカスタマー・サービス変革を支援する新オプションが追加されました

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI, IBM Watson Blog

Watson Assistant では、IntelePeer を活用しながら、Session Initiation Protocol (SIP) プロトコルを使用する、ほぼすべての大手コンタクト・センターのプラットフォー ...続きを読む


IBM Cloud Pak for Data as a Services の業界アクセラレーターでAI を加速

IBM Cloud Blog, IBM Data and AI

Business Analyst新しいカスタマイズ可能なデータサイエンス・プロジェクトをクラウドで迅速にスピンアップ いま企業は、より良い意思決定を実現するために、人工知能(AI) (英語)の導入を検討しています。AI ...続きを読む


公益業界で起きているデータサイエンスによる経営のパラダイムシフト

IBM Services

礒野 慎治 日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業 公益サービス事業部 公益デジタル変革ソリューション部 部長 データサイエンティストという職種の人気が、近年、非常に高まっている。IBMでも専門 ...続きを読む